冬咲きミラクルチューリップの球根の購入レビュー

冬咲きチューリップの花
冬咲きミラクルチューリップの球根は楽天のショップ楽しいガーデニング生活『なごみ』さんで販売されています。年末から1月にかけてチューリップの花が咲くように処理された球根なので、庭やコンテナで手軽に冬咲きチューリップが楽しめます。

真冬に咲くチューリップって ちょっと珍しいですよね。そして咲かせるのも簡単だし 春咲きのチューリップよりも花時期が長いので かなりオトクな感じがします。

冬咲きチューリップの栽培記録をまとめました。

スポンサーリンク

冬咲きチューリップを販売しているところは?

冬に咲くチューリップを冬に咲かせるには、植え付け前に冷蔵庫か冷凍庫に入れておきます。でも どのくらいの期間、どの位の温度で管理したらいいのか 良くわからないし、いつごろ植えたらいいのかも難しいんです。なので 冬咲きチューリップを育てたい場合は 冷蔵か冷凍処理された苗か球根を購入するのがおすすめです。
冬咲き球根の販売は大手の種苗メーカーなどでもしています。今回 こちらで紹介するのは 楽天の楽しいガーデニング生活『なごみ』というショップさんの「冬咲きミラクルチューリップ」になります。

冬咲きチューリップについてはこちらの記事でも書いています
チューリップを冬咲きさせる方法は?
10月3日 ミラクルチューリップの注文をしました。
色は濃い紫のパープルプリンスを選んでみました。
11月4日 『なごみ』さんからメールがありました。
内容は
・商品到着予定日時の連絡
・冬咲きチューリップの植え方のポイント その他でした。

 
チューリップの植え方のポイントは土・日除けの仕方・鉢の大きさ・球根の覆土についてでした。

冬咲きミラクルチューリップが届きました!

11月5日 ミラクルチューリップ到着です

さっそく開封。窓の開いた段ボール箱です。
冬咲きミラクルチューリップの球根が届く

お花の写真のポストカードがオマケで入ってました。
おまけのポストカード

育て方のプリント2枚
冬咲きミラクルチューリップの育て方
「冬咲きミラクルチューリップの栽培ガイド」と「冬咲きミラクルチューリップの育て方と工夫」。写真もあって、とてもわかりやすいです。
「冬咲きミラクルチューリップの栽培ガイド」には植え方のポイントと置き場所などが書かれています。「冬咲きミラクルチューリップの育て方と工夫」の方には植え付け初期の管理・植え付け中期の管理・温度をキープするためのコツなどが書かれています。
荷物が来た時ってイキオイで紙類を全部捨ててしまったりしませんか? もしこのプリントをなくしても球根の植え方などは事前にメールで受け取っていますので大丈夫です。心配りのすごいショップさんですね(*^_^*)

球根のアップです。
冬咲きミラクルチューリップの球根
すでに芽が出てますね。
そして外側からはわかりませんが 「根」の部分もかなりスタンバイな状態なはずです。

球根が届いたらできるだけ早く植えてくださいということなので早速 植木鉢に植えることにします。
外径30㎝の深鉢を使うことにしました。普通のチューリップの球根は球根の厚さの2倍くらいの土をかぶせますがミラクルチューリップは、球根が隠れる程度の覆土でいいということなので土を多めに入れています。
冬咲きチューリップを植える植木鉢

球根を並べます。はがれかけている皮は取り除いておきます。
冬咲チューリップの球根を並べる
チューリップの球根はとがったほうが上です。
また 上から見て平らな方の方向を合わせて植えると葉っぱの向きが揃います。
が 今回は平らな部分を内側にそろえて植えてみました。ぐるりと輪になって並ぶ感じですね。

土をかぶせます
冬咲きチューリップの球根に土をかぶせる
先ほども書きましたが、ミラクルチューリップの土は「球根が隠れるくらい」。他のチューリップみたいに深くは植えないでくださいね。でも球根の芽が土から出ていると乾燥や気温の影響を受けますので、球根の芽はしっかり覆ってくださいね。
植え付けたらたっぷりとお水をあげます。
説明書には「植え付け後1週間は毎日しっかりお水をあげてください。水やりをしっかりしないと芽が出るのが遅くなります。その後は2~3日に一回程度水やりをしてください」と書かれています。
植え付け直後の温度が高いと生育が悪くなります。植え付け後の一週間の水やりは水分の蒸散作用で土の温度の上昇を防ぐためです

冬咲きミラクルチューリップは浅く植える
植え付けたらたっぷり水を与える
植え付け後1週間は毎日水やり。その後は2~3日に一回

冬咲きチューリップ 育て方

2017年11月29日 芽がグングン伸びています
左の白い植木鉢が「冬咲きミラクルチューリップ」です。
右側ふたつの紺色の植木鉢は サカタの「アイスチューリップ」です
「アイスチューリップ」の記事はこちらになります。
この時期は高温に注意です。根の生育適温は12℃~15℃です。特に11月前半は日差しが強過ぎるようなら日除けをしてください。

冬咲きチューリップの芽

12月27日 冬咲チューリップのつぼみ
つぼみが見えてくると、今か今かと花開くのが楽しみになってきますね。
12月は低温に注意してください。早く開花させるための適温は10℃~20℃です。気温が低すぎる場合は セロファンで覆ったり室内(明るく温度が高くなりすぎない場所)に移動させるといいです。室内で育てる場合は1~2週間以内が目安です。
水やりは週に2回程度。鉢の表面が乾いたら水をたっぷりをあげてください。完全に土が乾いてしまうと開花に影響が出ますので土の表面が乾くのを目安にしてくださいね

冬咲きチューリップのつぼみ

12月31日 冬咲きチューリップのつぼみが色づく
ここまできたら開花まであと少し。
後列のお花は 前列の葉っぱの隙間や、前列のお花の上から顔をのぞかせています。卒業写真を撮ってるみたいですね(*^_^*)

冬咲きチューリップのつぼみが膨らむ

1月6日 冬咲きチューリップの花
パープルプリンス。濃い紫の一重の花が咲きました。
これから「おめかし」して玄関に移動します。

冬咲きチューリップの花

このチューリップが散ったのは3月中旬。
まるまる2ヶ月玄関で頑張ってくれました。

ご近所さんにも、出入りの業者さんにもビックリされて
ちょっと嬉しい♪

家の壁のリフォームしませんか?って営業に来た人が
途中で営業をやめて「自分も園芸に関心があって…」って
チューリップの話ばかりして帰って行ったり(*^_^*)

今年は寒い時期が長かったので特別長かったのかもしれませんが
とにかく長く咲いてくれるし、話のきっかけにもなるし
値段以上のお得感のあるチューリップでした。

   2018年3月追記

冬咲きミラクルチューリップの商品情報

今回購入した冬咲きミラクルチューリップの情報は以下のとおりです。
(2017年販売のものになります)

【価格】
10球入り 1980円(税込)

【開花時期】
早い場合は12月下旬から
遅くても2月上旬に開花

【育てる場所】
日当たりのいい、なるべく暖かい場所。強い風が吹かない場所。
※積雪のある場所では早期開花はできません
※開花時期は気温や品種によって違ってきます

【品種】
パープルプリンス 濃い紫。早生。一重。30~40cm
サニープリンス 淡い黄色。早生。一重。30~40cm
クリスマスドリーム ピンク。早生。一重。30~40cm
ホワイトマーベル 白。早生。一重。20~30cm
リーンファンデルマーク 赤黄→赤白。中生。変色系。一重。40cm程度
ネグリタ 濃い紫。中生。一重。30~40cm
ワールドフェボリット オレンジ(赤)。晩生。一重。40cm程度
ゴールデンアペルドーン 黄。晩生。一重。20~30cm
イル・デ・フランス 赤(真紅)。晩生。細い美形の一重。40~50cm
ガンダースラプソディ 淡いピンク。晩生。一重。40~50cm

販売は楽天の楽しいガーデニング生活『なごみ』です。
2017年の販売期間は10月01日08時00分~2017年11月14日23時59分
出荷は11月3日~11月16日のみとなっていました。

おわりに

今年の冬の玄関にはちょっと珍しい冬咲きチューリップ。

陽だまりの中のチューリップの画像って、なんだか春っぽくって暖かそう…なんですが実際は北風が吹いたり小雪が舞ったりしています。ホントに寒いです。

でも気温が低いとチューリップの花が長く咲いててくれるので得した感じで嬉しいです(*^_^*)

スポンサーリンク