大学の学生証の写真の服装は?髪型やメガネは?

大学の学生証の服装
大学の入学手続きのひとつに「学生証用の写真の準備」があります。

でも
大学の学生証の写真を撮る時って

どんな服を着たらいいの?
髪型は?
メガネは?

少し不安になりませんか?

今回は大学側から特に指定がない場合の学生証の写真について
どうすればいいのかについてお話しようと思います。

広告

大学の学生証の写真の服装は?

学生証とは中学校や高校での「生徒手帳」のようなもので「大学生の身分証明書」になります。大学の施設(図書室など)を利用する時や学割を使う時などに使用します。4年間同じものを使います。

服装のことについて「清楚な服装で」などと指定されている場合と、特に指定のない場合があります。

例えば 「清楚な服装」ですが、「清楚」って具体的にどういう感じ?って思いますよね。

「清楚な服」「学生らしい服」などと書かれていたら
男性ならスーツ前開きシャツとジャケット前開きシャツとベストヨレっとしていないポロシャツ

女性ならスーツブラウスとカーデガンオーソドックスなカットソー

などがおすすめです

次のような服装は避けてください
 ・肌の露出が多い
 ・デザインや色が派手
 ・カジュアルすぎ
 ・ほとんど部屋着

指定がない場合は?
指定がない場合はどんな服装でもかまいません。
学生服でもトレーナーでも何でもいいです。

ただ 大学という「学びの場」の学生証ですので、テーマパークの年間パスポートのような、「めちゃくちゃおしゃれして、ニッコリ笑って」は少し違う感じがします。

また高校の時の制服を使うのも、大学の学生証としては変な気がします。

やっぱり 「清楚」で「大学生らしい」写真がいいかな、と個人的には思います

広告

大学の学生証の髪型は?メガネは?

写真と本人を比べて見て「同一人物に見えない」ようでは学生証になりませんよね。

でも大学生になると誰でも高校の頃とは雰囲気も変わってきます。髪型を変えたり、染めたり、お化粧が上手になったり、メガネからコンタクトにしたり。

なので髪型やメガネについては「今現在のまま」を写真にとれば大丈夫です。

顔がきちんと見えるように
 ・髪が顔にかからない
 ・前髪で目がかくれない

ことに注意してくださいね

カラコン入れたり、修正を加えた写真はNGです。

アゴを引いてアゴのラインをマフラーで隠すのもアウトです。

学生証に限らず証明写真を撮るときには だいたい下のような感じです。

カメラに向かって真っすぐ顔を向ける
背景は無地
修正されていないもの
服やスカーフが顔にかからないように
帽子はかぶらない
色つきメガネやサングラスは使用しない
カラコンは使用しない

※一般的な証明写真のものです。パスポートなどは さらに細かい条件があります。

写真の修整について
写真館で撮る写真は肌や髪にツヤがあるように修正を入れてくれたり、ニキビや虫刺されを消してくれたりします。このように写真館でキレイに仕上げてもらうのはOKです。

「写真を見たら輪郭がぼやけていたのでボールペンで輪郭を補ってみた」なんて言うのは完全にアウトです。

プリクラで撮った盛りすぎの写真、ドールな顔、ハーフな顔、ふたえ幅を調整している写真、涙袋をプラスしている写真もアウトです。

お化粧は?

もちろん ノーメイクでかまいません。
もしメイクするなら ナチュラルメイクがおすすめです。

大学学生証の写真を撮る時の表情は?

ガチガチに固い表情は指名手配の写真みたいになってしまいます。でも「口をあけて笑う」のはやりすぎです。ほんの少しだけ微笑んでるかな?くらいがおすすめです。口角をほんの少しだけあげるような気持ちでやってみてください。

大学の学生証の写真はどこで撮る?
●営業写真館(カメラ店やスタジオなど)
表情や顔や体の角度、肩の上がりかた(左右対称じゃない人が意外と多いです)など、チェックしながら写真を撮ってくれます。修正もキレイに入れてくれます。

●証明写真ボックス
書店やスーパの中などにあります。店内のものはお店の営業時間内が使用時間、店の外に置いてあるものは24時間使えます。

●コンビニ証明写真
ローソン・ファミマ・サークルK・サンクスでは、スマホで撮った写真をプリントアウトするサービスをしています。

1シートで200円。24時間いつでも利用できます。

下のバナーをクリックすると
コンビニ証明写真の設置場所がわかります。
資格試験の証明書、バイト用、派遣社員用、パート用などのシチュエーション別のメイクや髪型のアドバイスなどもあります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
コンビニ証明写真の設置場所
 

【関連記事】
大学に提出する書類の書き方をまとめました
大学の誓約書の書き方。シャチハタは使える?間違えた場合は?

おわりに

中学や高校では必要な手続きは親や学校が手配してくれることが多かったと思いますが、これからは自分ですることが多くなってきます。そして そのたびに迷うことも多くなると思います。

でもひとつクリアするごとに経験値は増えていきます。

たくさんチャレンジして 素敵な大人になってくださいね。

広告