体の疲れを解消する飲み物と疲れを取る方法


体が疲れているときは、疲れが和らぐ感じの飲み物がおすすめです。

疲れの状態に合わせた飲み物を選んでみました。

仕事や勉強は 定期的に休憩を取る方が集中力が持続して能率も上がります。また休憩を取ることで疲れがたまるのを防ぐことができます。疲労の種類に合わせた飲み物を飲んで一休みしませんか?

スポンサードリンク

体が疲れているときの飲み物と言えば

「仕事や家事の疲れが取れない」
「一晩寝ても体が重い」

日常の中にある普通の体の疲れ。大したことないと思っていても毎日の積み重ねは体調不良の原因になります。無理はしないようにしてくださいね。

疲れたときに思いつくのが「酸っぱいもの」・・・梅干しやレモンですね。梅干しやレモンに含まれている「クエン酸」は疲労を回復したり血の循環を良くしたりする働きがあるといわれています。

「疲れているかな?」
「肩がちょっとこわばってきてるかも」

と感じたら、酸っぱいドリンクで一息入れてくださいね。

remonsukassyu
・レモネード:絞ったレモン汁(ポッカレモンでも)に水とハチミツを入れます。ホットにするときはお湯で。

・果実酢のジュース:リンゴ酢やブドウ酢など。水で薄めるだけで飲めるものもたくさん販売されていますので、飲み比べてみるのもいいのですね。

◆関連記事:クエン酸を含む食材と利用方法はこちらの記事から
→→クエン酸を摂取できる食品とお酢を使った簡単な料理

心の疲れを解消する飲み物

体の疲れよりも厄介なのが心の疲れです。心は目に見えませんので周囲から気が付いてもらえません

また

自分でも気が付かない場合があります

そのままにしておくと ストレスがたまり頭痛の原因や自律神経の乱れになったりします。

こちらもできるだけ無理せずに疲れがたまらないようにしてくださいね。

さて 心が疲れているときの飲み物ですが、

ストレスがたまるとビタミンCの消費量が増えます。

なのでビタミンCをたっぷり含んだジュースがおすすめです。

gure-puhuru-tu
・かんきつ類のジュース:レモンやグレープフルーツには特にビタミンCが多く含まれています。ビタミンCを多く含む果物は かんきつ類のほかにもアセロラ、キウイフルーツ、柿、イチゴなどがあります。季節の果物をそのままおやつにしてもいいですね。



スポンサードリンク

血行不良による体の疲れを取る方法

疲れの種類としてもうひとつ「血行不良」があります。

血行不良の原因

血行不良の原因としては

 ・同じ姿勢を続ける
 ・同じ場所に負荷がかかる仕事をしている
 ・体の冷え
 ・運動不足
 ・ストレスによる自律神経の乱れ

などがあげられます。


血液の循環が悪くなると体に栄養がいきわたらなくなり「疲れた」と感じるようになります。

また ブドウ糖は脳の唯一の栄養です。脳が栄養不足になると脳は「甘いものが不足している」と勘違いしますので、甘いものを食べるように指令を出します。結果 甘いものに手が伸びて止まらない、なんてことにもなります。

甘いものを食べ過ぎる前に体を動かすのもいいかもしれません。

血行不良の原因が生活習慣の場合

運動や睡眠の時間がとれない、仕事の関係、家庭の事情、血行不良は生活習慣が原因のことが多いので、すべてを改善するのは難しい部分もありますが、少しの時間でいいので 休憩を取ってストレッチなどをするとずいぶん違ってきます。→→肩こりに効く体操

血行不良の原因が寒さの場合

体が冷たい時と感じるときにはホットドリンクがおすすめです。

syougayu
・しょうが湯:すりおろした生姜に熱湯を注いで、お好みでハチミツや黒砂糖などで甘みをつけます。風邪の引きはじめにもおすすめです。

・紅茶:紅茶に生姜を入れてジンジャーティーにするとさらにぬっくぬく。

・ホットココア:ココアは体をリラックスさせる効果があるといわれています。また、体を温める効果も生姜以上という説もあります。

体の冷えを感じる人は血行を悪くするもの、つまり体を冷やすものは、食べないようにしてください。体を冷やすものは下のようなものです。休憩のおともを選ぶときの参考にしてくださいね。

体を冷やす食べ物

  • 夏野菜や果物 トマト ナス メロン 梨 スイカ
  • 暑い国の果物 バナナ パイナップル マンゴー みかん キウイ
  • 精製されたもの パン 白米・白砂糖・白いパンなど。
  • 甘いもの お菓子・ケーキなどの食べ過ぎには注意してくださいね

dame

◆関連記事:冬の下半身の悩みどうしたらいい?
→→下半身の冷えの原因は?カイロや靴下の利用で改善できる?


◆関連記事:夏の足の冷え対策は?
→→冷え性で夏でも足が冷たい。靴下は必需品。夏の冷え性の改善方法


◆関連記事:頭痛予防のための栄養とレシピを紹介
→→頭痛予防におすすめの食材と食べ物。料理のレシピも紹介


◆関連記事:秋バテに関する記事はこちら
→→季節の変わり目は疲れがや眠気が取れない

まとめ

疲労対策には睡眠時間や食事の時間も大事です。

疲れているときは、夜は早めに休むようにしてください。

また 夜遅く食事をしますと内臓にも負担がかかり、疲れやすい体になってしまいます。できるだけ、健康にいいものを いいタイミングで食べるようにして、体調を整えてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA