魚をさばいた手の臭いを消す方法。まな板の臭いや内臓の処理は?

魚料理をした後の臭いが、手に残っていつまでも消えない、なんてことはありませんか?

食事や外出の前だと、なおさら気になりますよね。

簡単にできる、魚の臭いの消し方を紹介します。

スポンサードリンク

魚をさばいた手の臭いを消す方法

秋になると、魚がおいしくなりますが、我が家は家族の帰りが遅く、焼き魚や煮魚は、なかなか箸が進みません。

なので、新鮮な魚が手に入ったら、できるだけ食べやすいようにと、加工します。たとえばイワシは手開きしてつみれ汁にすると、夜遅い食事でも比較的食べやすいようです。

でも、そうして手をかけるほどに、手に残る魚のにおいが とても気になります。

なかなか取れない魚の臭いの取り方をご紹介しますね。

魚の臭いのもとは、手のしわの中に入ってしまった細菌です。

手を石鹸でよく洗う・・・新鮮な魚の場合、それほど臭いがきつく残ることはありませんが、時間とともに細菌は増えていきます。魚をさばいたら、できるだけ早く、石鹸で手を洗ってください。

手の汚れが取れない場合は、ポッカレモンを一滴、手のひらにおとして、よく揉みこんで、もう一度水道水で洗ってみてください。

ほとんど これで臭いがしなくなります。

他にも、柑橘類でこする、コーヒーの出し殻やお茶っ葉の濡れた状態のものでもむ、塩でもむなどの方法もあります。

また、鉄イオンと細菌が反応すると臭いが消えるということで、鉄とクロムの合金である「ステンレス」で手をこすると臭いが消えます。

ステンレスの石鹸も売られています。普通の石鹸と違って減りませんから、一度購入しておくと、ずーっと使えます。100均でも売られていますし、効果は同じですので、見かけたら買っておくと便利ですよ。
(ステンレスは、水道の蛇口やシンクにも使われていますので、蛇口やシンクに手をこすりつけても同じ効果があります)

魚をさばいた後のまな板と臭いはどうしたらいい?

魚をさばいた後のまな板の臭いも気になりますね。

中性洗剤できれいに洗って水でよくすすいだ後、塩でこすり洗いをしてみてください。

それでも取れない場合は、手の臭いと同様に、柑橘類をこすり付けると臭いが取れます。薬味に使ったスダチやカボス、みかんの皮などを使うといいですね。

まな板は、一度水で濡らして、軽く水けを拭き取った状態で使うと、臭いが つきにくいです。

スポンサードリンク

魚の内臓の臭いを無くすための処理の仕方

魚をさばいた後の、骨や内臓は、ごみ箱に入れておくと、生臭い臭いのもとになります。ごみの収集日までの間、我慢しなくてはいけないのもストレスですね。

内臓などは、ポリ袋に入れて、ごみ収集日まで、冷凍しておくと、腐敗や臭いを気にする必要がなくなります。

ゴミ収集日には、忘れないように出してくださいね。

まとめ

なま物を扱った後は、まな板を熱湯で消毒することも多いと思います。

タンパク質は高温で固まる性質がありますので、洗わないままで、まな板に熱湯をかけると、タンパク質が固まってしまって、汚れも臭いも取れにくくなります。

必ず、中性洗剤と水できれいに洗って、軽く拭いてから熱湯をかけるようにしてくださいね。その時に包丁や、スポンジにも熱湯をかけておくと一緒に消毒ができます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA