梅雨の髪のうねりにおすすめの髪型と悩みを減らす方法

髪のボリュームが多いと人からうらやましがられることも多いですが、案外手間がかかって大変ですね。

特に 梅雨時期になると髪がうねって まとまらない、毎朝の準備に時間がかかってしまう、という人も多いようです。

髪のうねりで困ってときに 時間がなくても手軽に簡単に対処できる方法を紹介します。

スポンサーリンク

梅雨の髪のうねりを何とかしたい!

梅雨の髪のうねりの原因は「髪の傷み」です。キューティクルが傷ついているので、水分の調節ができなくなった髪が水分をたっぷり含んで、「うねり」になってしまうんです。

時間がない時の対処法としては簡単にケアするには椿油やベビーオイルがおすすめです。

外出前に数滴を手のひらにとって、毛先を重点的に手グシのようにしてつけてみてください。髪の広がりをおさえてくれます。

また、外出先で髪がぱさついているときは、ハンドクリームを使ってみてください。手のひらに広げたクリームを椿油を付けるときの方法と同じようにして髪に伸ばしてください。パサつきがおさまって、髪が落ち着きます。

梅雨の髪型はどうしたらいい?

なかなかまとまらない梅雨の髪は、髪型をアレンジすることで簡単に乗り切れちゃいます。 髪をまとめやすい市販のグッズなどもあります。

・ポニーテール
・編みこみ
・お団子にする
・顔の横でまとめる

日頃とは違う雰囲気を演出できますし、女の子っぽくって可愛いですよ。


スポンサーリンク

梅雨の髪の悩みを解決するには?

日頃の習慣で、髪の悩みも軽減します

・洗髪後のドライヤー乾燥は絶対

濡れた髪のままベッドに入ると髪が傷んで さらに広がりやすくなってしまいますので、きちんと乾かして寝てくださいね。

ドライヤーは髪を傷めないように低温で、ゆっくり乾かすようにしてください。

・ブラッシングも効果的

ブラッシングは、髪のキューティクルを整える効果がありますし、頭皮のマッサージ効果もあります。ブラッシングを習慣にすることで健康な髪になっていきます。ブラッシングをする時も髪を傷めないように、やさしく丁寧にしてください。

・シャンプーを変えてみる

梅雨に広がりやすい人はシャンプーを「しっとりタイプ」にかえてみてください

・トリートメントでヘアケアしてみる

傷んだ髪をトリートメントでケア。トリートメントをつけたら、必ず5分ほど置いて、よく染み込ませてからすすいでくださいね。

【関連記事】
髪に優しいシャンプーとマッサージ仕方を紹介
髪の痛みがひどい!洗い方と順番は?シャンプーは毎日必要?

まとめ

意外とシャンプーのすすぎ不足の人が多いそうです。シャンプーをきちんとすすがないと毛穴に詰まって、頭皮にも髪にも悪影響になります。

また、髪やカラダは寝ている間に出る成長ホルモンが作るものです。健康な髪のためには、睡眠時間がとても大事になります。睡眠不足にならないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA