グランドカバー 安い!簡単!種から育てるおすすめは?

グランドカバー種から
グランドカバーを種から育てたら、コストもかからず 草むしりも楽になりますよね。

でも
「種から育てるのって難しそう」
「やったことがないから自信がない」
って思いませんか?

ほったらかしでも大丈夫、手間がかからず簡単に育つ植物の種を紹介します。

広告

グランドカバーの花を安い価格で植えるなら

お花をグランドカバーにしたいけど低予算に抑えたい場合は1年草の花の種がおすすめです。

1年草ですから冬には枯れてしまいますが、冬は雑草も少ないです。翌年 また同じように種を蒔いてください。

もちろんグランドカバーに向いていない花もあります。
例えばこんな感じです

グランドカバーに向かない花の種類
⇒夏の暑い時期に元気がなくなる
⇒繊細な花なので雑草に負けてしまう
⇒育てるのにものすごく手間がかかる
病気になりやすい
⇒地面の部分がスカスカで雑草が防止できない
⇒極端に大きくなる
これではグランドカバーになりませんね。

夏に元気な花と言えば
 千日紅
 ・日日草
 ・百日草(ジニア)
 ・ペンタス
 ・コリウス

などがありますが、

育てやすいグランドカバーならマツバボタン!

マツバボタンの育て方
●お日様が良く当たる場所で育ててください
●乾燥気味に育ててください
●種袋の後ろの育て方をみて種まきをしてください
●めんどくさい場合は、花壇などにパラパラと直接まいても大丈夫です
●込み合っている場所は間引きします
●茎の先端をちぎると枝分かれします
●何度か枝分かれさせて良く分岐させると雑草予防になります

マツバボタンの種まきの時期は4月~5月です

種袋に入っている種は 全部発芽するわけではありません。
発芽率90%とか95%とか袋の後ろに書いていると思います。

手間をかけて頑張れば発芽率も上がりますが、マツバボタンのような細かい種の場合はそれも大変です。

でも大丈夫

ザックリとやっても

マツバボタンの種って 一袋に
マツバボタンの種

およそ800本分入っています

中の種はこんな感じ

たとえ初心者でも、ちょっとくらい種まきの仕方を間違えても
800本分も種があれば、何本かは育ってくれます。

マツバボタンは先端をチョンと切ると、そこから枝分かれしてドンドン茂ります。切った部分は土に挿しておくと そこからまた育っていきます。

乾燥気味の状態が好きなので水遣りの必要もありません。
肥料が多いと成長が悪くなるので肥料もほとんどあげなくていいです。

暑いのが大好きなので
夏の時期グングン育ちます。

つまり

放置で大丈夫

夏の花壇の空きスペースにはピッタリではないでしょうか。

広告

グランドカバー とにかく簡単なのは?

簡単に育ってしかも食べられるグランドカバーとして「シソ」もおすすめです。

シソは和製ハーブの代表です。
もともと ハーブは 手がかからず丈夫。
そのハーブに合った土や湿度があれば 手間がかからず、ドンドン成長します。

シソには「赤シソ」と「青シソ」がありますが、グランドカバーで使うなら
 ・「赤シソ」か
 ・「赤シソ」と「青シソ」を一緒に植える

とキレイです。

シソの育て方
●畑や花壇に直接種を蒔いて大丈夫です
●芽が出るまでは水をあげてください
●乾燥している時期は、温度の低い時間帯(朝か夕方)に水遣りをしてください
●時々肥料をあげてください
●花穂は摘んでください(そのままにしておくと枯れてしまいます)

シソの種まきの時期は4月です

  • こんもりとたくさん茂ると、根本に太陽が届かなくなるので雑草を抑える効果があります。

  • たくさん収穫したらシソジュースにできます

  • 天ぷらにしてもおいしいです

  • そうめんうざくの薬味にもできます

  • 根が小さいので不要なものは簡単に引っこ抜けます

  • 年末に枯れたら引っこ抜いてください

  • こぼれダネで翌年も生えてきます
シソに似た雑草もありますが見分け方は簡単です。

シソのにおいがしたら「シソ」。
シソのにおいがしなかったら「シソ」ではありません。
小さな苗の時から「シソ」のにおいがするので シソが生えているとすぐにわかります。

広い範囲のグランドカバーを種から育てる

広い範囲のグランドカバーが必要だとか、植えっぱなしでもっと違う花を簡単に楽しみたい!という人には何種類かの花の種を混合している袋を利用するのも楽しいと思います。これは各種苗メーカーから「ワイルドフラワー」や「ミックスシード」などと言う名前で販売されています。

袋には 何種類か比較的手のかからない花の名前が書かれていますが、実際にはそれ以外の花が咲いたりもします。最初から花の名前がなくて何が咲くかはお楽しみみたいな感じの袋もあります。

でも蒔く時期さえきちんと守れば次々に色々な花が咲きますので、公園の緑化などにも利用されています。

とは言っても こちらも基本1年草が主体ですので、雑草対策としてなら、毎年新しく種を買って追加で蒔くようにしないと次第に雑草の方が勢力拡大していくようです。

ワイルドフラワーは秋蒔き(9~11月)か春蒔き(3~5月)になります

>>★送料90円メール便OK★【ワイルドフラワー】ハイドロカラーミックス【タキイ種苗…

【関連記事】
日陰の草むしりがたいへんならこちらがおすすめ。
④植えっぱなしで手間いらず。日陰におすすめのグランドカバー

寄せ植え・庭・芝生・雑草などの記事をまとめています
→→庭仕事の記事一覧

まとめ

グランドカバーにおすすめの種を紹介しました。

1年草のグランドカバーは冬になると枯れてしまうので増えすぎない・広がらないということも魅力のひとつです。

1年草の種で成功したら、ほったらかしで毎年咲く宿根草や植えっぱなしの低木を少しずつ増やしていくと、種を植える手間もかからなくなってきます。さらに部分的に防草シートや石、砂利を使ったりバークを置いていったりすると雑草を追い出しながらお庭作りも一緒に楽しめます。

 

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする