ハロウィンのかぼちゃを使ったフラワーアレンジメントの作り方


ハロウィンのかぼちゃの飾り方は色々ありますが、やっぱりアレンジメントにすると華やかさが増します。今回はかぼちゃと秋色のお花や、庭の木の枝、道端の雑草などで作れるハロウィンのフラワーアレンジメントを紹介します。

ハロウィンと言えば、子供がお菓子をもらったり、コスプレして街中に繰り出したり。

な~んてイメージですが、
でも ハロウィンには その年の収穫を感謝する意味合いもあります。

ちょうど草も葉も色鮮やかな紅葉の季節。

手近な草花やスーパーのお花、家にある器などがあれば大丈夫。
かぼちゃは本物でも100均のおもちゃのかぼちゃでも構いません。

誰でも短時間で できる簡単なアレンジメントなので 気軽に作って玄関やリビングで深まる秋を演出してみてください。

広告

ハロウィンのフラワーアレンジメントの作り方

ハロウィンのアレンジメントは作り方にこだわらずに自由に楽しむのがおすすめです。

一番最初に「ハロウィンはその年の実りに感謝する」と書きました。でも ハロウィンって「お祭り」や「イベント」の色が濃いですよね。なので ハロウィンのアレンジも、遊び心を入れたり ワイルドな感じにしたり。家にある使えそうなものはドンドン使って楽しいアレンジメントを作ってみてください。

材料の例を挙げておきますね。

容器
 ・持ち手つきの藤かご
 ・シックな色の箱
 ・ブリキ缶
 ・ホーローの鉢
 ・大き目のマグカップ
 ・深皿などの食器

食器などはそのままオアシスを入れて使えます。

かごや箱などの場合はセロファンかビニール袋を入れて その中にオアシスをセットします

オアシスの使い方の詳しい説明の記事

花や葉物
 ・秋色のお花
 ・秋の木の実
 ・葉物
 ・紅葉した葉っぱ
 ・松ぼっくり
 ・ドングリ

ハロウィンのフラワーアレンジメントの作り方1

お花はくすんだ秋色のものを選んでくださいね。

葉物や木の実は100均の造花でもOKです

ハロウィンのアレンジにおすすめの花の さらに詳しい説明

小さなかぼちゃ
10月に入るとすぐに観賞用のかぼちゃが店頭に並びます。小さ目で鮮やかな色のかぼちゃがおすすめです。

装飾用かぼちゃの詳しい説明

手に入らない場合は 100均のオモチャのかぼちゃでOKです。数は1個か2個くらいがいいかなと思います。飾りやすいように軽いものを選んでください。

ハロウィンらしさを出すためにも 1個でいいのでかぼちゃはぜひ用意してください。もちろん100均のプラスチックのかぼちゃで構いません。
フラワーアレンジ用かぼちゃ

その他
 ・ハロウィンらしいピックやリボン

こうもりや魔女の帽子など。
100均やホームセンターでたくさん売っています。

ハロウィンにかぼちゃを使ってアレンジメントをする方法

では では かぼちゃのアレンジメントを作ります!

と言っても この記事を書いているのが 9月です。
かぼちゃは庭で収穫した分がありますが、そのほかの材料が揃いません。

なので、100均で買ってきた物や 家にある物で作っていきます。

用意したもの
 ・かぼちゃ2個(庭で収穫)←オモチャのかぼちゃでもいいです
 ・グラタン皿(100均)
 ・吸水スポンジ(100均)
 ・オレンジの造花(100均)
 ・枯葉のオーナメント(100均)
 ・トルコキキョウ(近所のスーパー)
 ・姫リンゴのピック(家にあった)
 ・松ぼっくり(家にあった)
①器の準備
本当は 藤かごが良かったんですが
100均で品切れだったので
かぼちゃ色のグラタン皿を買ってきました。150円でした。
ハロウィンのフラワーアレンジメント2

藤かごや紙箱を使う場合は 水漏れしないようにポリ袋などを入れておいてください。

やり方はこちら⇒アレンジメントのオアシスの使い方

②オアシスをセットします
100均で買った吸水スポンジ(オアシス)です。

オアシスを大体の大きさにカッターで切ります。
そのあと 少しずつ削るようにして容器の形に合わせてください


花や葉っぱを挿しやすいようにオアシスの角をななめに切り取ります。

水をたっぷり含ませて容器に置きます。
やり方は⇒こちら

花やカボチャの準備
サーモンピンクのトルコキキョウです。近所のスーパーで5輪で300円でした。
今回は3輪だけ使います。
葉っぱを取って、適度な長さに切り 水を入れた器に入れておきます。

かぼちゃには竹串を挿します。
挿せないくらい固い場合はピックやキリなどで穴をあけて竹串を挿してください。
かぼちゃに竹串を挿すと そこから傷んできます。ハロウィンに飾りたいときは直前にアレンジをしてください

ハロウィン直前まではプラスチックのかぼちゃを飾っておくといいと思います。
プラスチックのかぼちゃをピックにする方法はこちらで説明しています

紅葉した葉っぱを使いたいと思ったんですが、
この記事を書いているのは9月なので ちょっと無理です。
なので代わりに・・・
紅葉のガーラントを買いました。

100均の造花は取り外せるようになっていますので・・・

取り外してバラバラにしておきます

オアシスに挿しにくい形は、ハサミで切ってください


オレンジの造花は茎を切ります。
松ぼっくりはピックにしておきます
松ぼっくりのピックの作り方

かぼちゃと花を挿します
葉っぱでベースを作りオアシスを隠します。
詳しいやり方は⇒ラウンドアレンジの作り方

かぼちゃ二つとオレンジの造花を挿します

姫リンゴのピックとトルコキキョウを挿します

松ぼっくりを挿して全体のバランスを見ます
松ぼっくりのピックの作り方はこちらです

少しグリーンがあったほうがいいと思ったので
庭の雑草を足してみました

エノコログサ(ねこじゃらし)とカヤツリグサです。
カヤツリグサは葉っぱの部分を取って穂の部分だけ使っています。

緑が多すぎると「秋」の感じが壊れてしまいますので使うならほんの少しだけ。
「多分誰も気が付かない」程度が良いかと思います。

できあがりです(*^_^*)

【関連記事】
ハロウィンリース
お花やかぼちゃがダメになったらリースにリメイク
→→造花や雑草で作る秋色ハロウィンリース

 

ハロウィンらしいアレンジメントフラワーにするコツ

ハロウィンのテーマカラーは
  ・オレンジ
  ・紫
  ・黒
お花を選ぶときには そんな色を選ぶようにしてください。

色を足すときは 秋の枯葉や木の実をイメージして、くすんだような色をプラスしてください。

使ってはいけない色は下のような感じです。

パステルカラー、桜色、若草色⇒春っぽくなります

青、鮮やかな黄色、青々とした緑⇒夏っぽくなります

白、赤、緑のセット⇒クリスマスカラーですね

終わりに

夏の間は 生花が枯れやすいので なかなか花を飾れませんが、そろそろ玄関の中も玄関の外もお花で飾ろうかな、と思えるほどには 朝夕涼しくなってきました。

一日の最高気温はまだ30度を超えていますが、遠くから聞こえてくる小学校の運動会の練習の声は秋を感じるには十分で、なんだかワクワクウキウキとしてきます。

広告