秋の風邪で咳が続く!治し方は?季節の変わり目は風邪をひきやすい?

秋の風邪って、少し厄介ですよね。熱が治まっても咳やくしゃみがなかなか治らない、なんてことはないですか?

喉もヒリヒリと痛かったり、何かが絡まったような違和感があってイガイガしたり。夜も咳をするから何度も目が覚めて、咳と睡眠不足で疲労が増すばかり・・・

季節の変わり目に風邪をひいたときの対処法をまとめました。

スポンサーリンク

秋の風邪で咳が止まらない!

夏から秋にかけての季節の変わり目に必ず風邪をひく、という人もいると思います。

この季節に風邪をひく理由は、下のようなものがあります。

①温度の変化が激しく健康管理が難しい
秋は気温差が大きい季節です。朝晩は寒くても日中はまだ夏日だったり、月の初めと月の終わりの気温もかなり違ったりします。温度差が大きいと自律神経が乱れて血行不良や頭痛、肩こりなども起きやすく体調も崩しがちになってしまいます。夏と同じような感じでエアコンを使っていると思わず体が冷えていた、なんてこともあるかもしれません。羽織るものなどで体温調節をしてくださいね。

②夏の疲れが残っていて体力がない
夏の間の食事がさっぱりしたもの中心で栄養が偏っていたり、睡眠不足や夏バテの疲れが残っている人もいると思います。

③秋バテで体調を崩している
夏の間は元気だった人でも秋になって体調を崩す場合があります。秋になってだるい、きつい、胃腸の調子が悪い、という感じがあるなら「秋バテ」の可能性もあります。→→秋バテの乗り切り方はこちらから


風邪は基本的に、水分と栄養をしっかりとって、ゆっくり休むことでよくなりますが、咳が続くと体力も消耗してしまいますね。→→咳で眠れない時の対処方法

咳に効くレシピをふたつ紹介しますね。

どちらも、割と一般的なもので、ご存知の方も多いと思います。

蜂蜜大根
大根を薄くスライスして蜂蜜に漬け込みます。
冷蔵庫で一晩寝かせます。
大根を取り出して出来上がりです。

喉がいがらっぽい時に、そのまま舐めてください。

しょうが湯
生姜をすりおろして絞ります
お湯を注いで出来上がり!
(気にならない人は絞らずにそのままお湯を注いでもOK!)
好みでハチミツや砂糖を加えてください。

片栗粉を同量の水で溶いたものを加えて温めると、とろみがついてのど越しがよくなります。

風邪と言えばしょうが湯!血行もよくなって体も温まります。

【関連記事】
風邪におすすめの「カボスと生姜を使ったレシピ」があります
→→かぼすの料理での使い方。保存の方法

いつでも手軽に生姜を使うために
→→生姜の皮のむき方と冷凍保存の方法

季節の変わり目の風邪の治し方

秋の風邪って、ついつい無理をしがちです。でも油断しているとなかなか治らないものです。季節の変わり目の風邪の治し方について簡単にまとめました。まずしっかりと風邪を治してくださいね。

エアコンの使い方に気をつける
まだまだ気温が高く、つい夏の延長でエアコンに頼りがちな季節ですが、エアコンを使うと空気が乾燥して、喉の負担が大きくなります。どうしてもエアコンを使う時は、マスクなどで喉を保護してください。また、体温が一度下がると免疫力が30%落ちるといわれています。エアコンの温度設定は低めかドライにして、体が冷えすぎないようにしてくださいね。
水分補給をしっかりと
鼻が詰まると口で呼吸をするようになって、喉が渇いてしまいます。また熱による汗、寝ているときの汗などで体の中の水分は失われています。こまめに水分補給をするようにしてくださいね
栄養をとる
食欲があるようなら しっかりと栄養をとって体力をつけてください

胃腸が弱っているようなら消化のいいものを→→消化の良い食材のリスト

お風呂は短めに
風邪の場合、熱がないならお風呂に入っても大丈夫です。

疲れないように短めに済ませて、髪をしっかりと乾かして、体が冷えないようにしてくださいね。→→髪が濡れたままだと風邪をひく?


スポンサーリンク

秋は風邪をひきやすい?

「秋の風邪って少し厄介ですよね」という言葉で この記事を始めさせていただきましたが、実は秋の風邪が厄介なのにはもう一つ理由があるんです。それは

秋の風邪は軽く見られがち

だということです。

例えば、冬に高熱が出て風邪のような症状があったら まずインフルエンザを疑いますよね。いつまでも咳が治まらないと溶連菌感染症かマイコプラズマ肺炎かも…と思うかもしれません。いずれにせよ、風邪とは違うなと思ったら病院に行くのが普通ですよね。

でも、夏から秋にかけてのちょっとした熱や なかなか治らない咳は つい軽く見られてしまうんです。

「まだ夏の疲れが残っているのかも」

「夏に不摂生をしていたから体力がなくなっているんだろう」

「秋は気候の変わり目だから体がついていっていないだけ」

なんて考えて

「いずれ良くなる」と思ってしまう人が多いのではないでしょうか。

特に男性の場合、病院に行くだけの根拠がないと病院を受診するのを嫌がる傾向にあります。周囲がすすめても、「これくらい大丈夫」と言い張ります。

(断言してごめんなさい。でも本当にその傾向にあると思うんです)

その結果 大きな病気に気が付かないままで日々が過ぎていくこともあるんです。普通の風邪なら1週間ほどで治ります。1週間以上、咳や熱が続いているなら、ほかに原因があるかもしれません。

と言っても、ついつい後回しになりがちなので、ご自身や家族の風邪が治らなくて心配な時は

・いつから風邪の症状があるのか
・熱は何度だったのか(できたら毎日記録してください)
・咳はどんな咳か(乾いた咳か痰のからんだ咳か)
・全身症状(体がきつい、関節が痛い)はいつからか
・食欲はあるか
・下痢はしていないか
・頭痛・めまい・吐き気はあるか

など できるだけ具体的に、例えば「 ●月●日●時 熱●●度 食事は・・・」みたいな感じで記録しておくといいと思います。痰(たん)がでる場合は痰の色を確認しておいてください

また、どんな薬をどのくらい飲んだかの記録もぜひしておいてください。

もし3週間を過ぎても咳や熱が続くなら何かの病気の可能性があります。咳が3週間以上続く場合は病院を受診するようにしてくださいね。

まとめ

この秋、私たち夫婦はそろって風邪をひいて熱と咳が続きました。そして 何年か前の私の主人の病気のことを思い出しました。

その年、最初風邪だと思っていた主人の症状は いつまでたってもよくならず、咳と熱がいつまでも続き、体力もなくなって、体重も落ちて、でもどうしても主人は病院に行こうとしませんでした。

階段の上り下りもできなくなった頃にやっと病院に行き、即検査入院になりました。病名は細菌性心内膜症。聞いたこともない病名でした。条件によっては大変危険な病気だという説明を受けました。すぐに抗生物質の点滴を始めて、しばらくして無事に退院できましたが。。。昨年再発でまた入院しました。

病気の種類は病院で検査しないとわかりません。長引く咳や熱がある場合は、自分のためにも 家族のためにも 早めに そして絶対に病院を受診してくださいね。

 
 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA