子供にサンタを信じさせる?嘘?真実?どう思う?


クリスマスのサンタ、子供に信じさせますか?一番最初のお子様の場合は、ちょっと気になって考えてしまいませんか?

もちろん サンタさんのお話をするのが楽しみで、どんなクリスマスにしようかとワクワクしている方もいらっしゃいます。

でも「サンタはいないと最初から教えた」という人もいます。「無理に信じさせことに違和感を感じる」という人もいます。「子供に嘘をつくようで気がひける」と感じている人もいます。

時にはご夫婦で考え方が違って揉めることもあるようです。

クリスマスのサンタについて私なりに考えてみました。

広告

子供にサンタを信じさせる?

私の主人の実家はカトリックです。(私自身は無宗派の人間です)

主人の話では子どもの頃は、クリスマスイブは教会に行き、長々とお説教を聞いて帰って寝るだけ。クリスマスイブやクリスマスは一年で一番ツマラナイ日だったという事です。

でも世間ではクリスマスと言えば「子どものおもちゃ」みたいな感じだし。我が家でも 長女が生まれた最初のクリスマスには小さな手まりを長女に買ってあげました。

サンタさんを信じさせるかどうかについては 少しだけ迷った記憶もありますが 小さな子どもがいる場合
 ・絵本の読み聞かせ
 ・テレビの子ども番組
 ・育児サークル
 ・保育園
 ・幼稚園

ありとあらゆる伝達媒体が全力で「クリスマス=サンタ」をプッシュしてきます。

子供たちの会話の中にも
「僕はサンタさんに●●●をお願いする!」とか
「去年はサンタさんに●●●をもらった」とか
普通にサンタさんが登場してきます。

近所の年配の奥様たちも「サンタさんに何をお願いしたの?」などと聞いてくるし。テレビのニュース番組でさえ クリスマスが近づくとサンタの画像を頻繁に流してきます。

「子どもにサンタを信じさせようかどうしようか」なんて思う間もなく、子どもはサンタの存在を知り、気が付くと親子で

「サンタさん今年は来てくれるかなあ」とか
「サンタさん そろそろクリスマスの用意を始めてるかもねエ」とか まんまとサンタマジックにかかってしまってます。

もちろん
「我が家はサンタはいない!と最初から正直に教える。キチンと真実を向き合わせることは大事なことだ」という方針のご家庭もあると思います。でもクリスマス=サンタの方程式を打破するのは意外と大変かもしれません。

子供にするサンタさんの話って嘘になるの?

クリスマスを前に折り紙でサンタさんを作る男の子
日ごろ「嘘をついたらダメ」とか「他の人のせいにするのはよくない」とか。子育てしていると普通に口にする言葉ですよね

とは言っても

サンタさんがプレゼント持ってくるというのは嘘だし

お願いしていたプレゼントとは違うものが届いても本当はサンタさんのせいではないし

それに どの子どももいずれはサンタさんは自分のパパやママだという事にいずれは気が付くわけだし。ばれたら気まずくない?

親としてはジレンマですよね。

でも 私はサンタさんは別枠で考えていいような気がします。同じおもちゃでもサンタさんが持ってきたプレゼントは子供の目から見たら「サンタブランド」のおもちゃになっています。ずっとずっと クリスマスが来るのをわくわくウズウズしながら待ったとっておきのおもちゃ。サンタさんが持ってきてくれたものは特別なんです。

そして もらったプレゼントを持って大喜びする子どもを見るのは大人の幸せ

わくわくや幸せを運んでくれる嘘なら 子どもが大きくなった時にもきっと良い思い出になると思います。

広告

子供がサンタの真実を知るとき

クリスマスの時期のサンタさんの存在は 小さな子どもにとってものすごく大きいです。

お気に入りの特撮のヒーローやテレビアニメ、アイドルなどの比ではありません。普段 寡黙でクールなお坊ちゃまも 内気でおとなしいお嬢ちゃまも 心の中ではサンタさんが何者かを真剣に考えています。

クリスマスの翌日には プレゼントを持って集まって情報交換を始めます。

どんなものをもらったか
どこに置いてあったのか

子供の観察眼はスルドイです

「ゲーム頼んだのに違うものが来た
「サンタさんに会いたいってお願いしたら ぬいぐるみがはいってた」
「サンタさんからの手紙なのに日本語だった
「僕のは、●●●の包装紙だった!」

我が家は 子どもたちのたまり場みたいな家でした。そしてママ友さんたちも一緒にたくさん来ていました。

あの

クリスマスイブ翌日、要するにクリスマス当日ですが、

あの空気。。。

まるで 試験結果を待つ学生のような

びくびくしながら
でも おかしくてたまらないような

変な汗がいっぱい出て みんなで笑いをこらえて
目だけきょろきょろさせて

おもしろかったなあ

特に あとあと子供たちの間で語り草になった男の子の一言

「僕のは、●●●の包装紙だった!」

もちろん その後は 各家庭とも包装紙には細心の注意を払うようになりました。

そして いずれ子供たちは 自ら真実を知るときがくるわけですが、だからと言って がっかりしたり失望したりはないのではないかと。それも楽しくて面白くて幸せな時間なのではないかとと思います。

広告

おわりに

クリスマスにサンタが来る家では サンタさんを大いに楽しみ、クリスマスにサンタさんが来ない家では、サンタさん抜きでも楽しめる演出をすればいいし、クリスマスそのものを祝わないなら その分 お正月などにみんなでいっぱい遊べばいいかな、と私は思います。

子どもにとっての一番の幸せはみんなが笑顔でいること。季節の行事が子どもの良い思い出になること、家族が仲良く過ごせるきっかけになったら良いですね。