子どもと海に行くときの持ち物と注意点。何歳から海に行っていいの?

kodomotouminiikutokinomotimono1

今年の夏 子どもが海デビューするご家庭もあると思います。海水浴にはまだ早いような幼児でも小さなカニを捕まえたり、砂で遊んだり、海には楽しいことがいっぱいです。

子どもと海に行く時に持って行ったら便利なものや、注意することをまとめました。

スポンサーリンク

子どもと海に行くときの持ち物リスト

それでは さっそく「海に子どもといっしょに行く時の持ち物リスト」にいきたいと思います。

絶対に用意するもの
・水着

・着替え ・・・濡れたままでいると、体が冷えて風邪をひきます

・長袖の上着 ・・・日差しをさえぎったり、体が冷えるのを防いだりするときに

・サンダル ・・・バンド付きの脱げにくいものがおすすめ

・帽子 ・・・飛んでいかないように工夫を

・バスタオル ・・・海からあがったらまず体をふいてあげてください

・タオル・ミニタオル ・・・2.3枚は必要

・サングラス ・・・意外と目からはいる紫外線は強いです

・日焼け止め ・・・ ベビー用の刺激のすくないものを。塗り残しのないように丁寧に塗ってあげてください。

・水遊び用のパンツ ・・・普通のオムツはNGです

・お菓子 ・・・子どもの必需品

UV効果の高いラッシュガードを使う人も最近は増えています

あったほうが便利なもの
・保冷剤 ・・・日焼けした部分を冷やしたり

・保冷バッグ・保冷ボックス ・・・冷たい飲み物や冷たいお絞りを常備

・ビニール袋 ・・・濡れたものを片付けるときに

・うちわ

・ジップロック ・・・スマホやデジカメを入れると、水にぬれなくてすみます

・ウェットティッシュ・・・あると便利

・ペットボトルの水 ・・・ちょっと手足を洗ったりするのに便利

ペットボトルを凍らせて、保冷ボックスに入れて持って行くと、海で冷たい物を飲むことが出来ます。

遊ぶもの
・浮き輪 ・・・アーム浮き輪やライフジャケット風の浮き輪もあります

・砂場セット ・・・水で遊ぶよりも砂で遊んだほうが楽しいかも

・小さなバケツ ・・・小さなカニやエビやヤドカリを捕まえて入れておく。帰るときには元にもどしてださいね

・おもちゃ ・・・休憩中に

ケガや病気に備えて
・保険証・母子手帳

・消毒液・除菌ティッシュ

・絆創膏

・冷却シート

・常備薬

快適な空間をつくる
・レジャーシート ・・・大きなものがおすすめ

・テント・ビーチパラソル・タープ・サンシェード

・日傘

ワンタッチテントがあると着替えたりオムツ替えの時に便利です。

小さな子供の場合は途中で眠ってしまうこともあります。ベビーカーがあると楽ですよ。


スポンサーリンク

子どもと海に行くときの注意点

一番の注意点は、常に子どものそばに居て絶対に目を離さないことです。

暑い場所にいるわけですから水分補給にも気をつけてください。

また、海からあがったらすぐに体を拭いてあげてください。気温は高くても海の風が強いと、あっという間に体の熱が奪われてしまいます。

前もって確認しておくといいこと

・近くにコンビニがあるか
・トイレやシャワーはあるか
・更衣室やコインロッカーはあるか
・休憩できる場所や海の家はあるか

子どもが海に行くのは何歳から?

kodomotouminiikutkinomotimono

子どもって いつから海に連れて行って大丈夫なの?と不安になるママもいるようですが、その子どもに合わせた計画を立ててさえいれば、小さな幼児でも海を楽しむことは出来ます。

肝心なのは無理をしないことです。

「せっかく海に来たんだから」と思うかもしれませんが子どもが小さい頃は 海遊びは短めに

人混みの多い時間帯や、一番暑い時間帯も避けるようにしてくださいね。

そして 体調が悪かったり、天気があやしいようなら断念する気持ちも大事です。

チャンスは又ありますから(^^)

【関連記事】
◆海やプールで遊ぶアイデア
>>幼児の水遊びのおもちゃ。意外なアイデアや手作りおもちゃで楽しく遊ぼう

◆日焼けした時はすぐに処置を
>>日焼けのヒリヒリの治し方。お風呂は?赤いのや痛いのを抑える方法は?

◆日焼けがひどい時はどうしたらいいの?
>>日焼けのかゆみの対処法。子どもの肌がカサカサ。市販薬で大丈夫?

◆紫外線で目がしょぼしょぼした時は
>>紫外線が目に入ると日焼けする?しょぼしょぼするときの対応と予防

幼児の水遊び・日焼け・帰省・自由研究などの一覧です
>>夏の子育ての記事まとめ
夏の体のトラブルの一覧です
>>夏の体のトラブル記事まとめ

まとめ

我が家の次女は7月生まれ。ちょうど歩き始めた時期に海デビューをしました。もちろん泳げるはずもありませんのが、本当に嬉しそうに夢中で砂で遊んでいる写真が残っています。

砂遊びの大好きだった次女には、海は巨大な砂場だったようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA