フラワーアレンジメントのピックの作り方。ハロウィンカボチャと松ぼっくり


ハロウィンに欠かせないかぼちゃですが、皮が硬く扱いがちょっと面倒です。かぼちゃをアレンジメントで飾るときはどうしたらいいのでしょうか。またハロウィンやクリスマスのアレンジやリースの名脇役「松ぼっくり」もピックにすると可愛いですよね。

今回は かぼちゃのピックと松ぼっくりのピックを作る方法を紹介します。カボチャは本物の生のかぼちゃバージョンとおもちゃのかぼちゃバージョンがあります。

ハロウィンのフラワーアレンジメントのピックやリース作り、ガーデニングなどにご利用ください。

広告

かぼちゃで作るフラワーアレンジメントのピックの作り方

まず、おもちゃかぼちゃやプッチーニなどの本物のかぼちゃでピックを作る方法から説明します。
かぼちゃのピックの作り方
竹串をかぼちゃの後ろ側にグサッと挿してください。

もしも極端にコチコチになっていて串がささらないようでしたら
キリやアイスピックなどで穴をあけて串を挿すようにするか、
下の「竹串とセロテープで固定する方法」でやってみてください。

カボチャは「野菜」ですので傷がつくとそこから傷んできます。
ずっと飾っておきたい場合も
下の「竹串とセロテープで固定する方法」の方がおすすめです。

ハロウィンの装飾用のかぼちゃは、
ホームセンターやお花やさんで10月になったらすぐに販売されます。
中旬ごろにはなくなることが多いと思います。
欲しい場合は早めに買いに行ってくださいね。

ネットでも販売されていますのでリンクを張っておきます
>>【楽天市場】おもちゃかぼちゃ

おもちゃのハロウィンカボチャのピックの作り方

ハロウィン用の本物のかぼちゃは手に入りにくいので、100均などで売られている造花(イミテーション)のかぼちゃをピックにする方法もご紹介します。

まず、商品についている札を見てください。

「ポリスチレン」と書いていますね。
「ポリスチレン」に空気を含ませたものは「発泡スチロール」です。

なので このタイプは竹串がグサッと刺さっちゃいます!

どう見てもグサッとささらない感じ
とか
刺さるかどうかわからない
なんてときは あえてチャレンジせずに安全な方法でピックを作りましょう

用意するものは竹串3本とセロテープです。

まず 3本の竹串の先を折ります。

次に 竹串の先が開くように3本をセロテープでまとめます

カボチャの底の部分にセロテープで留めると ピックになります。

100均のかぼちゃは陶器のものやプラスチックのものがあります。軽いものの方が扱いやすいのでプラスチックか発泡スチロールの物を買うようにしてください。

松ぼっくりのピックの作り方

松ぼっくりのピックの作り方も紹介します。

松ぼっくりは、細い針金を巻きつけてピックにします。
細い針金がない場合は、100均などで買った他のピックの針金を外して使うといいです

こういうタイプのものが外しやすいです

松ぼっくりの一番下の傘のところに引っ掛けてくるっと回してピックにします。

【関連記事】
簡単にできる本格的なハロウィンのフラワーアレンジメント
ハロウィンのかぼちゃを使ったフラワーアレンジメントの作り方
ハロウィンかぼちゃのフラワーアレンジメントの作り方

ハロウィン関連の記事一覧
ハロウィンの記事まとめ

おわりに

秋の果物や野菜の色は鮮やかなオレンジや黄色のイメージ。

夕暮れの色、落ち葉の色、鮮やかだけど少し寂しい。

寂しいけれど ほっこりと暖かい。

秋の果物や木の実のピックでアレンジやリースを飾りませんか?

広告