受験生の親が絶対に言ってはいけない3つの言葉と親の心得

大学受験を控えて、子どもも親もピリピリしてくると、普段何気なく口にしていた言葉も ココロに突き刺さる刃物になることがあります。

傷つけるつもりもないのに、傷いてしまった我が子の顔を見ることは、とてもツライものです。

まして、「うるさい」と言われたり、喧嘩になったりして、親子の関係がぎくしゃくするのも、できるだけ避けたいものです。

あまり神経質になる必要はありませんが、ちょっとだけ気に留めておいてくださいね。

広告

受験生の親が絶対に言ってはいけない3つのこと

よく学校の先生は受験生の親に、「試験がおわって帰宅した子供には、その結果を聞かないでください」と言います。

「試験どうだった?」ってやつですね。

結果が気になって、つい聞いてみたくなりますが、試験が終わって、全力を使い果たして、クタクタになっている子どもは、もう試験のことなんか考えたくもないですよね。それに正直なところ、どうだったのかは自己採点してみるまではわからないんです。せめて、試験が終わった日の夜くらい、色々忘れてのんびりしたいのではないでしょうか?

受験生の親御さんは、きっと何度も言われると思いますが、再度 確認しておいてくださいね

試験が終わったあとに「どうだった?」と聞かない

さて、それでは本題の受験勉強中の子ども、「受験生」に絶対言ってはいけない3つの言葉にいきたいと思います。

1.「大丈夫?」と聞く

「大丈夫だよ」という返事をもらうことで、親のほうが安心したいのではないでしょうか?(私もそんなときがあります)優しい子なら「大丈夫だよ」って答えてくれるかもしれませんが そんなのわかるわけないです。

心配なのは誰よりも受験生本人です

2.「頑張って!」

「頑張って!」は、とってもよく使う言葉ですが、使い方の難しい言葉のひとつだと思います。

睡眠不足と闘いながら限界まで頑張っている受験生に、さらに「頑張って!」と言っても本人ツライだけです。プレッシャーもかかってきますので、かえって逆効果です。

「こんなに頑張っているのに気がついてくれてないの?」って気持ちになる子もいます。

この時期はもう少し違う言葉ではげましてみませんか?

でも、本人が元気で前向きに「ガンガン行こうぜ」状態の時なら、明るく「頑張って!」と応援して、追い風を送ってあげてください。

3.「もし落ちたら…」「ダメだったら…」

最後の追い込みをしている受験生の「やる気」を根こそぎ持って行ってしまうような言葉です。

受験期間は、誰よりも親御さんが、受験生の力を信じて、あげてください。

もちろん、本人の希望と違う方向の期待は、くれぐれもしないでくださいね。

(受験生に対する言葉かけが気になるような親御さんなら、まず心配無いですよね)

受験生の親はどんな言葉をかけたらいい?

では、どんな言葉をかけてあげたらいいのでしょうか

それとなく褒める

頑張っている所、伸びているところに気づいてあげる。

そして、それとなく(ここ大事!試験に出ますよ!そ・れ・と・な・く・です。「アカラサマに」とか「わざとらしく」はダメです)褒めることです。頑張っていることを認められるとうれしいし、もっと頑張ろうって「やる気」が出ます。

態度でしめす

栄養を考えたお弁当を作ってくれた。いつも美味しくて消化のいい夜食を用意してくれていた。夜遅く帰宅すると、すぐ食べれるように温かい食事が用意されていた。手作りのお菓子をよく作ってくれた。…食べ物の記憶は、なぜか鮮明に残ります。

また、毎朝早くから付き合ってくれたとか、 黙って毎日送り迎えしてくれたとかとか、自分の為にしてくれるさりげない気遣いが、嬉しくて心が暖かくなって、ストレスが和らいだりするようです。

頑張っているのは自分だけじゃない

親が、こどもの為に働いている姿、何かにひたむきに頑張っている姿は、素晴らしいお手本です。お弁当を作れなくても、送り迎えが出来なくても、頑張っている親の姿を見たら、子どもは頑張ろう!って思うものです。

広告

受験生の親の心得は?

受験生の親御さんの心得として他にどんなものがあるでしょうか?NG集をまとめてみました。

「言われて嫌なことは言わないで!」

・「試験まであと●●日ね」は禁句。学校でさんざん言われています。

・成績の下がっている部分をわざわざ指摘するのもほどほどに。本人は、痛いほどわかってます。

・理由を聞いたり責めたりするのもダメです。「どうしてこんな点を取ったの?」なんて聞かれても答えようがないです。

「勉強の邪魔をしないで!」

勉強している時に、やたら話しかけるのはNG。大騒ぎで遊んだり、話したりも できたら控えてくださいね。

「指図しないで!」

「勉強しなさい」とか「遊んでていいの?」(パソコン・ライン・漫画)とかもちろんNG(かえって勉強するのがイヤになります)。息抜きは必要です。

もし言いたいときは「勉強につかれた頃にお夜食を持って行くけど何時頃がいい?」とか、遠回しに。

「昔の知識しかないのに、色々言わないで!」

昔と今では、状況が違います。何かをアドバイスしたいなら、まず今の状況をきちんと調べてからにしてください

「とにかくそういうの全部イヤ!」

・恩着せがましくお金の話をしたり

・志望校の悪口を言ったり、他の学校を褒めたり

・友人や兄弟と比べたり

・家族の悪口を言ったり(特に夫婦の仲が悪いと子どものストレスは半端無いです)

なんだかキリが無いですが、要は家庭の中が気持ちのいい状況なら、何も問題はありません。

ご両親が笑顔でいられるようなご家庭なら、あえて気にすることは何もないと思います。


【関連記事】
受験生のインフルエンザ予防接種に関する記事です
大学受験生のインフルエンザの予防接種の時期と回数は?家族も受けたほうがいい?

受験生のためのヘルシーで簡単な夜食のレシピです
夜食のレシピ 簡単ヘルシーな受験生にぴったりの太らないメニュー

試験当日の朝ごはんにおすすめは?
試験当日の朝ごはんと昼食で絶対にしてはいけないこと。試験前日の食事にトンカツがダメな理由

大学生の食事・害虫対策・節約方法などのまとめです
ひとり暮らしに関する記事まとめ

まとめ

我が家の長女は小心者の心配性なので、受験生だった頃は、「大丈夫大丈夫」とぎゅっと抱きしめてあげたことが何度もあります。何かしてあげたい気持ちがあっても、してあげれることなんて、あんまり無いものだなってつくづく思ったものです。

試験の結果は聞いたらダメと書きましたが、子どもが、自分から話すようでしたら、その時は真剣に話を聞いてあげてくださいね。

どんな時でも 悩みや心配は、誰かに話すことで減らすことが出来ますから、ほんの少しでいいので、親子で話せる時間も持てたらいいですね。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA