七草粥が苦手な人のための代用レシピ。春の七草の栄養素は?正月に食べ過ぎた胃もたれを解消するには?

お正月が終わり、一息ついた頃にスーパーに行くと、「七草粥セット」を目にするようになります。つい買って帰って「七草粥」作らねばという気持ちが盛り上がったりしませんか?

でも、家族が七草粥が苦手だと、ちょっと困ってしまいますね。

七草粥の代わりになる代用レシピをご紹介します。

広告

七草粥が苦手な人のための代用レシピ

七草粥は、多くの地域では1月7日の朝に食べられていますが、それ以外の日に食べる地域もあります。

また、「七草粥」の作り方もさまざまで、大豆を入れたり お餅を入れたり、根菜がメインだったりと様々です。

ところで 七草粥が苦手な理由は何でしょうか。

もしも おかゆの食感が苦手な場合は、春の七草を普段のメニューにさりげなく加えてみてはいかがでしょうか。

たとえば、細かく刻んでお浸しや浅漬けにしたり。

お味噌汁の具にしたり。

「今日は七草のお味噌汁だから残さず食べてね」の一言は お忘れなく。

春の七草の栄養素の代わりになるもの

行事食には家族の幸せや健康を願う意味がこめられています。

もしも、お正月の間の不摂生で体調が今一つなら、この機会に体をリセットしませんか。

もともと春の七草には、たくさんのビタミンやミネラルが含まれています。

でもスーパーで買った七草セットでは、栄養不足を解消するには、ちょっと役不足ですね。

ごちそうを食べ過ぎて栄養が偏っているなら

お正月のごちそうはタンパク質と炭水化物が中心になりがちです。体の調子を整えるために、まず緑黄色野菜を食卓に並べてみてください。

・小松菜

・ホウレンソウ

・人参

・かぼちゃ

・ブロッコリー

などには、カロチンの他 たくさんの栄養が入っています。たくさん食べて新しい年のスタートを切ってくださいね。

食物繊維の不足には

食物繊維が不足していると感じるなら切り干し大根、大豆、納豆、かぼちゃ、牛蒡、ブロッコリー、サツマイモを使った料理がおすすめです。

ひとつの食材だけではなく、たくさんの種類の野菜を食べるようにするといいです。

体重計に乗りたくない状態なら

お正月に ちょっぴり食べ過ぎたかな、という場合は 何日かカロリーセーブで。そして いつも以上に体を動かしましょう!

広告

正月食べ過ぎの胃もたれを解消するには

お正月に食べ過ぎたり飲みすぎたりして胃が弱っているなら

消化のいい食材を柔らかく煮て食べると、胃の負担が軽くなります。

春の七草にも使われている「すずな(かぶ)」「すずしろ(大根)」は、弱った胃にやさしい野菜です。

かぶには、アミラーゼが含まれていて消化を助けると言われています。

大根にも、ジアスターゼという分解酵素が含まれていて、消化を助ける働きをします。ただしジアスターゼは加熱に弱い性質があります。消化酵素を活性化するためには大根おろしで食べるのが一番効果的です。

キャベツに含まれるビタミンUは、胃酸の分泌を抑えて胃の粘膜を守る働きがあります。やわらかく煮てたくさん召し上がってくださいね。

七草粥代用のおすすめレシピ

七草粥の代用料理なら 栄養不足が補えて、疲れた胃に優しいものがいいですね。

何種類もの緑黄色野菜と すりおろし大根をたっぷり使った「みぞれ鍋」はいかがでしょうか。

簡単にできるレシピをご紹介しますね。

七草みぞれ鍋

材料
・七草セット

・大根(たっぷりすりおろしておく)

・野菜(ホウレンソウ・小松菜・人参・春菊・白菜など。人参は薄く切るかピーラーで削いでおく)

・きのこ

・肉や魚介

作り方
1.七草セットは、ゆでて、刻んでおく。

2.鍋にだし・醤油・みりん・酒を入れて沸騰させる

3.火の通りにくいものから煮ていく

4.煮えたら火を止め大根おろしを入れる

5.刻んだ七草をトッピングする

6.お好みの薬味とポン酢でどうぞ

ローカロリーにしたい場合は、肉は鶏肉、魚は鮭や白身の魚を使ってください。


間違っても こんなに食べちゃダメですよ(*^_^*)↓

…胃弱の私としてはうらやましい限りの食べっぷりです

◆消化のいい食材は>>> こちら にまとめています

◆土鍋で炊いたおいし~いご飯の作り方は>>>こちら です

まとめ

我が家の行事食の中で、たぶん一番喜ばれていないのが「七草粥」。

唯一、一緒に食べてくれていた長女は、今は県外。おかゆよりもご飯が好きな夫と次女は、ほとんど戦力外。大量に作っても残ってしまうのは必至。

でも やらねばならない!

この一年の 家族の無病息災を祈りつつ…

はい。嘘です。ただの行事オタクです。

全て私の自己満足のためです。

広告