犬の暑さ対策にエアコンは必要?役立つグッズは?注意する症状は?

犬は、人間の最良の友と言われます。犬と暮らす生活は本当に楽しいものですね。

でも犬は暑さや湿気が苦手。40度近くまで 気温が上がる日本の夏は、どうしてもエアコンは必要になってきます。

エアコンを使うのはいつ頃から?何度に設定すればいいの?と悩むところですね。犬が快適に過ごせるにはどうしたらいいでしょうか?

夏を元気に乗り切るためのポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

犬の暑さ対策にエアコンは必要?

状況にもよりますが、犬は 気温が22度 湿度60%を超えると熱中症になる可能性があると言われています。

熱中症になると、最悪の場合は命に関わることもあります。子犬や老犬、寒い地方が原産の犬、体の弱い犬は 特に環境を整えてあげることが必要です。また、ブルドッグやシーズーのように、鼻が短い短頭種や肥満の犬も暑さにとても弱いので、気をつけてあげてください。

最近は5月でも、真夏日が記録されたりしますし、お部屋の状況もそれぞれですので、いつからエアコンを使うという線引は難しいです。

でも人間が「ちょっと暑いかな」と感じているくらいなら、犬は、すでに「暑くてたまらない状態」と思ってください。

梅雨時期は、気温に加え湿度も高くなりますので、さらに注意が必要です。

適正な温度と湿度
人間よりも犬の方が暑さに弱いです。28度が適正温度とよく言われますが、犬がいる場合は、それよりも低めに設定してあげてください。

犬は湿度の高い状態が苦手ですので、ドライ機能も上手に利用してみてください。

ただし個体差がありますので、寒そうにしているようなら、調整してあげてくださいね。

足元の温度に注意
冷たい空気は下の方にたまるので、実際に人間が感じているよりも犬にとって寒い場合もありえます。

空気を循環させることで、解消しますので、飼い主さんの目がとどくようなら、エアコンと一緒に扇風機やサーキュレーターを利用してください。

また、エアコンをつけっぱなしで、お留守番をさせるときは、寒さをしのげる場所も用意してくださいね。

部屋の温度を下げるために・・・直射日光を遮ることで、室温がずいぶん違ってきます。ヨシズや厚めのカーテンで日差しをさえぎってみてください。

お庭があるようなら、打ち水をするのも効果的です。

犬は、舌から水分を蒸発させることで体温調節をしますので、新鮮な水をいつでも飲めるようにしておいてください。




犬の暑さ対策にエアコン以外のグッズを使うなら

凍らせたペットボトル・・・凍らせたペットボトルにタオルを巻いて与えておくといいです。危なくないので、お留守番の時も安心。

霧吹き・・・犬の体に軽く霧を吹いて、うちわで仰いであげると気持ちよさそうにする犬もいます。

大理石のペットマット・・・日陰に置いておくと、ずっと冷たいので暑い季節のお昼寝にはぴったり。犬が自分で体を冷やして体温調節できるのでとてもお勧めのアイテムです。

電気代もかからないので経済的にも丸。

でも、好き嫌いは個体差があります。お昼寝は必ずここと言う犬もいれば、全然寄り付かないという犬もいるようです。

天然大理石と人工大理石のものがあり、価格も違ってきます。天然大理石のほうがひんやり感は上です。


アクア・クールキーパー
特別な冷却材で冷却効果が一日続きます。首輪タイプ・ハーネスタイプ・マットタイプがあります。ベルギー産。

犬の身体を冷やす時は、「首」「前肢の付け根」「身体全体」が効果的です。

アクアクールキーパーは「犬と楽しい散歩–DOG WALK」さんのサイトで販売しています。

どこでもクーラー
コロナから出ている 冷風・衣類乾燥除湿機「どこでもクーラー」 CDM-1012(AS)という商品.

レビューを見てみると、人間用のクーラーとしては、イマイチみたいなんですが、ペット用としては良かったという書き込みがありましたので、紹介しておきますね。

いつも玄関にいるワンちゃんに使ったり、風向きを調整して小さなペットに使ったりするには、使い勝手がいいようです。

電気料はエアコンに比べて格安で、電気代の目安が 4.5/4.7円(50/60Hz)(1時間あたり) になっていました。

気になる方は、ショッピングサイトのレビューなどで確認してみてください。


ワンちゃんの夏の散歩。おすすめの時間帯は?

犬が暑さでこんな症状になったら

犬は、ハアハアと口で息をしながら(パンティング)水分を蒸発させて、体温を調節しますが、
・いつもより息が荒い
・ぐったりしている。
・反応がない
・舌がうっ血しているような色になっている
・目が充血している

などの症状があったら、熱中症かもしれません。

犬を涼しい場所に移動させ、犬の体に水をかけて、扇風機の風をあてるか、うちわであおいで、水分補給をさせてください。

ただし、氷や氷水は使わないでください。急激に体温が下がり過ぎると、筋肉が収縮しすぎて、熱中症の症状が悪化してしまいます。

犬の命に関わりますので、一刻も早くかかりつけの医師に電話して、病院に連れて行ってください。

【関連記事】
夏の犬との散歩で注意してほしいこと 
犬の散歩に夏のアスファルトは危険。おすすめの時間と暑さ対策 

室内の温度や紫外線をカットするには
紫外線を室内で防止するには?カーテンやフィルムの効果的な利用の仕方

natunokurasi 夏の食材・紫外線や暑さ対策・大掃除・虫対策・ペットのことなどをまとめています
>>夏のくらしの記事まとめ

まとめ

全身が毛に覆われている犬は、熱もこもりやすくなります。

サマーカットをするケースもあるかもしれませんが、地肌が見えるほどには刈り込まないようにしてください。

常に被毛に覆われている犬の肌は、人間よりもデリケートです。

紫外線が地肌に直接当たると皮膚がんになる危険性がありますし、ダイレクトに気温の影響を受けてしまいます。

暑い季節は、常に体調に気をつけてあげてください。

あなたも あなたのワンちゃんも 元気にこの夏を乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA