犬の散歩に夏のアスファルトは危険。おすすめの時間と暑さ対策

犬は散歩が大好きですよね。運動不足の解消やストレス発散の為にも大切ですが、それよりも散歩の時の嬉しそうな表情を見ると、どうしても連れて行ってあげたくなりますね。

でも、犬は熱いのが大の苦手。夏のお散歩の時は、他の季節よりも気配りが必要になってきます。



犬の散歩に夏のアスファルトは危険

日中、アスファルトを触ると、焼けるように熱くなっています。

真夏のアスファルトは50~60℃にもなります。

犬は地表から近い場所にいますので、私達人間よりも暑さをダイレクトに感じることになりますし、この熱いアスファルトの上を歩くと犬の肉球は火傷をしてしまいます。

最近は、気温の上昇も以前とは比較にならないので、夕方 陽が落ちてからもアスファルトの温度はなかなか下がりません。


日中お留守番するワンちゃんのための記事は>>>こちらから

犬の散歩をするなら夏はこの時間

もちろん、アスファルトだけではなく、気温そのものも問題です。

犬は、ヒトと違い 汗をかいて体温を調節することが出来ません。犬の汗腺は肉球にしかないんです。

なので、犬は口から舌を出してハアハアと息をしながら体温を調節します。

多くの犬が暑さにとても弱いので、熱い時間帯や長時間の散歩は犬の体のためにはよくありません。

特に子犬や老犬・寒い地方が原産の犬は要注意です

また、ブルドッグ、シーズー、パグなどの鼻の短い種類を短頭種といいますが、この種類の犬は呼吸がしづらく、体温調節が苦手です。熱中症などにもなりやすいので、暑い時間の散歩は絶対に避けてください。

病気の犬や気管支の弱い犬も同様です。



散歩をするなら一番のおすすめは、朝早い時間帯です。

夏なら5時くらいになると、外は明るいので、その時間から日の出まで。

太陽が出てくると、気温がドンドン上昇して、地面の温度が上がってきます。

でも、朝早く起きるのも大変ですよね。

早朝が無理なら、日が沈んで少し時間が経ってから

アスファルトに触れてみて温度が下がったのを確認してから散歩に行ってくださいね。散歩の時間も他の季節よりも短めにしてください。

スポンサードリンク

犬の夏の暑さ対策

お散歩には、日頃のコンディション管理も大事になります。

夏の間は特に、ブラッシングを念入りにしてください。体毛が固まった状態では熱がこもってしまいますので、余計に暑さを感じることになってしまいます

長毛の犬はサマーカットするという方法もあります。

水分補給は、何よりも大事です。いつでも水分補給できるように、飲み物を持参してあげてください

お皿と一体型のペットの散歩専用の水筒も持ち歩きに便利です。


【夏の愛犬の過ごし方に関する関連記事】
犬の暑さ対策にエアコンは必要?役立つグッズは?注意する症状は?

まとめ

他にも 気化熱を利用して体の温度を下げるひんやりベストは体温の上昇を防いでくれます。

保冷剤を入れて使うスカーフも涼しそうだし、可愛らしいですね。

犬の体温を下げるためには、首やワキを冷やしてあげるのが効果的です

暑い時に 無理に散歩に行く必要はありませんので、涼しくなるまでお散歩はガマン。あなたもペットも元気に夏を越してくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA