窓のカビの落とし方。サッシのカビ掃除と結露対策を簡単にする方法

窓を見つめる猫
窓のサッシの黒くて土埃のようなドロドロの汚れ、窓ガラスのカビ汚れ、窓枠のゴムパッキンにできた黒カビ。何日も雨が続いたあとや、暖房器具を使う季節が終わる頃は特に窓周辺の汚れが気になりますね。

天気の良い日にササッとキレイに掃除したいと思っても 窓掃除やサッシの掃除って意外と時間がかかって大変なんですよね。だからと言って、そのままにしておくとさらにひどくなってしまうし。。。

今回は 窓や窓のサッシにできた黒カビや汚れを身近なもので簡単にキレイに落とす方法を紹介します。

広告

窓ガラスのカビの落とし方

カビの除去と言えば専用の洗剤や薬品が頭に浮かびますが
窓ガラスのカビは、基本的に水ぶきで充分とれます

まずは、雑巾を何枚か用意して拭いてみてください。

窓ガラスの掃除のコツ
①濡れた雑巾と乾いたぞうきんを用意します

②最初に濡れた雑巾で水拭きします

③乾かないうちに乾いた雑巾で拭き取ります。

両手に雑巾を持って窓ガラスを拭くと仕事が早いです。

拭き取りにはマイクロファイバークロスなど繊維の残らないタイプの雑巾がおすすめです。

窓の汚れが落ちにくい場合

もし汚れ落ちが悪い時は 他の汚れが混じっているのかもしれません。スプレー式中性洗剤(住宅用のもの)を吹き付けて、少し置いてから水拭きしてみてください。

【関連記事】
高い場所や窓の外側を掃除するときの方法はこちら
家にあるもので簡単にできる「二階の窓の外側を安全に掃除する方法」

窓のサッシのカビ掃除

窓ガラスのカビは簡単に掃除ができても窓のサッシのカビには、ちょっと手こずりますね。

窓のサッシとゴムパッキンのカビ汚れは下のような方法で掃除してみてください。

サッシの黒いカビ汚れ

サッシの黒い汚れはほこりと水分とカビが同居したものです。一度雑巾で拭いたくらいではスッキリと取れません。でも最初に汚れを取り除いてから雑巾で拭くと簡単に掃除ができます。

窓のサッシの黒いカビ汚れの除去
【泥汚れが乾いた状態の時に掃除する方法】
①サッシのほこりが多い場合は、ドライバーの先に布をつけて、ほこりをこそぎ落とすと簡単にきれいになります。

②細かい部分は歯ブラシやつまようじや綿棒などを使ってみてください。

③ほこりが取れたら雑巾で水拭きします。

下に新聞紙を敷いてやるか、片手に掃除機を持って汚れを吸い込みながらやると部屋が汚れません

【泥汚れを水で洗い流す方法】
①サッシノズル付きのハンディクリーナーなどで洗い流します。
雑巾がけの手間がかかりませんし、スッキリとキレイになります。

【関連記事】
サッシの掃除がグングンはかどるアイテムを紹介しています
窓のサッシの掃除のための便利グッズ
【関連記事】
アルミサッシのサビ取りの方法はこちらから
アルミサッシの泥汚れとサビ取りの方法

ゴムパッキンの黒カビの落とし方

雑巾や掃除機ではキレイにならないのが窓枠のゴムパッキンですね。特に白いゴムパッキンについた黒カビの汚れは目立ってしまいます。

汚れを完全に拭き取ってもゴムパッキンの部分の黒いカビが落ちないようでしたら下の方法で掃除をしてください。

窓枠のゴムパッキンの黒カビの落とし方
①ゴムパッキン以外のところに洗剤がつかないようにぼろ布などで覆っておきます

②台所用の塩素系の漂白剤をしみこませたキッチンペーペーをゴムパッキンに張り付けます

③しばらくおいてから、よく水ぶきしてください

④カビの落ちが悪いときは、ラップで覆ってしばらく放置しておくとカビがキレイに取れます。

ゴムパッキン部分以外に薬剤がかからないように注意してくださいね。

便利なサッシ用のジェル状のカビ取り剤もあります。
【限定特価】ジョンソン カビキラー ゴムパッキン用 100g ( 掃除 防カビ …

スチームクリーナーについて
小さな子供がいる家庭で薬剤を使うことに抵抗がある場合はスチームクリーナーがおすすめです。

価格帯がとても広い商品ですが、カビ対策を目的として購入される場合は、パネル式ではなくボイラー式のものがおすすめです。スチームクリーナーは蒸気を使って掃除しますので、そのあとに湿気が残ると、かえってカビが繁殖しやすくなります。パネル式の噴射温度は90度程度ですが、ボイラー式は140度位まで上がりますので水分が飛ぶのが早いです。

スチムクリーナーは家中の掃除アイテムとしてとても重宝しますので、忙しいママのには何かと便利なアイテムだと思います。


広告

窓の結露対策を簡単にする方法

窓のカビの予防には結露対策が一番効果的です。簡単にできる結露対策を紹介しますね。

■湿度を抑える
何といっても部屋の湿度を低く抑えることが一番です。

基本的に
・料理のときは換気扇を必ずまわす
・洗濯物を部屋干しするときは除湿をする
・晴れた日には、空気の入れ替えをする。この時クローゼットや押し入れ、靴箱やトイレなどの空気も入れ替えてください

梅雨の除湿。エアコンの「ドライ」と「弱」はどっちが節電になるの?

冬の部屋干し。除湿機とエアコンどっちを使う?

■グッズの利用も
スクイジーや結露防止シート、結露防止スプレー、吸水テープ、結露用のモップ、結露用のワイパー、除湿剤などのグッズもたくさんありますね。

窓の結露の掃除におすすめのアイデアはこちらから

冬の結露予防と結露の掃除の仕方はこちらから

出窓の結露対策はコチラから

【関連記事】
年に何度かのお風呂のブラインドのカビ掃除がめんどくさくてたまらないのでブラインドを取り外して代用品をつけてみました。ブラインドの掃除をしなくていいなんて なんて幸せ♪・・・という私の体験記です。
>>浴室のブラインドをはずしてみた(画像あり)

まとめ

もちろん、結露ができやすい場所をまめにふくことができるならそれが一番ですね。

例えば 梅雨に結露ができやすいのは、エアコンの周辺と北側の窓周辺、トイレやお風呂場です。家中のお掃除には時間がかかりますが、特にカビがひどい場所だけでも、重点的にケアしていると梅雨の終わりの手間がずいぶんと違うと思います。

カビとの戦いは終わりのないものですので、便利なグッズはどんどん使ってみることをおすすめします。

広告