押入れがないマンションの布団の収納方法とクローゼットの活用術

最近は、ベッド派の人が多く、押入れのない家もあります。でも、布団派の人には押入れって必要ですよね。

布団を片付ける場所がなくて困っている人のためにいくつかのアイデアをまとめました。

広告

押入れがない部屋の布団の収納方法

・いずれ引っ越すことが決まっているのでベッドは買いたくない。

・押入れはあるが、布団を入れると他のものが片付かない。

・片開き戸の押入れがあるが、どう考えても布団を入れるにはせまい。

・そもそも引っ越した家に押入れがない。

色々なパターンで押入れのない不便さを感じている人がいるのではないでしょうか。まず、比較的安価で簡単にできる方法を二つ紹介しますね。

布を被せる

片付ける場所がない布団の一番簡単な収納方法は「布団を畳んで布を被せる」です。

大きくて肌触りのいい布を買っておきます。朝起きたら布団を畳んで、布をかぶせたら、布団が見えませんしソファ代わりになります。

布で目隠し

布団を畳んでおく場所を前もって確保しておく方法です。

床と天井に突っ張り棒を2本渡し、布を張ります。布団が目につかないし、出し入れも簡単ですね。

突っ張り棒と布以外でも、家具やラックで目隠ししてもいいですね。ちょっとした、フリースペースになりますので、雑貨も一緒に片づけるとお部屋の中がすっきりとします。

マンションで押入れがない場合の布団の収納方法

すごくおしゃれなマンションに引っ越してきたんだけど、いざ布団を片付けようとしたら片付ける場所がない、という場合もありますね。

マンションは基本的にベッドで生活することが前提ですので、布団を出し入れするような造りにはなっていませんね。

もちろん、マンションでも夏場は冬の布団を片付けておきますから、若干の収納スペースが用意されているとは思いますが、寝室とは違う場所だったり、倉庫というか納戸というか、明らかに「毎日出し入れする場所」とは違う感じだったりします。

布団収納家具

「すごくおしゃれに暮らしたいけど、ベッドは嫌なの♪ 私は布団派なの♪」

という人は、思い切って布団収納用の家具を購入することをおすすめします。

できるだけ床の色と合わせたものを購入すると、備え付けの家具のように見えて違和感や圧迫感がありません。

ルーバー式で風通しのいいものや 一緒に衣類も収納できるタイプなどがあり、使い勝手がいいのではないかと思います。

ただし、どうしても大型になってしまいますので、引っ越すことになった時に移動が大変です。ライフプランに合わせてくださいね。

ソファになる布団ケース

「何年かしたら引っ越すかもしれないからできるだけ荷物は増やしたくない」という場合もありますね。

できるだけ荷物を増やさずに、おしゃれに布団を片付けるなら「ソファになる布団ケース」がおすすめです。

布団を入れるとソファになるので、ソファを買う必要もないし、布団ケースは場所を取りませんので、引っ越しの時にも困りませんね。色や素材も選べますので、お部屋の雰囲気を壊さずに布団の収納ができます。

・・・難点は、押入れに比べて出し入れが少し面倒なところでしょうか。また、どうしても湿気がこもりがちになると思いますので、定期的に布団には乾燥機をかけておくようにしてくださいね。


広告

クローゼットはあるけど押入れがない場合の収納方法

クローゼットならあるんだけど押入れがない、というケースが一番多いのではないかと思います。クローゼットの中に布団も洋服も雑貨も全部入れば問題がないわけですが、もしそうなら最初から「布団が片付かない」なんて悩んでいませんよね。

クローゼットの大きさにもよりますが、クローゼットを使った解決方法は二つあります。

クローゼットの中を区切る

クローゼットの下半分を布団用、上半分を洋服用などと区切る方法です。借家だから本格的にはできない場合でも、市販の押入れ用の組み立て式布団台を入れるだけで簡単に仕切ることができます。

「伸縮式布団台」「押入れ布団ワゴン」「押入れ収納庫」「押入れフリーラック」「押入れ布団ラック」などで検索してみてください。

サイズの確認はお忘れなく(*^_^*)

洋服を出して布団を入れる

いっそのこと、洋服ケースを買ってきて、そちらに洋服を入れて、布団はクローゼットに入れてしまうという方法です。本末転倒な気もしますが、実際のところ布団収納用の家具よりも洋服ダンスの方が品数も豊富なので選択の幅がずっと広くなります。大きさも布団収納用の家具よりも小さくて済むと思います。

ひとり暮らしの簡単レシピ、住まいの悩み、不快害虫のこと、災害への備えなど
→→ひとり暮らしに関する記事まとめ

まとめ

押入れの収納がない場合の布団の収納方法のアイデアでした。

一番最初に紹介した「布団を布で包む」は、私が独身の頃にしていた方法です。

実は、若いころ畳敷きの和室のアパートに住んでいて、収納する場所もたっぷりあったのですが、どうしても起きている時間帯だけのソファやベッドが欲しくて、あえて大きな布を買ってきて、布団を包んでいました。

本を読むのが大好きでしたので、布をかぶせた簡易ベッドというかソファみたいな布団に寄り掛かったり、上でゴロゴロしながら、本を読むことが多かったです。

夜お布団を敷くときは、サッと布を外してお布団を敷けばいいので、本当に楽でした。

広告