ハロウィンパーティーの仮装を簡単に大人の女性でも安く手作り

みんなでハロウィンパーティを開くのはとても楽しみですが「ハロウィンの仮装をしてくること」なんて条件を付けられると、ちょっと困るかもしれません。

でも パーティーに一番大事なのは「楽しむ気持ち」です。形式にとらわれず、みんなで思いっきり楽しんでくださいね。

仮装が初めての人や、奇抜な恰好が苦手な人のためのライトな仮装の仕方をご紹介します。

広告

ハロウィンの仮装をすることになった大人の女性ですが

ハロウィンはもともとキルト民族の習慣がアメリカにわたってイベント化したものです。

ハロウィンのときには、お化けが出てくるので自分もお化けの姿になってお化けから身を守るために、いろいろと趣向を凝らして、怖い恰好をします。

ゾンビや狼男ドラキュラなどが一般的ですが、アニメや映画の登場人物のほかオリジナルのアイデアで楽しむ人もたくさんいます。もちろんハロウィンのおばけジャックオーランタンや黒猫に扮する人も多いですね。

でも女性がハロウィンの仮装をするなら とにかく「魔女」がおすすめです。

魔女のいいところ

・簡単に用意できる

・安く用意できる

・街中を歩いていてもそれほど恥ずかしくない

・終わったらホウキは掃除にも使える

・アニメキャラとは違って、他の人とかぶっても大丈夫

・多分ほかにも「魔女」がいるから 浮いた感じもしない

・でも個性が出せるので「かわいく」も「大人っぽく」もできる

・ポイントさえ押さえれば、何となく魔女っぽく見える

いいですよね~魔女!

では、魔女のためのアイテムをご紹介します。

・黒いドレス

・先のとがった三角帽子

・ホウキか杖

・マント

・先のとがった靴

・目つきの鋭い黒猫

・なぜか周囲を飛んでいるこうもり

こんなにたくさんのグッズをそろえないといけないなんて大変そうですが、全部をそろえる必要はありません。ほんの少しのポイントを抑えるだけで魔女っぽくなれるんです。

mazyo2

ハロウィンの仮装を大人でも安くできる方法は?

ハロウィンの仮装は、子供なら、かわいいものがたくさん売られていますが、大人のものはそんなにはありません。ネットで見かけるものは、それなりの金額がします。一回きりのハロウィンパーティの衣装にお金をかけるのももったいないと思いますよね。

なので、ネットでコスチュームを買わなくてもいい方法で魔女に変身しちゃいましょう。

ハロウィンの魔女に見せるためのポイントは

先のとがった三角帽子

たったこれだけです
さらに、ハロウィン風味にするために

ハロウィンっぽい色を取り入れてみるといいです。

mazyo3
黒・オレンジ・黒っぽい赤・紫などですね。

黒いドレスがあれば一番いいのですが、黒いTシャツに黒いパンツでもいいです。

赤やオレンジを使った小物でもいいですし、紫のウィッグでもいいですね。

片手にホウキを持てば、立派な魔女です。

ハロウィンの仮装を大人風味に手作り

もし、もう少しプラスしたいなら、マントを手作りしてみたらどうでしょうか?

そんなにむずかしいことはありません。

黒の布地を買ってきて、首回りの位置にひもをつけるだけです。

マントの長さは長くもていいし、ケープ位の短いものでもかわいいと思います。

帽子もアレンジ。シールになっているラインストーンでデコったり、大きなオレンジのリボンをつけたり、鳥の羽を飾ったり。星やドライフラワーを飾ってもいいのではないでしょうか。100円ショップに行ったら、面白いものが見つかるかもしれませんよ。

mazyo4

ミシンを使わずに作れる黒マントの作り方は>>> こちら です

kuromanto1

まとめ

「明らかにやっちまった」というくらい、衣装の選択を間違った時には、開き直るのが正解です。

背中に張り紙でもして、乗り切っちゃってください。

「大事なのは気分と気合」とか「コスチュームは見た目じゃない!」とか

「自分不器用ですから」とか「21世型魔女」とか(^_^.)

Happy Halloween!  たくさんの笑顔に満ちた とびきりの一日でありますように!

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA