花粉症の目のかゆみを抑える。おすすめの市販薬は?洗うのは逆効果?

花粉症で目がかゆいと、一日中イライラして、仕事や勉強に集中できないですよね。

でも、眼科を受診したくても なかなか行けない人もいるのではないでしょうか。

辛い花粉症の目のかゆみ。少しでも楽に乗り切る方法をご紹介したいと思います。

広告

花粉症の目のかゆみを抑える方法は?

花粉が原因で目がかゆい。その症状を「アレルギー性結膜炎」と言います。

アレルギー性結膜炎のその他の症状として下のようなものもあります。

・目がゴロゴロする

・白目がひどく充血する(瞼の裏側の充血はない)

・白い目やにが出る

・白目がゼリー状に腫れる。ゼリーが黒目まで覆う場合もある。

・かゆみと一緒に痛みもある

・涙が出る

・瞼がはれる

・目の周りもかゆい

*基本的に、アレルギー性結膜炎の時の目やには白っぽい透明な感じです。でも、つい手で触れることが多くなり、細菌感染しているケースも多いです。細菌感染しているときの目やには、黄色くなったり黒っぽくなったりします。この状態で通常の抗アレルギータイプの目薬を使用しますと悪化することがあります。特にお子様の場合は眼科で見てもらうほうがいいと思います。

目に違和感があると思わず触ったり、ゴシゴシとこすったりしたくなりますが、そうすると さらに症状が悪化します。

できるだけ刺激を与えないでくださいね。

目がかゆいときに、一番安全で手軽な方法は「目を冷やす」ことです。

もしも濡れたタオルを用意できるようなら、目や目の周囲をそっと覆うように冷やしてみてください。

目の違和感が少し楽になると思います。

花粉症の目のかゆみ 市販薬を使うなら

最近の花粉症用の市販の目薬は種類も豊富で効果もあるようです。

市販されているものの一部を紹介します。

ロート製薬「アルガード」シリーズ

目のかゆみ対策を前面に打ち出している商品です。

すっきり爽快タイプ。しみないタイプ。早期から使うタイプ。原因をブロックするタイプ。コンタクトでも使えるタイプ。子ども用など充実のランナップが10種類。

第一三共ヘルスケア「アレルカット」

ソフト・クール・モイストの3タイプを展開。

ノバルティスファーマー「ザジテンAL点眼薬」

医療用のザジテン点眼液と同じ有効成分及び成分量でアレルギー症状を緩和。普通 市販の目薬を使い続けていると段々と症状が悪化してしてしまいますが、こちらは血管収縮剤が使われていませんので、その心配がありません。使用頻度の高い人におすすめです。

市販の目薬が効かない場合は必ず眼科を受診してくださいね。

もしも市販の目薬で効果がない、悪化したなどの場合は、ほかの目の病気かもしれません。

眼科では、何種類ものアレルギー対応の点眼薬、内服薬、漢方薬を扱っていて、それぞれの症状に応じて処方してくれます。

余談ですが・・・
「眼科にかかったけど よくならなかった」

「●●な感じの薬の方がよかった」

という場合は まずかかりつけの眼科でそれを伝えてみてください。

その人に合わせた処方に変えてくれると思います。


もう一つ余談ですが・・・
「瞼が腫れているときに受診するのは皮膚科か眼科か」で悩まれる方もいるようです。

この場合、目のトラブルの可能性がありますので、まず眼科を受診してみてください。もしも、皮膚科の受診が必要な場合は、皮膚科に紹介してもらえると思います。


広告

花粉症の目のかゆみは洗うと悪化する?

花粉の季節、帰宅したら体中きれいさっぱり洗いたくなるのではないでしょうか。

これは、半分正解で半分不正解です。

目(眼球)は、ムチンと涙、そしてそれを覆う「油」のみっつの層が守ってくれています。

もし 異物が目に入っても涙が洗い流してくれます。
目を洗うと、この「目を守る物質」まで、一緒に流してしまいます。

表面を守ってくれるものがなくなった目は、乾燥しやすいためドライアイなどになりやすく、ドライアイになると、さらに目の状態が悪くなります。
目を洗うことは、できるだけしないようにしてくださいね。

どうしても洗いたいときは、シャワーでやさしくか、防腐剤の入っていない目薬をさして流す感じで。回数は最低限に抑えてくださいね。


それよりも、顔や髪についた花粉をきちんと落とすことの方が有効かもしれません。

帰宅したら、きちんと洗顔とうがいをしてください。

特に髪には花粉が付きやすいので、外出の時は帽子を使うことをお勧めします。

コンタクトレンズとアイメイクについて

最後に、コンタクトレンズとアイメイクについて触れておきたいと思います。

女性にとって仕方のない部分もあると思いますが、自分の目のためでもありますので「できるだけ」でいいので対処してみてください。

コンタクトレンズは使わない

特にソフトコンタクトレンズは、目の表面が乾燥しますので目の粘膜が傷つきやすくなります。

花粉症の症状が悪化しますので、花粉症の季節は、できたらメガネを使うことをおすすめします。

コンタクトレンズを使うなら一日使い捨てタイプを

どうしてもコンタクトレンズを使う時は、花粉の季節だけでも「一日使い捨てタイプ」のものを使ってみてください。

アイメイク

目の周りのメイクにもぜひ注意してください。

ファンデーションやアイメイクが、目のストレスになっていることがよくあります。

・ファンデーションを落とすときは、目に入らないようにしてください。

・まつ毛の間にあるマイボーム栓からは、目を守る物資るが出ています。アイラインはまつ毛の間には入れないようにした方がいいです。

・目薬をさすときには、絶対にメイクが一緒に目に入らないように注意してください。

まとめ

花粉症で目がかゆいときは、特に 「目のコンディションを整えること」にも気を使ってくださいね。

パソコンやスマホの画面を長時間見続けると「ドライアイ」や「眼精疲労」などになりやすくなります。

目が弱っていたり傷ついていたりすると花粉症の症状も重くなってしまいます。

エアコンの空気が直接あたる場所にいるとか、睡眠不足なども目にとってはストレスです。

花粉症の季節はできるだけ目をいたわるようにしてくださいね。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA