敬老の日のプレゼント 70代の祖父母に感謝の気持ちを伝えるには

keirounohisobo
社会人になってお給料をもらうようになると、今までお世話になった人にお礼をしたいと思うものですね。小さなころにお世話になったおじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちを込めて何か贈り物をしたいという人もいるかもしれません。

どんな贈り物をすると喜んでもらえるのでしょうか。

私なら こんなプレゼントがいいな、という感じで考えてみました。参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサードリンク

敬老の日のプレゼント 70代ならなら何がいい?

お孫さんから贈る70代のおじいちゃん おばあちゃんへの最高のプレゼントは一緒に過ごすことではないかと思います。

70代のおじいちゃんやおばあちゃんなら、まだまだ元気に見えるのではないでしょうか。

でも、だんだんと検診でアレコレいわれるようになって、病院通いを始めるようになっているかもしれません。食も細くなってきて、そんなに食べれなくなっているかもしれませんね。

今はまだ想像もつかないかもしれませんが、80代90代となっていくと、ある日突然救急車で運ばれて入院とか、認知症の症状が出て施設に入るようになってとか、そんなことになるかもしれません。

なので できるだけ お元気なうちに たくさんお話したり 出かけたりして一緒の時間を持つようにするのがいいのではないかと思います。

【関連記事 花の贈り物】
→→敬老の日のプレゼントに花を。素敵な花束をおばあちゃんに渡したい!

→→花 9月に咲くものは?秋っぽくて日本らしいものを紹介

祖父母へのプレゼント 敬老の日におすすめは?

おじいちゃんやおばあちゃんにとって お孫さんと一緒に過ごすことだけで最高のプレゼントだとは思いますが、敬老の日のプレゼントとしてなら、少しスペシャルなものが良いですね。

外出ができるようならぜひ一緒に観光地に行ったり、外食を楽しんでみてください。もちろん日帰りでOKです。

観光地なら

敬老の日の頃は 暑さや日差しも まだきついので、アウトドアよりもインドアがおすすめです。日帰りで温泉などいかがでしょうか

長時間のお出かけでも平気という元気な方ならちょっと遠くにドライブもいいですね。コスモス畑やサルビア畑が見ごろの時期です。お花が好きな方におすすめです。関東周辺なら8月下旬からコスモスやサルビアの観賞ができます。

一面のコスモスが観賞できる観光地はこちらから(楽天のサイトにジャンプします)
【楽天たびノート】おすすめのコスモススポット

食事なら

年齢を重ねると、食事の量や好きな物が変わってきます。理想は「おいしいものをほんの少しずつ何種類も食べる」ですが、それでも負担になる方もいらっしゃるかもしれません。

また あまり形式ばった場所は、金額も高くなるのでお孫さんからプレゼントされても かえって気を遣ってしまうかもしれませんね。

なので、気軽に一緒に食事ができて、好きなものを好きなだけ食べれる場所として

・ホテルのランチビュッフェ

・自然食や和食がメインのビュッフェ

・回転すし

などがおすすめです。

食欲に不安がない方でしたらお好み焼きなどのお店で、お孫さんが腕を振るってあげるのもいいかもしれませんね。


スポンサードリンク

敬老の日に感謝の気持ちを伝えるもう一つの方法

おじいちゃんやおばあちゃんが、とても喜んでくれることがもう一つあります。

それは、お孫さんの成長や幸せを見ることです。

でも 言葉で

「オレ 成長したよ」

「私 今 幸せなの」

と言っても ちょっとピンときませんね。

一人前の社会人になりつつあるということは周囲の人との関係が築けている、また 社会との関わりをもてているということだと思います。

なので

・恋人を紹介する

・友人を紹介する

・今の趣味や仕事の話、これからの夢などを話す

などをしてみると、おじいちゃんやおばあちゃんは とても喜ばれるし安心するのではないかと思います。

→→ご高齢の方へのおすすめ手土産のお菓子

また

・自分ひとりだけではなく 他のいとこたちとも相談して仲良くお金を出し合って何かをするのも ものすごくおすすめです。

「子どもや孫が仲良く助け合っている」

「みんなで自分たちのために計画をたててくれた」

なんて 本当にうれしいことではないでしょうか


【関連記事 ペアで贈り物】
→→肌ざわり抜群のペアパジャマ

→→名前入りの夫婦茶碗

→→ペアのコーヒーカップやフリーカップ

まとめ

お孫さんから 70代のおじいちゃんやおばあちゃんに贈る感謝の気持ちを込めた敬老の日のプレゼントについて書いてみました。

最近は、共働きの家庭やシングルで子育てをがんばっている人も多く、

「小さい時は 夕ご飯は おじいちゃんやおばあちゃんの家で食べていた」とか

「夏休みは おばあちゃんの家にずっと預けられていた」なんて人もいるのではないでしょうか。

優しく おおらかに育ててくれるおじいちゃんや、勉強や生活そのものの知恵をたくさん教えながらしっかりとしつけてくれるおばあちゃん、いろんなおじいちゃんやおばあちゃんがいますが

いずれにしても、大人になってみると、とてもたくさんの時間と愛情を受けていたことに気が付くものですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA