マンションの窓ガラスの結露が悩み。冬の窓の結露対策どうしたらいい?出窓は?

立地条件やセキュリティなど条件がいいことで人気のマンションですが、冬になると窓ガラスの結露がひどくて悩んでいる人も多いようです。

窓だけでなく、サッシやその周囲のワクや床も濡れてしまって、傷みが気になるケースもあるのではないでしょうか。どうしたら結露を防止できるでしょうか?


スポンサードリンク

マンションの窓ガラスの結露が悩み

一般的にマンションは戸建てよりも密閉性が高く結露ができやすいと言われています。

新しいマンションは特に、コンクリートから水分が放出されていますので、結露対策には、かなり気をつける必要があります。

窓ガラスの結露は、カビやダニの発生の原因になりますし、カビやダニが発生するとアレルギーやアトビーの心配も出てきます。健康のためにも、結露対策は できるだけ早目の処置をするようにしてくださいね。

【関連記事】
keturoyouguzzu0 今すぐ簡単にできる結露対策と便利な掃除グッズの記事はこちらから
heyabosi0 部屋干しの除湿におすすめの家電は?

冬の窓の結露対策どうしたらいい?

結露対策をするなら、まずその原因を考えてみましょう。

冬の窓の結露の原因は、室内の湿度 と 窓の中と外の温度差 のふたつです。

室内の湿度

昼間、換気をしない。換気扇を回すことが少ない。洗濯ものを室内に干す。冬はストーブを使う。煮物をすることが多い。どれも、室内の湿度を高くする原因になります。

台所やお風呂を使うときは必ず換気扇を回すようにしてください。

ストーブは、部屋を温めるときに、水蒸気をたくさん発生させます。換気扇を使ったり、定期的に換気をしたりしてください。また、ストーブを消したあとは室内の温度が下がり、窓だけでなく部屋全体が結露しやすい状態になります。ストーブは、消化したあともすぐに換気扇を切らないようにしてください。

人が集まる部屋や寝室も、汗や呼気によって、湿度が高くなります。大きな観葉植物や熱帯魚の水槽も湿気の原因になります。

冬の除湿には、除湿機がおすすめです。衣類乾燥機能や空気清浄機能のついたものが販売されていますので、ライフスタイルにあったものを選んでみたらいかがでしょうか?

窓の中と外の温度差

夏に冷たい飲み物を入れたコップに水滴がつきますね。水は、温度が上がると水蒸気になり、下がると水に、さらに下がると氷になります。

部屋の中の水蒸気も冷たい窓で冷やされると水になり、窓に結露を作ります。

なので、部屋の中の空気が冷える場所を作らないことが大事です。

マンションの場合は、戸建てよりも窓が少なく、空気が循環しにくいので、意識的に空気の流れを作ることで、冷えた空気が一ヶ所にとどまることを防ぎ、結露を少なくすることが出来ます。

換気扇の他にも、サーキュレーターや扇風機を利用してみてください。

反対に、厚手のカーテンを一日中かけっぱなしにしていると、カーテンと窓の間の空気が全く動きませんので、結露しやすくなります。冬は、カーテンは開けておくようにしてください

スポンサードリンク

マンションの出窓の結露がすごい

結露の掃除をしにくい場所なのに、気がつくと水滴がたくさんついていて、カーテンや棚がびっしょり…でも掃除をしにくいから、ついついそのままに、なんてこともあるのではないでしょうか。特に出窓やキッチンの窓は掃除をしにくい場所です。

こういうメンテの手間がかかる窓を別に考えるという方法もあります。

家の窓をよく見てみると、結露の多い窓とそうでない窓がありますね。一般的に南側よりも北側の窓の方が結露の量が多いようです。また、同じ窓でも、右と左ではカビの多さも違いませんか?網戸のある窓の方が結露が少ないのではないでしょうか?

全部の窓のメンテナンスをするのは、とても大変ですので、お手入れの必要な窓を重点的に選んでみましょう。

緊急度《低》

・あまり人が出入りしない部屋

・あまり暖房を入れない部屋

それでも冬場は、どうしても結露しますので、「結露の給水テープ」を貼っておいて、時々様子を見て、拭き掃除程度でOK。

緊急度《中》

・日当たりがいい部屋

・よく換気をする部屋

・寝室

このくらいでしたらグッズで対処。100円ショップなどで売られている結露取りワイパーで結露を取るのが、手っ取り早いです。窓の近くに、ワイパーと乾いたタオルを何枚か用意しておくと短時間で作業が終了します。

緊急度《高》

・煮炊きをする部屋

・ストーブを使う部屋

・水蒸気がこもる部屋

・人が集まる部屋

・拭き掃除をしにくい場所

拭いても拭いても、ドンドン結露ができる場所ですね。 ちょっと金額が大きな結露防止用のアイテムは、家中の窓全部に使うのは大変です。なので、特に結露が多い場所や、手の届かない場所に重点的に使うことをおすすめします。

窓際ヒーターウインドラジエーター

「窓際ヒーターウインドラジエーター」を使うと、結露の量をかなり抑えることが出来ます。窓も窓枠も水滴がつかなくなると大変評判がいい商品です。

スリムなスティックタイプで、足元に寝かせる感じで使いますので、窓枠に馴染み、視覚的にも圧迫感がありません。また、窓からくる冷気を防いでくれますので、お部屋が暖かくなります。ご両親のプレゼントに購入される方も多いようです。

窓際ヒーター ウインドーラジエーター 120cm〜190cm伸縮タイプ(省エネ …


【関連記事】
◆窓やサッシの黒いカビの簡単な掃除方法はこちらから
窓のカビの落とし方。サッシのカビ掃除と結露対策を簡単にする方法

◆アルミサッシの汚れやサビ取りの方法です
アルミサッシの簡単な汚れ落としの掃除の仕方とサビ取りの方法

まとめ

結露防止のためのスプレーやデコレーションタイプの結露防止シートなども販売されていますので、楽しみながら商品を選ぶのもいいですね。

窓の結露を防ぐためには部屋全体の湿度を下げることが必要ですので、天気のいい日には、クローゼットなども開け放して、お部屋全体の空気を乾燥させるようにしてください

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA