結婚式の祝儀袋の選び方キレイな色やハンカチの袋を使っても大丈夫?

結婚式に招待されたら、祝儀袋を用意しますね。

祝儀袋は ホームセンターやコンビニでも買えますが、大型の文具店やスーパーの文具売り場に行くと、品揃えが豊富で、どれにしようかと迷ってしまいます。

包む金額と 相手との関係にも気を使いながら お気に入りの袋を選んでくださいね。

スポンサーリンク

結婚式の祝儀袋の選び方

結婚式の祝儀袋は、水引きが紅白の結びきりで、「寿」や「御結婚御祝」と印刷されているか、短冊がついています。(「御結婚御祝」は「御」がふたつあってくどい感じですが「御結婚祝」とすると4文字になりますので嫌がられます)

どのくらいの金額の祝儀袋を使うかは ご祝儀の金額によって、違ってきます。祝儀袋の包装袋に、入れる金額を印刷していますので、お渡しする金額に合ったものを選んでください。一般的には、中の金額の100分の1くらいの値段の物を使います。

3万円なら300円から500円程度

5万円から10万円なら500円から1000円の祝儀袋ということですね。

祝儀袋の名前は、苗字だけではなくフルネーム。筆か筆ペンで書いてください。ボールペンはNGです。中袋の表には、金額を書きます。裏には、あなたの住所と名前を書きます。お札は新札を入れてくださいね。

結婚式の祝儀袋にキレイな色のものを使いたい

キレイなパステルカラーや和紙を使ったカジュアルな祝儀袋もあります。カワイイので、よく女性が友人に渡す袋として使います。友人や、会社の仕事仲間など親しい人におすすめです。

男性が使う場合は、ブルー系かグリーン系を選ぶといいですね。

ただし、目上の方や、取引相手などの会社関係の方には、無難な白の祝儀袋を使ってくださいね。


スポンサーリンク

結婚式の祝儀袋はハンカチの袋でも失礼にならない?

祝儀袋をいただいたことはあるでしょうか?私は せっかく選んでいただいた、そしてわざわざ持ってきていただいた祝儀袋って処分する時って心が痛みます。

でも、とっておいても仕方ないし…と思って処分してしまうんですけど。

もし友人へのご祝儀袋に使うならハンカチの祝儀袋などもいいと思います。

袋に使っていたハンカチは、日常使いにもできますし、記念として残しておくこともできます。とっても仲の良い友人から贈られたものが いつも身近にあるって嬉しいものですよね。

ただし こちらも 目上の方や、会社関係、あまり親しくない方には、失礼になりますので使わないようにしてくださいね。

オマケのヒトコト(^^♪

祝儀袋を持って行く時には、袱紗(ふくさ)に包んで持っていきます。

「むきだし」とか「買った時に入っていたビニール袋」で持って行く方を見かけることもありますが、できたら何かに包んだ方がいいかな、という感じはします。

「あなたに渡そうと思って、大切に持ってきました」という意思表示ですから(^^)

基本的に「受付」の席には受付係りの人が座っていますので、ご結婚する新郎新婦は 袱紗を見る機会などありませんので関係ないんですけど…。

袱紗がない場合は、小さなハンカチなどで代用しても構いません。こういうのは、気持ちの問題だと思います。

袱紗は 着物売り場や文具売り場で売っています。

袱紗の色は、お祝いごとなら暖色系、お悔やみの時なら寒色系が使われますが、両方の用途に使うなら、男性なら藍色、女性なエンジ色の袱紗にします。

紫の袱紗だけは、男女の区別なく両方の用途に使えますので、とりあえず紫の袱紗をひとつ用意しておくと重宝します。

袱紗は、祝儀と不祝儀によって包み方が違いますが、最近は、最初から袋の形になっている袱紗も用意されていますので、新しく買うならこのタイプがお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA