足の巻き爪が痛い!テーピングの仕方と自宅での予防と対策

最近、巻き爪の人が増えてきています。

自覚症状のない人も含めると日本人の10人に1人が巻き爪だという説もあります。

重くなると、手術が必要になってくるケースもあります。症状の軽いうちに対処しておきましょう。

スポンサードリンク

足の巻き爪が痛い!どうしたらいいの?

まず 痛い巻き爪の基本的な対処方法をふたつ紹介します。

「爪の切り方」と「痛い部分にコットンをはさむ方法」です。

巻き爪の場合の爪の切り方

巻き爪は痛いので、爪を極端に短く切る人がいるようです。けれども、深くカットすると爪はますます丸く巻いてしまいますし、皮膚に深く食い込んでしまいます。

爪を切るときには 指からはみ出している部分だけを横にまっすぐに切ってください。

makidumenokirikata

これをスクエアカットと言います。足の指をまっすぐにカットするための専用の爪切りで切ると切りやすいです。

巻き爪で痛い部分にコットンをはさむ方法

小さなコットン(綿)を爪と皮膚の間にはさんで、直接爪が触れないようにすると、痛みがやわらぎます。

makidumenosyoti

①コットンをほんの少し用意します(綿棒の先をほぐして使ってもいいです)

②米粒ほどの大きさに丸めます。

③爪が皮膚に食い込んでいる部分に押し込みます。先のとがったピンセットを使うと作業が楽です。

無理にすると爪が割れてしまいますので、爪が柔らかいとき(お風呂上りなど)にしてください

コットンの大きさは、症状によって違います。早く治そうと大きなものを入れると、かえって痛くなったり腫れたりしますので、ごく小さくしたものから始めてみてください。

腫れていたり、化膿しているときは、症状が落ち着いてからにしてください。

軽い巻き爪なら 足の爪をスクエアカットにしたり、コットンをはさんだりすることで、改善していきます。

足の巻き爪の痛みをテーピングでやわらげる

コットンがはさめないような場合は、テーピングをしてみてください。

テープで皮膚を引っ張って、爪から皮膚を離しますので、痛みがやわらぎます。

テープは伸縮性のあるものと伸縮性のないものがあります。

購入するときは「伸縮タイプ」か「非伸縮タイプ」かを見て 必ず「伸縮タイプ」を選んでくださいね。

動画の中で「らせん状にテープを巻く」と言っています。

斜めに巻いてくださいということですね。

きつめにテープを巻きますので、横にまっすぐにグルッと巻いてしまうと血管を締め付けてしまいます。必ず「らせん状にテープを巻く」ようにして血行を妨げないようにしてください。

足の巻き爪の予防と対策は?

原因がわかると予防と対策もわかりますね。巻き爪になる原因をあげますので、当てはまるものをチェックしてみてくださいね。

・爪を圧迫する・・・きつい靴やハイヒールをはくと爪を圧迫しますので、爪が変形しやすくなります。特に長時間立って仕事をする人は負担も大きくなります。できるだけ足先に余裕がある靴やヒールの低めの靴を選ぶようにしてください。サポート力の強いストッキングもよくないです。

・爪に負担がかかる・・・スポーツも爪の負担になる場合があります。特に舞踊やバレーボールやバスケットボールなど飛び上がったり、つま先を酷使することで爪の変形の原因になります。

・体重の増加・・・妊娠や急に体重が増加した場合も爪に負担をかけることになります。

・けがなど・・・爪をぶつけたり はさんだりがきっかけで、爪が変形するケースもあります。

・歩かない…爪はもともと少し内側に巻くようになっています。そして歩くことで、足の裏側からの圧力がかかり、爪は足の指に沿った形に落ち着いています。けれども歩くことが少ない生活をしていると圧力がかからないので、爪の巻き方はどんどん進んでいきます。歩かなくなった高齢者や寝たきりになった人に巻き爪の人が多くみられますが、デスクワークの人の中にも巻き爪の人が多いようです。

・遺伝・・・どうしても巻き爪になりやすい爪の形というのもあります。たとえば爪自体がもともと薄かったり、もともとが巻き爪っぽい形だったりする場合です。もし、ご両親が若いころから巻き爪だという場合は用心したほうがいいかもしれません。

・加齢・・・年齢とともに爪は硬くなり、しなやかさがなくなり縮んでしまいます。なので、どうしても皮膚に食い込みやすくなってしまいます。まただんだんと歩く機会も減っていって、巻き爪になりやすくなります。

・水虫・・・水虫というと足の指の間にできるものだと思いがちですが、爪も水虫になります。足の親指が感染することが多く爪の色が白く濁った感じになります。また爪にいくつもの筋が入ったり爪が厚くなったりします。そのままにしておくと だんだんボロボロになっていったり爪の形が変わってきます。水虫で爪の形が変わると巻き爪の原因になります。

爪水虫は かゆみがありませんので、そのまま放置するケースが多いのですが、水虫は感染しますので他の指に水虫が移っていきますし、家族にもうつる可能性があります。

足にできる水虫の記事は >>> こちら から 

巻き爪の症状が重い場合は病院で診てもらってください。

「爪」は「皮膚の角質が固くなったもの」ですので、まずは「皮膚科」の受診になります。

まとめ

巻き爪が指に食い込むと痛いですよね。特に化膿してしまうと、靴も履けない痛さ!

夏はサンダルでしのげても、冬はそうはいかないし、パンプスを履かないといけないシーンでは、足の指の痛みばかりが気になってしまって…

巻き爪用のグッズもいろいろ販売されています。種類や価格もいろいろです。「巻き爪 矯正 グッズ」などで検索してみてください。

爪の状態は 人それぞれです。 自分と同じ症状の人の感想やレビューを参考にすることをおすすめします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA