部下から来たお歳暮のお返しとお礼状のマナー。お返しの相場は?

部下からのお歳暮にお返しはしたほうがいいのか?お返しをするなら相場は?お返し以外で気持ちを伝える方法は?必ずしたほうがいい事は?

部下のお手本になるように社会人としてのマナーは押さえておきたいですね。ワンランク上を行く上司を目指しませんか。

広告

部下から来たお歳暮のお返しはいらない?

最近は、お歳暮禁止の企業も増えてきているようですが、年末の挨拶やお礼としてお歳暮を贈る方もまだまだたくさんいらっしゃいます。

会社の部下の人からお歳暮をいただいたときには、お礼状やお返しはどうしたらいいのでしょうか?

お歳暮は、基本的に

目下の人から目上の人へ

一年間の感謝の気持ちを

贈るものです。

ですので、部下の人からいただいたお歳暮には、お返しはしなくても構いません。

部下の人が持ってくれている「感謝の気持ち」をしっかり受け取ってくださいね。

お歳暮のお礼状を出す時のマナーは?

年末は、受け取るお歳暮の数も多いのではないかと思いますが、部下の人からのお歳暮でも業者さんからのお歳暮でも、いただいたお品については、必ずお礼状を出すようにしてください。

文面はごくシンプルな紋切り型のもので構いません。これで、お歳暮を贈った人も「間違いなくお歳暮が届いた」と確認できます。

拝啓 今年もいよいよ押し迫り、慌ただしい季節になってきましたが、(皆様)いかがお過ごしでしょうか。

さて、このたびは、結構なお品をいただきまして、ありがとうございました。

(商品の感想をひとこと:●●は我が家ではいくらあっても足りない品ですので この冬は贅沢に使わせていただきます。●●は我が家全員大好物でさっそくおいしくいただきました、など)

年末年始と、何かとお忙しいとは思いますが、どうぞお体に気を付けてお過ごしください。

とりあえず、書中にてお礼申し上げます。                敬具

前略 このたびは結構な品をいただきありがとうございました。

今年度新たに始めた●●のさらなる拡販のために、お互いに頑張っていきましょう。

寒さもこれから、体には十分気を付けてお過ごしください。

まずは、お礼まで。

奥様が旦那様の代わりにお礼状を書く場合は、送り主の旦那様の名前の横の下のほうに小さく「内」と書いてください。

また、お礼状は紋切り型でもいいのですが、できたら一言お歳暮の品の感想を書くと、贈った人も安心すると思います。上司にお歳暮を贈るって とてもドキドキすることですから。

まったくの余談で恐縮ですが、主人は、昨年の年末に我が家に毎年「南高梅の梅干し」を贈ってくださる方から「まだ届いていないんですか?」と不思議な質問を受けたそうです。それで、配送会社の手配ミスがわかり何日か後に、無事に梅干しは我が家の食卓にのりました。・・・お礼状必要ですよね☆



広告

お歳暮のお返しをするときの商品と相場は?

部下の人からお歳暮をいただいたら、お礼状を出せば十分だし、お返しの必要はないと思いますが、お返しをしたいケースもあるかもしれません。

もちろんお返しをするか、しないかに、絶対的な答えはありません。職場の人間関係によっても違ってきますので、より良い人間関係を築いていける方向でどうするかを決めるのがベストなのではないかと思います。

もしお返しをする場合の目安は、いただいた品の同額程度が一般的です。あまり奇をてらったものではなく、普段使いの消えものがいいのではないでしょうか。

お返しをする相手に合わせてお品を選びたいなら…

いつも小さなことにもよく気が付いて、職場の要になっているような女性なら日頃の疲れを取ってもらうために
・有名店のアイスやジェラート
・高級ブランドのチョコレート

元気でムードメーカーの若手の男性なら さらに気力をチャージしてもらうために
・本物志向のビール
・こだわりのハムやソーセージ

などはいかがでしょうか?

【お歳暮やお中元に関する記事】
部下から来たお歳暮のお返しとお礼状のマナー。お返しの相場は?
お歳暮は嫁ぎ先と実家の両方に必要?実家のお歳暮は年始の時に渡してもいい?
お中元お世話になった人へ送る場合。おすすめギフトと添え状の書き方
仲人さんへのお中元やお歳暮。やめどきは?タイミングを逃した場合は?
お中元をやめるタイミングは?手紙は必要?お歳暮とどちらか片方は?

まとめ

私は、どんなことでも、人間関係の潤滑油になればいいと思っていますので、利用できるものはどんどん利用したほうがいいのではないかと思っています。

手紙や電話でお礼を言うことはもちろん必要です。そのうえで、お返しの品を贈るのではなく、一緒に食事をして、イロイロ話をしたり、時間がない場合なら差し入れをしたり。そんなお礼の仕方もいいような気がします。

コミュニケーションは、部下を育てるためにも必要ですよね。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA