指にパックリできたひび割れが痛い!治療方法と対策は?

寒くなってくると手荒れがひどくなってきますね。なんとなくガサガサしてきたな~と思っているうちに、かゆみが出て、ある日突然指先がパックリと割れてしまって。

指先のパックリ割れは、一度できてしまうと、なかなか治らないですよね。

できるだけ傷を守りながら食器を洗う方法と処置の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

指にパックリできたひび割れが痛い!

ガサガサと荒れて、カユミや皮膚が硬くなってきた状態をヒビ、傷口がひび割れた状態をアカギレと言います。

アカギレができると、痛いし、洗剤はしみるし、ひどくなると出血するし、台所仕事が大変です。

どんなに痛くても毎日の洗い物は待ってはくれませんので、とりあえず絆創膏で応急処置をすることが多いのではないでしょうか?絆創膏にもいろいろ種類がありますね。

救急絆創膏

一般的なものです。絆創膏テープの材質で分けるなら、プラスチック高密度ウレタン不織布のものがあります。プラスチックの方が安価で、ウレタン不織布の方が伸縮性がありムレたりしません。他にも耐水性のあるものや、ガーゼが傷に残りにくいものなどあります。

液体絆創膏(水絆創膏)

コロスキン・ヒビケア・サカムケアなど。透明なジェル状の液体を傷口に塗ります。透明なので目立ちません。洗い物のジャマにならず傷口をしっかりガードしてくれます。塗った瞬間傷口にしみて痛いのが欠点ですね。傷口が大きくなったり化膿しているときは使用しないでください。

湿潤療法用絆創膏

肌の自然治癒力によって傷を治す目的で作られた絆創膏。キズパワーパッドやクィックパッドなど。傷の治りが早く、はがれにくい。傷にしみないし、耐水性もあります。いいコトずくめですが金額的に高いのが欠点ですね。

テープ型絆創膏

テープに「抗菌成分」を塗ったプラチナバン。テープのどこが傷口にふれても大丈夫だし、自由にカットできるので使い勝手もいいです。水の侵入も防いでくれます。お値段も手頃でおすすめです。ちょっと見過ごしがちですが、ドラッグストアなどにもありますので、ついでの時に買って常備しておくと便利だと思います。

指のひび割れの治療方法

割れた指先を見ると皮膚がとても固くなっていますね。ひどい場合は、出血したり、指の根元にも深い割れめができたり、手のひらの皮がむけたりもします。

こうなると、毎日の台所仕事も苦痛ですよね。そんな時は、一日一回、就寝前の一手間を掛けることで、随分と指先の荒れが改善します。

パックリ割れた指の治し方
①クリームを手にたっぷり塗ってラップで保護。
②10分間ほどそのままにしてラップをはずす。

または

①寝る前に、たっぷりハンドクリームをぬる
②木綿か絹の手袋をして寝る

ことも効果的です。

クリームは、できるだけ添加物の少ない白色ワセリンや手あれ用のハンドクリームがお勧めですが、基本的には、ご自分の肌にあったものならなんでもいいです。


スポンサーリンク

指にひび割れができないようにする対策は?

予防としては、とにかく「手指を守ること」ですね。

寒い季節は、どうしてもお湯を使っての台所仕事が多くなりますが、お湯の温度は 熱くなり過ぎないように、ぬるま湯程度にしておいてください。

食器を洗う時は、洗浄力が強いものよりも手荒れしにくいものを使ってみてください

一般的には、

・液体タイプの台所せっけん

・台所用の固形石鹸

が肌にやさしいと言われていますが、これは個人差がありますので、自分の肌に合うものを見つけてくださいね。

ただし、せっけんは油落としには不向きです。古布のハギレなどで、まず汚れを拭き取ってから食器を洗うと汚れ落としも楽ですし、水道代も節約できます。

そして、なにより効果的なのが「ゴム手袋を使う」です。ただし、もう手荒れができている人や、ゴムにかぶれる人は、綿の手袋をしてからゴム手袋をすることをおすすめします。

荒れた指先でお金を扱うと滑って数えにくいですね。対策を考えました
>>スーパーのレジでお札を数える時に指が乾燥して滑る。対策を考えた

白色ワセリンの使い方についての記事です
>>ワセリンの塗り方のコツをメーカーさんに聞いてみた

書類や紙幣が原因の男性の手荒れにおすすめのハンドクリーム
>>紙が原因の手荒れ用ハンドクリーム。無香料でべたつかない男性用3選

◆足の指のかゆいしもやけは?>>>こちら

◆背中のぶつぶつカサカサは?>>>こちら

◆足のかかとのひびやカサカサは?>>>こちら

◆男性の唇の荒れは?>>>こちら

まとめ

手先のあれを防ぐ方法としては他にも、洗い物のあとは手の水分をよく拭く。お手入れのハンドクリームをこまめに塗る。血行を良くするためにこまめにマッサージするなどがあります。

書類やお金、段ボールなどを扱う仕事をしている場合も指の油分が奪われますから、できるならハンドクリームを身近な場所に常備してこまめなお手入れをしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA