笹舟の作り方と七夕の工作。簡単な箸置きを折り紙で

sasabune
七夕の季節には、幼稚園や保育園、地域の公民館、高齢者の施設などで笹で七夕飾りを作りますね。せっかくの機会ですので、七夕の笹で笹舟を作ってみませんか。

七夕の笹で作る笹舟の作り方を説明します。また、笹がない場合の作り方と、折り紙で作る笹舟の箸置きの方法も紹介しています。

小さな子どもとの簡単な工作や高齢者の施設での話題作りにいかがでしょうか。
  

笹舟の作り方

さっそく笹舟の作り方を説明しますね。

ササ舟の作り方
①笹の片側を折ります。

②2か所を途中まで手で裂きます。

③片方の袋になっている部分に、もう片方を入れます。

④反対側も同じようにします。

笹の葉の側面は、手を切りやすいので注意してくださいね。
大き目の葉っぱの方が作りやすいので、できるだけ大きな葉っぱを選んで作ってみてください。

七夕の頃は、水遊びが楽しい季節ですよね。

でも、雨も多くて、思うように外で水遊びができない時期でもあります。

お部屋にビニールシートを敷いて、タライやバケツに、笹舟を浮かべて遊んだら子どもたちも喜ぶのではないでしょうか?

>>笹を手に入れる方法は?
>>笹の保存方法は?
>>笹の処分方法は?
>>笹と竹の違いは?

七夕の日の簡単な工作として

笹がないときは、牛乳パックでも代用できます。

①牛乳パックを切ります。
gyuunyuupakkunosasabune1


②ササの葉の形に切り抜きます。
gyuunyuupakkunosasabune2

③切り込みを入れて、袋の部分を組んだら出来上がりです。
gyuunyuupakkunosasabune3


牛乳パックなので、水に浮かべても大丈夫です。

写真は笹の葉っぽい大きさにするために3センチ×15センチで作っています。4センチ×12センチくらいで作るとコロンと丸い笹舟になってかわいいです。

スポンサードリンク

箸置きも折り紙の笹舟で七夕を演出

行事食には、ちょっとしたアクセントを添えると、さらに雰囲気が出ますよね。

七夕の夜の食事には、笹舟の箸置きを使ってみませんか?

と言っても「笹」は普通、家庭にはありませんので、折り紙とか、グリーン系の包装紙があれば、十分です。

上の笹舟の作り方と一緒でいいのですが、ちょっとよじれて、安定が悪くなってしまいますので、折り紙がよじれないおり方を紹介しますね。

折り紙で作る笹舟の箸置きの作り方

①折り紙を半分に折ります。
sasahunenohasioki1

②三つ折りに折ります。
sasabunenohasioki2


③笹の形に切ります。
sasabunenohasioki3

④切り込みを入れます。
真ん中を細めにしてください。
途中から曲げるようにして切ります
sasabunenohasioki4


⑤左右を組みます
 の部分をの部分に差し込むようにしてください。
sasabunenohasioki5


⑥反対側も同じようにしてください。
sasabunenohasioki6

⑦完成です

折り紙はそのままだと、お箸の重さでぐにゃっとつぶれてしまいます。

なので折り紙を最初二つにそのあと三つ折りにして、丈夫にしています。

柄の入った折り紙で作ると、ちょっと違う雰囲気になりますね♪

笹舟はご高齢の方にとって「懐かしい」ものだと思いますので、ご自分で作っていただいてもいいかもしれませんね。

施設の給食の時間の前に箸置きを折っていただくと、喜ばれるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


◆七夕の記事一覧はこちらでまとめています
七夕の記事のまとめ

【関連記事】
◆みんなでこよりを作るのも楽しいです。家にあるもので簡単に作れます。
七夕のこよりの作り方を半紙とティッシュで。おすすめの材料は? 

◆七夕の飾り付けの必需品。星の形の簡単な作り方
星の書き方 五角形をコンパスなし分度器なし定規のみで書く方法 

◆天の川の由来はこちらになります
七夕の天の川の由来を簡単に。方向と時間帯は?肉眼で見える?

まとめ

昔の子どもは、友達と一緒に笹舟を川に流して、誰の舟が一番早く遠くまで行くか、なんて「笹舟競争」をしていました。

途中で、川岸に引っかかったり、小さな渦巻の場所で止まってクルクルと回ったり・・・と、運の要素が強いのですが、夢中になったものです。

笹を使った遊びとしては「笹笛」というのもあります。

他にも カラスノエンドウで作ったピーピー笛とか、スズメノテッポウの草笛とか・・・私もよくやってました。

お年寄りの中には結構「名手」がいらっしゃるかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA