アズーロコンパクトの寄せ植え。色の違いと切り戻しの方法

アズーロコンパクトの植え方や切り戻しの方法を紹介します。

色の違いや咲き方に個性があり単品でも寄せ植えでも楽しめるロベリア アズーロコンパクトは、私の大好きな花で、毎年必ず植えている花の一つです。

びっしりと咲いた小さな花が一斉に風に揺れる姿はとても涼しげでかわいらしいです。

広告
  

アズーロコンパクトの寄せ植え

アズーロコンパクトは、サントリーフラワーズさんが「ロベリア」を品種改良したものです。なので従来のロベリアよりも、暑さや蒸れに強く、花もたくさん咲いて、とても育てやすいお花です。

花時期も長く、私が住んでいる九州では秋風が冷たくなるころまで咲いてくれています。

アズーロコンパクトの植え方

ロベリアアズーロコンパクトを植えるときのポイントはたったひとつ。

絶対に去年の土を使わないこと。去年と同じ場所に植えないこと

アズーロコンパクトは「ナス科」です。ナス科の植物は連作障害を起こします。同じ土で植えると病気になりやすくなったり、花がよく咲かなかったりします。

アズーロコンパクトの切り戻し

アズーロは 花ガラを摘んだりしなくてもいいし、病気や虫もついたことがありません。ホントに楽なお花です。

管理の仕方を簡単に説明しておきますね

アズーロコンパクトの刈込は?

アズーロコンパクトは丈夫な花ですので、あまり考えずにどんどん切っても大丈夫です。

もし買ってきた苗はひょろひょろとしているようなら軽くカットしてください。

元気でしっかりと張った苗ならそのまま植えてください。
azu-rononae

で、途中で徒長してきたな、と思ったら、その分だけカット。

他に刈り込んだ方がいいときは、「梅雨時期」と「花後」になります。

梅雨時期
基本鉢植えでも庭植えでも大丈夫ですが、枝が細く密生していますので蒸れないように庭植えの場合は梅雨前に軽く刈り込んであげてください

今年の我が家のロベリアは植え付けの時期が少し遅かったので上のような状態ですが、3月頃に植えたものは梅雨時期にはもう大きな株に育っています。で、花壇で雨に濡れると細い枝が雨水の重さに耐え切れずに全部倒れてしまっているのを見かけることあります。ちょっとかわいそうな感じがしますので大きく育ったアズーロの株はぜひ枝先を少しカットしてあげてくださいね。

鉢植えの場合も枝が混んで蒸れているようなら軽く刈り込んでおくといいと思います。


花後
春から夏にかけてどんどんと花が多くなってきますが

お花の数がちょっと落ち着いて少なくなってきたら、枝先を軽くカットして休ませてあげてください。

アズーロコンパクトの肥料は?

肥料は植えるときにマグアンプを元肥として。

後は一週間に一度液肥を水やり代わりに与えています。

ただし、ざっくりと刈り込んだ後と、花のつきが悪い時期は、お花も弱っていますので、液肥もお休みにしています。

基本、お花がどんどん咲く時期にたくさん栄養を欲しがるので、その時期には液肥をやるという感じです。

アズーロコンパクトと日光

アズーロコンパクトのラベルには「日光を好みますが夏は半日陰で」とあります。

我が家では夏以外でも半日陰で育ちました。

あくまでも「半日陰」です。「日陰」ではダメでした。

ちなみに 玄関横の
genkanyoko

①の部分に置いたら秋まで花が咲いていましたが

②の部分に置いた年は

あっという間に枯れてしまいました。

日光大事!

でも、植物の光合成量は、午前中が一番多いということです。

夕日ではなく朝日が当たる場所がベストですね。

アズーロコンパクトの色

アズーロコンパクトの色は全部で7色。

今年はピンクだけ買い損ねました。・・・残念です。

なので、ピンク以外の6色のお花を紹介しますね。

スノー・ホワイト・スノー

suno-howaitosuno-

純白のアズーロコンパクトです。枝が暴れることもないので キレイな感じの寄せ植えになります。この植木鉢には2株のアズーロを植えています。

アズーロの白い花だけ植えて「寄せ植え」って言ってる時点でおかしい、のは、わかってるんですけど、寄せたかったら仕方ないじゃない。

「白い花」と「小さい花」が好みなんだから・・・。

スカイブルー

sukaiburu-
やさしい水色の「スカイブルー」。

写真はスノー・ホワイト・スノーとスカイブルーの寄せ植えです。

スカイブルーは、元気に枝が伸びて、ものすごくたくさんの花が咲きます。こんもり系のスノー・ホワイト・スノーが隙間を埋めてくれて、ちょうど補い合うような感じでめちゃくちゃ相性がいいですし。色もきれいです。

ウルトラマリンとラベンダーシャワー

urutoramarin-rabenda-syawa-
濃いめの青のウルトラマリンと赤紫のラベンダーシャワーです。

どちらもふんわりとした感じに咲きます。

この植木鉢にこの二つを植えて大丈夫だったかな???

ブルーウィズアイ

buru-uizuai
濃いブルーの中心部に白い模様が入ったブルーウィズアイ。キレイにまとまるタイプなので寄せ植えにも向いています。

一株でブルーと白の効果。とってもオトクな品種ですね。

かわいいので小さ目に仕立てようと思っています。

ちょっと枝が暴れてきたのでカットしました。
buru-uizuai-yoseue
(5月31日撮影)

ライラックムーン

rairakkumu-n
とても優しい感じの薄い赤紫の花。
赤紫というよりも藤色に近いかもです。

色を比べるために並べてみますね。
ironotigai
上段左から 
・ラベンダーシャワー
・ウルトラマリン
・ライラックムーン

下段左から
・ブルーウィズアイ
・ブルースカイ
・スノー・ホワイト・スノー

葉っぱの形もそれぞれ少しずつ違います。
hanotigai
左がブルーウィズアイ 右がスノー・ホワイト・スノーです
happanotigai

【関連記事】
◆手軽に始める寄せ植えのやり方を書いている記事です
寄せ植えの作り方の簡単なやり方。花いっぱいの鉢やテラコッタを玄関に

◆ガーデニング初心者さんにおすすめ!土と鉢の選び方はこちらから
ガーデニング初心者さんの寄せ植え。鉢と土と道具の選び方

◆春から夏にかけて咲く花の選び方はこちらから
花の寄せ植えを春から!植木鉢で長持ちする一年草を初心者が選ぶコツは?

◆母の日の定番 カーネーションの育て方
鉢植えのカーネーションを長持ちさせる育て方。植え替えは必要?

寄せ植え・庭・芝生・雑草などの記事をまとめています
→→庭仕事の記事一覧

まとめ

今回買い損ねたので写真はありませんが、あと一つは「ピンク」という名前です。

ライラックムーンよりも、もっと淡い感じのピンクで、枝がやわらかくしだれて まとまります。花のつきもとてもいいのでハンギングにするとふわふわふわ~としたかわいい感じになります。

来年は「ピンク」でハンギングの寄せ植えをしてみようと思ってます。

広告