山の日が加わった2016年のカレンダー。今年から祝日が一日増える!

2016年から国民の休日が増えます。8月11日「山の日」です。

ちょうどお盆の時期にあたり、連続して休みをとりやすくなる職場も増えるかもしれませんね。

2016年の祝日とイベントをまとめてみました。

山の日が2016年のカレンダーから国民の休日になりました

「山の日」は8月11日。この日が加わることで国民の休日は16日になります。

2016年のカレンダーは、下のようになります。

2016年の祝日とイベントをカレンダーで見てみると…

◆1月
1日 元旦
11日 成人の日

10日11日が連休です。

年賀状は一般的に松の内(1月7日)位まで。それを過ぎた場合は寒中見舞を年賀状の代わりとして挨拶をしてください。また、寒中見舞いは節分までで、立春以降は余寒見舞いになります。

◆2月
11日 建国記念の日

3日が節分です。2016年の恵方は南南東になっています。節分の翌日は立春で暦の上では春です。

14日はバレンタインデーです。

2016年はうるう年ですので2月29日までです。

◆3月
20日 春分の日

3日はひな祭り、14日はホワイトデーです。

20日が春分の日で翌日(月曜日)が振替休日になります。

◆4月
29日 昭和の日

平年桜の開花予想は九州3月23~26日 中国四国3月22~29日 近畿3月26~4月2日 東海北陸3月25~4月9日 関東甲信3月26~4月13日 北海道東北4月9日~5月6日となっています。

◆5月
3日 憲法記念日
4日 みどりの日
5日 こどもの日

2016年は3.4.5の3連休。8日は母の日です。

◆6月
祝日はありません

19日は父の日です。
21日の夏至は一年で一番夜が短い日です。

◆7月
18日 海の日

2016年は土用の丑の日が一回だけです。7月30日になります。

◆8月
11日 山の日

11日は、今年から加わった「山の日」です。どんな風に過ごしますか?
夏季オリンピックが開催されます。5日~21日です。

7日が立秋ですので、これ以降は残暑見舞いになります。

◆9月
19日 敬老の日
22日 秋分の日

パラリンピックが開催されます。7日~18日です。

15日は中秋の名月です。

◆10月
10日 体育の日

31日はハロウィンです。

◆11月
3日 文化の日
23日 勤労感謝の日

15日は七五三です。

◆12月
23日 天皇誕生日

21日は冬至です。

24日はイブ。25日はクリスマスです。

31日は大晦日です。

2016年のビッグイベントは、何と言ってもリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックですね。

オリンピックは8月5日から21日まで。パラリンピックは9月7日から18日までです。

リオデジャネイロと日本との時差は11時間。ほぼ半日のずれがあります。眠れない夜が続きそうですね。

もうひとつ世界が注目しているのがアメリカ合衆国の大統領選挙ですね。

アメリカ大統領は2期以上の継続ができませんので、バラク・オバマ大統領は今期限り。各党の全国大会が7月。大統領と副大統領が正式に決定するのは来年になってから。長い長いアメリカの選挙戦が始まりますね。


2016年の日曜祝日の数は増える?

さて、最後に気になる休日の数をざっと見てみましょう。

2016年は、あまりまとまった休日がありません。

3連休が最高で、5連休が2度もあった2015年に比べると かなりさびしい感じです。

でも、祝日が一日増えたんだから、日祝日の合計が増えているかというと、そうでもなく

日祝日の数を比較すると(土曜日はカウントしていません)

2015年・・・68日

2015年・・・68日

と同じ数です。

同じ数なんだからいいような感じですが、まとまった休みがないのは、なんだか残念ですよね。

まとめ

まとまった休みのない2016年ですが、今年の計画は、もう決まりましたでしょうか?

我が家は、山の日も自宅でテレビ視てるような気がします。オリンピックもあることですしね。

スポンサーリンク







フォローする

グーグル関連コンテンツユニット