母の日のカーネーションの色の意味。花束と鉢植えどっちがおすすめ?

母の日のプレゼントの定番と言えばカーネーションですね。せっかくのプレゼントですから、相手に喜んでいただけるように、心配りをしたいですね。

色によって違うカーネーションの花言葉とどんなカーネーションを選んだらいいのかをまとめてみました。

スポンサードリンク

母の日のカーネーションの色の意味

母の日の定番と言えばカーネーションですね。でもカーネーションは、色によって花言葉が違ってきます。比較的一般的な花言葉を色別にまとめてみました。プレゼントのお花を選ぶときの参考にしていただけれるとうれしいです。

赤いカーネーションの花言葉

赤いカーネーションの花言葉は「母の愛」
リンとした感じで一本でも見栄えがする定番のカーネーションですね。他のプレゼントを用意する場合でも一本だけ赤いカーネーションを添えると雰囲気が出ますよね。

もちろん花束にしても鉢物でも豪華なカーネーションです。

ピンクのカーネーションの花言葉

ピンクのカーネーションの花言葉は「感謝」「熱愛」
赤い色より優しいイメージですね。単色でもいいし、他のお花と寄せ植えにしてもキレイです。お部屋がパッと明るくなりますね。

やさしいお母様、笑顔の素敵なお母様に似合いそうですね。

オレンジのカーネーションの花言葉

オレンジのカーネーションの花言葉は「あなたを愛しています」
こちらもかわいい色のカーネーションですね。

他にも「慕っています」「あなたを熱愛してます」などの意味があります。

仲のいい親子にピッタリかもですね。

紫のカーネーションの花言葉

紫のカーネーションの花言葉は「気品」「上品」「移り気」
個性的な紫のカーネーション。ちょっといつもの違うテイストのカーネーションを探しているならピッタリですね。

フラワーアレンジメントにすると、ものすごく引き立つ色です。

緑のカーネーションの花言葉

緑のカーネーションの花言葉は「癒し」
「カーネーションが緑?」ってちょっとびっくりするかもしれませんが、葉物と合わせたアレンジメントは爽やかでとってもキレイです。

私 この色大好きなんです。ぜひお花屋さんで実物を見てください♪

青のカーネーションの花言葉

青のカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」
もともとカーネーションは「青い色素を持っていない花」なんですが、サントリーフラワーズさんが開発した「ムーンダスト」は世界で唯一の「青い色素を持ったカーネーション」として認められています。

何種類ものムーンダストを一緒にした花束は神秘的で圧倒されます。とっても珍しい花なので誕生日や記念日のプレゼントとしてもおすすめです。

◆ムーンダストのことを詳しく書いた記事は>>>コチラです。

白いカーネーションの花言葉

白いカーネーションの花言葉は「尊敬」「私の愛情は生きている」
亡くなったお母さんに贈る花の色とされています。お元気なお母さんに贈る場合は、避けてくださいね。せっかくのプレゼントなのにマイナスの効果になってしまいます。

濃い赤のカーネーションの花言葉

深紅のカーネーションの花言葉は「嫉妬」「哀しみ」
黒に近い赤は見るからにちょっとこわい感じを意味します。避けたほうが無難な色です。

黄色いカーネーション

黄色のカーネーション花言葉は、「軽蔑」「嫉妬」
出典によっては「あなたを軽蔑します」という花言葉もありました。
カワイイ淡い黄色のカーネーションは、つい買ってしまいたくなりますが、西洋では黄色い花は嫌われるケースが多いようです。

ガーデニングをされる方でも、庭に黄色が入ると色彩のバランスが崩れると言って敬遠する方がいらっしゃいます。

カワイイ色なんですけど、母の日には避けておいてくださいね。

スポンサードリンク

母の日のカーネーション 花束?鉢植え?どっちがおすすめ?

カーネーションを贈るときに、花束と鉢植えのどちらにしようかと迷ったことはないでしょうか。花束や鉢植え以外のお花も含めてそれぞれのメリットをまとめておきますね。

花束

もともとカーネーションは、蒸れにとても弱く、灰色かび病などの病気になりやすい花です。鉢植えで買っても、しばらく部屋に置いていると、つぼみの状態で枯れたり、蒸れてしおれてくることもあります。

お花に詳しい方や、管理をする時間がある方以外は、花束の方をおすすめします。

鉢植え

「鉢植えのほうが、長く咲くからいいのでは?」という感じもしますね。

母の日用の鉢植えのカーネーションは、母の日に合わせて、開花時期を調整しています。なので鉢植えのカーネーションは「母の日」が一番ベストな状態なんです。

鉢植えで購入するときは、その時が一番ですので、できるだけたくさんのお花が咲いているものを選んでくださいね。

フラワーアレンジメント

花束を贈っても飾る場所がない。花瓶を用意してもらう手間をかけさせるのも気が引ける、なんて場合におすすめなのがフラワーアレンジメントです。

贈る人の雰囲気に合わせたものが選べるのがいいですよね。

プリザーブドフラワー

母の日だけではなく、クリスマスやホワイトデーのギフトとしても人気なのがプリザーブドフラワーです。

場所を取らずにそのまま飾ることができますし、コンパクトでかわいい物や豪華なもの、ペットの形のもの、壁掛けタイプ、かご入り、ボックス入り・・・とにかくたくさんの種類があります。

見た目は「普通の花」なのに水やりの必要がないので忙しい人にもぴったり。

それに枯れないのでいつまでも記念に飾っておけます。

また、花粉が出ませんので、「生花はお断り」としている病院でも「プリザーブドフラワーなら許可します」というケースもあります。
(病院や施設によって違いますので必ず確認してくださいね)


【関連記事】
◆母の日に添える手紙の文例集です
母の日の手紙の文例 義理の母への手紙の書き方のテンプレート

◆青いカーネーション「ムーンダスト」について詳しく書いています
母の日の青いカーネーションの花言葉は?ムーンダストの苗や鉢植えは?

◆1000円以下でできる本格的でかわいいフラワーアレンジメントです
母の日のプレゼントを100均で手作り 中学生におすすめの簡単でかわいい贈り物

まとめ

母の日の定番カーネーション。定番ですが、多くの人が「お花のプレゼントが一番嬉しい」と感じているようです。日頃プレゼントしない人でも、ネットで注文するなら簡単ですよね。

できたら直接手渡しで。遠くにいるなら「たまにはのんびりしてね」のメッセージと一緒に、紅茶かお菓子を少し添えたら喜んでいただけると思います。今年の母の日にいかかですか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA