お雛様の折り紙の簡単な折り方

折り紙のお雛様
3月3日はひな祭り。
行事にちなんだ ちょっとした工作は 作っているときも楽しいものですが、家に飾ったり写真に残したりすると とてもいい思い出になりますね。

今回は 折り紙で折るお雛様の紹介をします。

スポンサーリンク

お雛様を折り紙で折る折り方

折り紙でお雛様を折っていきます。用意するものは 好きな色の折り紙だけです。あとは 出来上がったお雛様に顔を書きたい場合はペンや鉛筆。また どこかに飾ったりしたい場合はセロテープなどを用意して下さいね。

では 作り方を紹介しますね。
①折り紙を一枚 斜めに置きます

②半分に折って開きます

③向きを変えて 半分に折って開きます

④角を一つだけ 中心に向かっております

⑤広げると こんな感じです

⑥下から さっき作った線のところまで 折ります

⑦線のところをつまんで折り目を付けます

⑧斜めに折って 角の部分を折り紙の端に合わせます。

ここは着物の袖になります。

⑨一度開いて

⑩反対側も同じように折ります。反対側の袖になります。

⑪両方開いて

⑫真ん中にの三角の部分を中に折りこみます。ここを折っておかないと三角が飛び出したままになってしまいます。

⑬袖を合わせます。向かって右側が上側になるようにしてくださいね。

⑭頭の部分を後側に折ります

正面から見たところです。

⑮顔の部分を後ろ側に折ります

⑯出来上がりです。

小さいお子さんと一緒のときは 顔を書いてもらいましょう。

小さい子供の書く顔って本当にかわいらしいですよね。

和紙風の折り紙を使ったお雛様の作り方

次はちょっと大人バージョンになります。

100均などで売られている和紙風の模様のついた折り紙を3枚使って作ってみました。

使った折り紙は こんな感じです。

折っていくうちにだんだんとずれてしまうので 最初にセロテープで軽く留めておきます。セロテープを外向きに輪にしてその上に2枚目の折り紙⇒もう一度セロテープを置いて3枚目の折り紙、という風して留めます。

3枚の折り紙は ほんの少しだけずらしておきます。一枚目より二枚目、二枚目よりも三枚目が少しだけ下にずれています。

折り方は 先ほどのお雛様と一緒です。
男雛と女雛を作りました。

箱に入れてみました。

赤い折り紙を敷いてみました。

セロテープで留めたら壁飾りになりそうですね。

小さなお子様と一緒に作る工作、行事の由来、絵が苦手な人でも描けるイラストはこちらから
簡単に書けるイラスト・短時間で作れる工作などのまとめ

終わりに

わが家では 毎年 ひな祭り近くになると 子どもと一緒にお雛様を作っていました。 折り紙のお雛様、工作したお雛様、布のお雛様、今でも色々残ってます。

子どもが小さい頃って 行事のたびに工作したり 行事にちなんだ料理を作ったりしたものですが 最近はチラシ寿司を作って終わり・・・段々と季節感のない味気ない生活になってきているような気がして、子供って生活の中に趣を添えてくれていたんだ、と 今 私の横でゴロゴロしている次女(高3)の顔を横目で見ながら思っています。

スポンサーリンク