夏休みの工作に10分でできる簡単な本立て。木工ボンドの作品でもアイデア次第。

小学生の夏休みの工作におすすめのとっても簡単にできる本立てです。材料の準備だけしておけば、低学年でも10分位でできちゃいます。一晩で乾燥させたら、翌日は学校にもって行けます。

この夏休み たくさん遊んで時間がない元気過ぎるお子様にいかがですか?

夏休みの工作に10分でできる簡単な本立て

材料は、本立てに使えそうな工作用の木材と木工ボンドだけです。

工作用の木材は、ホームセンターなどで手に入りますが、夏休み時期は品薄になりますから、必要な分は早めに買っておいてくださいね。

もちろん、家庭にある端材や丈夫な箱や缶、かまぼこ板などを利用するのもいいと思います。

さて、では、さっそく始めます。

土台の左右に板をボンドで接着します。

hontate1

これでは、あまりに芸が無いですね…

夏休みの工作に木工ボンドを使った作品?

夏休みの工作で作る木工の作品といえば、釘と金づちというイメージですが、実は、木工ボンドは、きちんと圧着させれば、かなり頑丈なんです。

なので、木工ボンドを活用することで、釘や金づちを使った作品よりも面白い作品ができるんです。

木工ボンドの使い方は こちら です。ぜひ、確認しておいてくださいね。

この機会に、木工ボンドの使い方を覚えてみるのもいいかもしれません。きちんと使うと、木工ボンドで接着したものでも立派な作品になるんですよ。木工ボンドで接着した部分がこんなに頑丈なんだ~って思ったら それもひとつの経験だと思います。

まず、最初の本立ての片側をブックエンド風に改造。土台の左側の下に小さな木材を接着。

hontate2

傾きを付けて、最近良く見かける傾斜付きの本立てに。本立てが少し傾きますので、本の冊数が少なくても本が倒れません。

hontate3

一応、ブックエンドもつけておきました。本を抜いたら、ブックエンドをずらしていってください。

なんだか、漬物の重石のようですね。

夏休みの工作にアイデアをプラスした絵本立て

次は、絵本立てです。こちらも創作時間は、10分程度。乾燥一晩のインスタント絵本立てです。

まず、土台に板を2枚接着します。

ehontate1

土台の下に小さな板を入れます。今度は後ろ側に傾きます。

ehontate2

後ろ向きに傾いていますので、絵本を入れても倒れません。

ehontate3

手前に筆記具を置いてみました。角度がありますので、転がることがありません。

ehontate4

鉛筆たてをつけてみました。

ehontate5

きのこのオブジェをつけてみました。

ehontate6

絵本の好きなページを開いておくことが出来ます。

ehontate7

一日で自由研究。レインボーフラワーの記事は>>こちらから

夏休みの工作に!段ボールで作れるフォトフレームの記事は>>こちらから

夏休みの水遊び、お出かけに持って行くものなどの記事は>>こちらから

◆今 楽天で人気の自由研究はこちらから(楽天のランキングへジャンプします)
⇒⇒【楽天ランキング】夏休みの自由研究

まとめ

本当に簡単にできる本立てですので、材料だけ揃えたら、できたら子供さんに自由に作らせてみてください。作ることの楽しさを覚えたら、来年は、もっと高度な工作に挑戦してくれるかもしれません。

子どもは、時々大人が思っている以上の発見や発想をします。自分で思いついたことがあったらたくさん褒めてあげてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA