日焼けのヒリヒリの治し方。お風呂は?赤いのや痛いのを抑える方法は?

海や山、プールやお祭り、夏は楽しいことがいっぱいですね。

でも、楽しくてずーっと外で遊んでいた子どもが帰ってきた時に真っ赤に日焼けしてる、なんてこともありますよね。

子どもは夢中になると、日焼け止めを塗ろうとか、ちょっと日陰で陽射しを避けようなんて考えませんから。

「お母さ~ん、ヒリヒリして痛いよう~」って言われた時にも サッと対応できるように、日焼け対策をチェックしておきましょう

広告
  

日焼けで肌がヒリヒリするときの治し方

「日焼けはやけどと同じ」と聞いたことがあると思います。

お日様にじりじりと焼かれた肌は、熱を持って乾いています。ケアの仕方もやけどの時と同じです。

日焼けのケアのポイントは
・乾かさないように
・良く冷やす

ことです。

すぐにタオルを絞って赤くなった肌を冷やしてください。

冷やしている間にビニール袋に氷を入れたものを用意してください。

タオルはすぐに熱を持って暖かくなりますので、タオルの上に氷を当ててタオルの熱を下げるようにしてください。

*日焼けした肌は乾燥しています。乾燥したままにしておくと肌がカサカサとしてかゆくなってきます。赤く日焼けした肌を冷やすときは、湿度を与えるようにしてくださいね。

最初にきちんと冷やしておくと、症状も軽くて済みますので、とにかく時間をかけてよく冷やしてください。赤みのめだつ場所、熱を持っている場所を特に冷やしますが、それ以外の場所も日光にさらされていますので、全体的にまんべんなく冷やすようにしてください。

氷を入れた水を用意して、頻繁にタオルを浸しながら日焼けを冷やすのも体の熱も日焼けの部分も冷えますので気持ちがいいと思います。


【関連記事】日焼けの他にも症状があるときは?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
日焼けのかゆみの対処法。子どもの顔がカサカサ。市販薬で大丈夫?

日焼けでヒリヒリするときのお風呂は?

一日、外で遊んだら、お風呂に入って汚れを落としてほしいところですが、日焼けの時はお風呂は厳禁です。暑いお湯は、お肌を刺激してさらに「痛み」を感じますので、ぬるま湯でサッと流す感じにしてください。

体を洗う時も、ナイロンたわしでゴシゴシではなく、手のひらでそっと流すように洗ってください。石鹸は使わないほうがいいかもしれません。

そして、お風呂上りには、乾燥しないようにローションをやさしくたっぷりつけてあげてくださいね。と言っても子ども次第ですので、ローションをいやがる、とかしみるようなら使わないでくださいね。できるだけ刺激の少ないものを使うようにしてください。


広告

日焼けの赤いのや痛いのはどうすればいい?

最初は赤くヒリヒリと痛い日焼けも時間がたてばよくなりますが

・水ぶくれになっている
・かゆみが強い

ような場合は必ず皮膚科を受診してください。

水ぶくれになっているということは、かなり重い日焼けだということです。特に大きな水ぶくれがある場合は跡が残らないようにするためにも病院に行くことをおすすめします。

かゆみは冷やすと少し落ち着きますが、睡眠中は体が温まってかゆみが強くなります。寝ている間にかいてしまって、朝見たら皮膚がぼろぼろ、なんてこともあります。こういう時も皮膚科を受診するとかゆみ止めの薬などを処方してくれますので子どもも楽になります。

子どもが日焼けあとの皮をむく

日焼けあとの皮ってまだらになっていて、気になって仕方がないですよね。ついついむいてしまいたくなりますが、できるだけそのままにしておいてください。

きちんと「新しい皮膚」ができたら「古い皮膚」は自然とはがれて落ちます。無理にはがすと肌に負担がかかります。

【関連記事】
◆日焼けで目がしょぼしょぼしているときはどうしたらいい?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
紫外線で目が日焼け?しょぼしょぼするときの対処は?

◆日焼けした後のかゆみを軽くするには?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
日焼けのかゆみの対処法。子どもの顔がカサカサ。市販薬で大丈夫?

◆夏の体のトラブルのまとめ記事はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夏の体のトラブルに関する記事のまとめ
水遊びのアイデア・短時間でできる自由研究などをまとめています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夏の子育ての記事まとめ

まとめ

赤くヒリヒリと痛い日焼けの処置の仕方でした。

日焼けしているときは、お肌も体も水分が不足しています。熱中症予防のためにも しっかり水分補給をさせてあげてくださいね。

広告