買った揚げ物を温めてサクサクに!温め直しは電子レンジ?オーブントースター?

agemonowosakusakuni
テイクアウトのクリスマスチキン、時間がたってぐんにゃりしたポテト、前日の残りやお惣菜の天ぷら。

揚げ物を温めなおして美味しく食べるための方法をご紹介します。

買った揚げ物を温めてサクサクにするには

食べ物を温めると言えば電子レンジですね。でも電子レンジで揚げ物を加熱するとべちゃべちゃになってしまいます。

サクサクとした揚げ物にしたいなら、電子レンジよりもオーブントースターのほうがおすすめです。

■揚げ物をサクサクに温めなおす方法

1.オーブントースターを前もって温めておく

2.アルミホイルを一度くしゃくしゃにして、広げる。この時完全に広げるのではなく、くしゃくしゃが残る状態で広げてください。

3.揚げ物をアルミホイルにのせて、加熱

4.片面がいい感じになってきたらひっくり返す

5.焦げそうな場合は上からアルミホイルをふんわりとかぶせる

6.温まったら出来上がりです

お惣菜のコロッケやアジフライ、唐揚げなど普段よく買うもの全般、これで大丈夫です。

アルミホイルの皺の部分に油が落ちますので、カラッと仕上がります。

揚げ物が大きい場合の温め直しは電子レンジで

上の方法では、うまく温まらない場合もあると思います。

たとえば…

・クリスマスチキンなどの大きなもの

・オーブントースターにパワーがない

・急いでいる

などの場合は、前もって電子レンジで、軽く温めてからオーブントースターで仕上げてください。

ただし 電子レンジで加熱するときは、少し温め足りないくらいで止めておくのがポイントです。

・電子レンジで食品を温めると水分の摩擦で食品は内部から発熱します。

・外側が温まっていなくても中心部はもう温まっていることがあります。

電子レンジで温めすぎると、食材が固くなる場合があります。

前もって電子レンジで温めるときは、自動ではなく、様子をみながら手動で温めるようにしてください。

スポンサードリンク

揚げ物の温め直しをオーブントースター以外のもので

「オーブントースターにつきっきりは面倒なんですが」という方にはフライパンがおすすめです。

以前「丸亀製麺」といううどん屋さんのリーフレットで見た天ぷらの温め方です。

1.フライパンを軽く温めます。油は敷かないでください。

2.天ぷらの両面を1分ずつ温めてください。

フライドポテトなどもこの方法で温めると簡単に復活します。

天ぷらの衣から油がにじみますから、油は敷かなくても大丈夫です。

長いもの・細いもの・平たいものなら「両面1分」ですが、大き目のモノなら、こちらも前もって軽くレンジで温めておいてください。


関連記事
◆包丁なしでできるサラダの作り方です
→→まな板や包丁を使わない料理やサラダ。生で食べれる野菜は?

◆大急ぎでもう一品!ウナギのタレでできる簡単レシピは
→→うなぎのタレが余ったときの簡単レシピ。炊き込みご飯と豚丼

その他

●お持ちのオーブンレンジに、揚げ物の温め機能がついている場合は、それを使うのが一番簡単かもしれません。
揚げ物の温め機能の場合は自動で「レンジで温め」から「グリル調理」に切り替わります。揚げ物の量や温度によって調理時間も自動で設定されます。

全部オマカセで、外はさっくさく、中はアツアツに仕上がります。仕上がりの好みが選べるタイプのものもありますね。

●LIONの「チンして油を吸い取るシート」は、再加熱するときに油を吸い取ります。帰宅の遅い家族がいるご家庭で1人分の食事を用意をするときに便利です。

関連記事
◆スーパーのお惣菜の利用のコツや食費の節約についてはコチラの記事から
→→一人暮らしの食費を節約するためのポイント。自炊やスーパーの惣菜の利用のコツ

◆寝る前に食べても太らないメニューはこちらから
→→夜食のレシピ 簡単ヘルシーな受験生にぴったりの太らないメニュー

まとめ

うどん屋さんの天ぷらってついつい食べ過ぎてしまいますね。で、おなか一杯になって「もういいや~今晩も天ぷら~」なんて思って、天ぷら買って♪!

帰宅して、丼かうどんを作って、その上に天ぷらをチョイとのせて出来上がり♪

うわっ 今日も手抜きしてしまった…

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA