ホテルのアメニティって何がある?使い道は?持ち帰りができるものは?

「アメニティって何…」

宿泊予約をしようとネットで検索をしていたら、知らない単語が出てきてしまった。雰囲気的になんとなくわかるような気もするんだけど、慣れていないから不安になってしまう。

そんな人の為に、ホテルのアメニティについて説明しますね。


広告

ホテルのアメニティって何があるの?

ホテルのアメニティとは、 主に消耗品などの備品のことを言います。

アメニティの例
・シャンプー・リンス・ボディーソープ・ボディタオルなどのバスグッズ

・コーム・ヘアゴム・ドライヤーなどのヘアケア用品

・歯ブラシ・コップ・カミソリ・綿棒・コットン

・バスタオル・ハンドタオル

・スリッパ

・パジャマ・バスローブ・浴衣

・お茶・紅茶・コーヒー

・裁縫セット

・便箋・ハガキ・ボールペン

・おみやげ用の袋

ホテルによって、置いているアメニティは違います。

少しでも荷物を少なくしたいなら、事前に確認しておくといいですね。

人数分のアメニティが揃っていない場合はホテルに言ったら追加してくれます。

また 例えば、客室に裁縫道具がない場合でも、必要ならホテルに言ってみてください。たいていのホテルでは用意してくれます。

ホテルのアメニティの使い道がわからない!

日頃使わないアメニティは、ラベルの文字だけでは意味がわからない場合もありますね。よく目にするアメニティの使用法は下のような感じです。

シャンプー⇒洗髪

リンス・コンディショナー⇒ヘアケア

フェイスウォッシュ⇒洗顔

シャワージェル・ボディソープ・ボディウォッシュ・固形石鹸・ボディクレンザー⇒体を洗うときに

バスジェル⇒バブルバスにしたりボディソープのように使ったりします。バブルバスにしたいときは、浴槽にバスジェルを入れてから、お湯を入れます。
バスジェルを入れるのは蛇口の真下あたりにして、勢いよくお湯を出すと、泡立ちがいいです。お湯に浸かりながら、からだを洗って、最後はシャワーで軽く流してください。

ハンドクリーム・ボディローション・乳液・栄養クリーム⇒手や体や顔のお手入れに

ブランドものやオリジナルのアメニティも多く、そのホテルでしか手にはいらないアメニティを楽しみにホテルに宿泊する人もいます。

また ホテルオリジナルのものは、ホテルのショップで販売している場合もあります。



広告

ホテルのアメニティ持ち帰りはどこまでOK?

「ホテルのアメニティは、お持ち帰りができるって聞いたけど本当にもらっていいの?」

気に入ったアメニティやかわいいグッズは、思わず持って帰りたくなりますが、持って帰っていいものとそうでないものの区別はどうすればいいのでしょうか?

バスルームにアメニティを入れたバスケットがあったら、その中の物は基本全部持ち帰りができます。

考え方として、消耗品や使い捨てのものは、持ち帰りOKです。

バスグッズや歯ブラシなどですね。

便箋や紅茶類も持ち帰り出来ます。ただしボールペンはホテルによって違うようです。

使い捨てのボディスポンジや 袋に入っているペラペラの不繊布のスリッパも持ち帰りOKです。

【ペラペラのスリッパの使い方】

・次回の旅行に持って行って飛行機の中で履くと疲れません。

・お子さんがいる場合は車の中にストック。PTAでスリッパを忘れたときに使えます。

・避難袋の中に入れて避難場所での室内履きとして

汚れたら躊躇なく捨てれますので常備しておくと便利です。

かわいい小さなボトルに入ったシャンプーやコンディショナーも持って帰ることができます。

ただし、大きなボトルに入ったものは、NGです

タオルや寝巻き類など、クリーニングして、また使うものもNGです。

わからない時は、ホテルの方に聞いてください。

使用期限について
バスグッズは、防腐剤や保存料を使用していない オーガニックにこだわったもの は、未開封でも早めに使用してください。

通常の商品でも 開封したもの は、空気に触れることで劣化や変質の心配があります。早めに使用してください。

ユニットバスの使い方
シティホテルなどのユニットバスでは、シャワーカーテンが取り付けられています。シャワーを使う場合、カーテンはバスタブの内側に垂らしてシャワーを浴びます。

シャワーカーテンの下の方を濡らしてペッタリとバスタブに貼り付けるようにしてから、シャワーを使うと、体を洗うときにジャマになりません。

使用済みの洗濯もの
使用済みの洗濯ものを入れるバスケットがバスルームにある場合は、そこに使ったタオルや部屋着を入れてください。

バスケットがない場合は、使用済みのものがわかるように バスルームの入り口などに一カ所にまとめておいてください。

◆女性の一人旅についての記事は >>> こちら から
温泉と航空券が一緒になったANA楽パックはこちらから(楽天にジャンプします)>>【楽天トラベル】ダイナミックパッケージで行くおすすめ温泉地

オマケのヒトコト(^^♪

とにかく疑問や希望があったら、宿泊施設に聞くのが一番早いです。遠慮しないで、ドンドン聞いてみてください。きっと丁寧に教えてくれますよ。

お風呂でゆっくり疲れをとって、美味しいものを食べて、あなたの旅を楽しんでくださいね。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA