浴衣の手入れ洗濯の仕方。アイロンとたたみ方

yugatanoairongake
浴衣は 脱いだ後は、浴衣ハンガーにかけて、風を通しますが 浴衣の季節が終わったら スッキリと汚れを落としてきれいに畳んで片付けたいですよね。

「でも洗濯の仕方はどうするの?」

「アイロンかけても大丈夫?」

って心配になりませんか。

お気に入りの浴衣。来年も気持ちよく着るために、浴衣の洗い方・しわの伸ばし方・畳み方をまとめました。

広告

浴衣の手入れをしたいけど洗濯の仕方は?

まず、洗濯表示のタグをみてください。
水の入った洗面器にバツマークが付いているものは「水洗いできません」というマークです。絞りや絹などの高級浴衣の場合のこのマークがついています。着物のことに詳しい専門店に依頼してください。

でも たいていの浴衣は、自宅で水洗い出来ます。浴衣を洗うときには次のことに注意してくださいね

・浴衣は色移りの心配がありますので、他の洗濯物と洗わない

・お湯を使うと、色移りする可能性が高くなるので、水で洗う

・普通の洗濯洗剤ではなく中性洗剤を使う(おしゃれ着洗いとして売られているものです)

・長時間濡れているのは、色移りの原因になりますので、手早くすること

注意事項をよく確認したら、いよいよ浴衣を洗っていきます。

浴衣の洗い方
1.型崩れを防ぐため エリをザックザックと簡単に縫っておく

2.汚れが付いている場合は前もって部分洗いをしておく

3.洗い桶や洗面ボールなどに中性洗剤を溶かして、たたんだ浴衣を入れて押し洗いをする。

4.汚れが気になる部分は、かるーくこすり洗いをする

5.すすぎをする。水を替えて2回ほど。

6.バスタオルにはさんで水分を吸い取る

7.まだ濡れている状態で、裏返して陰干しする

押し洗いする場合は、あくまでも優しくそっと。すすぎをする時も同様に押し洗いで、そっとそっと。

浴衣を干す場所があるようでしたら、物干し竿を使うのがベストです。日光に当てると色落ちしますので、日陰で陰干しをしてください。

干すときは生地を引っ張ったり、シワをパンパンと叩いたりして できるだけシワをとるようにしてください

乾いたら取り込んで、アイロンをかけましょう。

広告

浴衣の手入れアイロンをかけてもいいの?

浴衣にアイロンをかけるのは、とっても面倒くさいです。

なので、前章の生地を引っ張ったり、シワをパンパンと叩いたりして できるだけシワをとるようにしてくださいの部分は絶対に手を抜かないでください。

うまくいけば 気になる部分のアイロンだけで済むかもしれません。

まず、タグを確認してアイロンの絵にバツ印(アイロン禁止のマーク)がついていないことを確認して下さい。

確認したらアイロンをかけていきます

アイロンのかけ方
(アイロンの基本は、どの場合でも同じです)
・素材に適した温度でかける
・テカリが気になる場合は あて布をするか、裏返してアイロンをかける
・細かい部分からかける

浴衣の場合なら順番は、エリ➔袖➔身ごろ となります。

浴衣の広い部分にアイロンをかけたいときは、あて布をするよりも裏返してからかけた方が早いです。

素材に適した温度は、タグで確認して下さいね。麻や綿は高温でもOKですが、化学繊維の浴衣は高温に弱いので中低温になります。注意してくださいね。

綿や麻の浴衣なら・・・霧吹きでしっとりと湿らせてから高温で

化学繊維なら・・・あて布をするとか、中温か低温でとかの表示がありますので必ず、守ってくださいね

アイロンをかけた浴衣は、まだ熱や湿気が残っている間はシワがつきやすいので すぐに浴衣ハンガーにかけてください

湿気が完全に取れたら たたみます。

浴衣のたたみ方がわからない

「毎年 自己流でたたんでいるんだけど、浴衣のたたみ方ってよくわからない」という場合もあると思います。

きちんとたたんだ浴衣はシワにならないので、来年着るときもノーアイロンでそのまま着ることができます。

実際にやってみると、拍子抜けするくらい簡単ですので、ぜひマスターしてくださいね。

浴衣ハンガーの代用品として

浴衣ハンガーは、呉服屋さんに行けばありますが、ホームセンターや100円ショップなどでも購入できます。

もし、買い忘れた時の代用品として、棒で作る方法を紹介しますね。

・棒(120~140センチ)と50センチほどの紐(ひも)を用意します。

・棒の中心に点を打ちます。点から左右に5センチほどの場所に点を打ちます。

・紐の両端を左右の点の場所に結びます。

wahukuhanga-

紐は、ビニール紐でもなんでもいいです。

【関連記事】
子供の浴衣のサイズの選び方は?着付けはどっちが上?帯の結び方は?

natunokurasi 夏の食材・紫外線や暑さ対策・大掃除・虫対策・ペットのことなどをまとめています
>>夏のくらしの記事まとめ

まとめ

とにかく 一番手がかかるのは、「アイロンがけ」です。
浴衣は アイロンをかける面積が大きいので、なかなか終わりませんし、しかも、扱いづらいです。アイロンがけが得意でない方は、できるだけアイロンをかけなくてもいい方法を選んでくださいね。

広告