台風の時は窓にガムテープをはる?窓ガラスの補強は?風が強い方向は?

台風の時の窓
ゲリラ豪雨や大型の台風、竜巻。地球規模での環境の変化で 今まで経験しなかった災害が起こる可能性が高くなっています。

強風で 窓が割れる心配があるときは、事前に対処しておきましょう。

広告

台風の時には窓にガムテープをはった方がいい?

台風で窓が割れる原因は、実は「強風」ではなく「風で飛ばされてきた物」です。
要するに、防ぎようがないものなんです。

まず、ガラスが割れないようにしましょう。

雨戸は必ずしめてください。

台風の時は、窓にベニヤ板を打ち付ける、という方法もありますが、アルミサッシの窓では、打ち付ける場所もありませんし、打ち付け方が中途半端な場合は、その板が飛んでいってしまって、かえって危険です。

災害時に慣れないことをするのは、やめておいたほうが無難です。
なので、雨戸がない場合は、窓ガラスが割れた時のことを考えましょう

割れたガラスが、風で一気に部屋の中に飛び込んで来ると ものすごく危険です。
ガラスが飛散しない方法として以下の方法があります。

・段ボールをテープで窓に貼り付ける

・ガムテープや布テープを窓に張る

・カーテンはしめておく

ガムテープは、剥がしたあとが汚くなりますので、布テープの方がおすすめです。

(ただし、長期間貼ったままにしておくと、布テープも、白い跡が残ります)

ガムテープ、布テープいずれの場合でも、酢でマスキングすることで、貼ったあとはキレイになります。

ガムテープの跡をキレイにする方法はこちらです

台風の風が強い方向は?

台風は、風の強さや向きが、進行方向によって違ってきます。

一般的に、風や雨が強いのは、台風の東側。つまり天気図で見た場合なら台風の右側の地域が被害が出やすい ということになっています。

風の向きに関しては、台風の進み具合によって風向きは刻々と変化しますし、台風の通過後は吹き返しで、それ以前とは逆方向の風が吹きます。

また、自然災害は地形の影響をものすごく受けますので、気象庁が発表した風向とは違う方向から風が吹いてくることもあります。

ですので、この方角の窓を重点的に保護すればいい、ということではなく、全部の窓が割れる危険があるということになります。

台風で窓が割れたら

もし、台風で窓が割れたら、台風の中で窓ガラスの修理をするとか、他の窓の補強をするとかは、危険ですので絶対にしないでください。

とにかく 自身の安全確保が第一です。

まず避難。

できたら近所の公民館や小学校など避難場所に指定されている安全な場所

移動が困難な場合はとにかくガラスや障害物が飛んでこない部屋

家の中にいる場合は、崖から離れた場所で できるだけ高い場所 が基本です。

◆災害時の避難方法は>>>こちら

◆冷蔵庫の停電対策の記事は>>>こちら

まとめ

気象庁のホームページによると、風速20メートル以上になると屋根瓦などの飛散の危険があるということです。

台風が近づいたら、災害情報はこまめにチェックしてくださいね。

また、自宅の庭やベランダにある物は、飛ばないようにしておいてくださいね。

広告