節電のための夏のエアコンの設定温度とグッズ。エアコン無しでの過ごし方。

家計は少しでも節約したいですね。特に一人暮らしなどの場合は、エアコンの電気代を、もったいなく感じるかもしれません。

節電のためのエアコンの使い方と、エアコン無しでも涼しくなる方法を紹介しますね。

蒸し暑い日本の夏はクーラーがないと不快でなかなか寝ることが出来ません。段々睡眠が足りなくなってきて、夏バテの原因になったりしますし、あまり無理をすると熱中症になってしまいますから、上手に加減して、夏を乗り切ってくださいね。

節電のための夏のエアコンの設定温度

地球温暖化の防止策として、夏のエアコンの冷房の設定温度は28度にするようにと言われています。でも、この温度では暑いと感じる人の方が多いと思います。

節電をしながら涼しさも感じるようにするには

・風を利用する ・・・同じ温度でも、風量が増えると涼しく感じます。

エアコンの「風量」を「強」にしたり、扇風機を利用したりしてください。エアコンの風量を強くするほうが、エアコンの設定温度を下げるよりも省エネになります。

・エアコンのフィルターの掃除をする ・・・フィルターが汚れて目詰りしていると、消費電力が多くなります。

・「入」と「切」をしょっちゅう使わない ・・・エアコンは、運転開始の時に電力を多く使います。何度も「入」「切」を繰り返すよりも、お部屋が冷えたなと感じたら設定温度を上げる方が節電になります。「自動運転」機能を使うと、効率的です。

・室外機に気配りをする・・・ 室外機に直射日光が当たっていませんか? 吹き出し口が、何かで塞がれていませんか?

室外機が効率よく作動しないと電力が余分にかかってしまいます

室外機の周囲には物を置かないように、また室外機は日陰になるようにしてください。専用の室外機カバーも売られています。

節電のための夏のグッズ

さらに、より涼しくなるためのアイテムを紹介しますね。

寝ゴザ・い草枕・い草の敷物 ・・・サラサラと肌触りがいいし、香りにも癒やされます。

アイスノン ・・・脇の下・首・足つけね。冷やす場所は、太い血管のある場所です。

「くりかえし使えるアイスノンベルト」みたいなベルト付きの商品もあります。

体を冷やす食品 ・・・きゅうり・すいかなど。夏の果菜類は、体温を下げる働きがあります。

ペットボトル+扇風機 ・・・ペットボトルに水を入れて凍らせ、扇風機の前に置いてください。扇風機からくる風が冷たくなります。濡れタオルを扇風機の前にかけてもいいです。

ただし、扇風機の風が直接 長時間 体にあたると、体が冷えてしまいますので、加減してくださいね。

ペットボトルに水をいれるときは、満水ではなく、8割くらいの水で、フタを外した状態で凍らせてください。

水は氷になると体積が増えるので、イッパイに水を入れてるとペットボトルが破裂します。

ベッドカバーを洗濯する ・・・こまめに洗濯したほうがサラッとして寝心地がいいです。寝るときに快適かどうかは重要ですね。

エアコンなしでの過ごし方

エアコン無しで涼しい生活をするのは、ちょっと難しいですが、暑さ対策をすることで、少しは過ごしやすくなります。

室内の温度をあげないように工夫をしてみましょう。

空気の入れ替え

夜はアブナイから無理ですが、昼間だったら窓を開けて、外の空気を入れてください。

35度とかの猛暑の場合は、空気を入れ替えても実際 室温は下がりません。

でも、風が通ると汗が乾くときに体の熱も奪われるので、涼しく感じます。

窓は、必ず2箇所以上開けてください。 できるだけ、空気が通り抜けしやすいように対角線上が理想です。

日陰の涼しい方の窓から、日向の窓に向けて風が通るように、日向の窓に向けて、扇風機かサーキュレーターを回してください

自分に向けて回すのではなく、風の出口の方向の窓に向けてまわすのがポイントです。

サンシェード・よしず

1階の部屋なら、庭に打ち水もできますが、2階以上のお部屋の場合は出来ないですね。
(もし、打ち水をするなら、夕方にしてくださいね。日中にしたら湿気が増して蒸し暑くなります)

サンシェードやよしずを使って、影を作ると入ってくる風が涼しくなります。

よしずは、海の家で日陰を作るのに使われているのを見たことがあるのではないでしょうか?

サンシェードやよしずは、窓にピタリとくっつけるのではなく、窓から離して、固定してください。

家の壁の間の日陰の冷えた空気が部屋に入ってくるので、幾分涼しさを感じることができます。
【 関連記事 紫外線を室内で防止するには?カーテンやフィルムの効果的な利用の仕方 】

カーテン

もし、昼間家にいなくて、夜だけいる、という場合は

断熱効果のあるカーテンを購入して、カーテン引きっぱなしにして外出をするという方法もあります。

カーテンの種類によっては、家の中が暗くなりますが、昼間不在ならやってみてください。

とにかく体を冷やしたいなら

アルミの板の上に寝るという方法もあります(^^♪

すごく良く冷えます(^^♪

アルミは、鉄の3倍もの熱伝導率を持っていますので、人の体の熱も吸収してくれます。

ちなみに、犬や猫のマットとしても、アルミは使われています。

アルミの上で体を冷やすってどうよって怒られそうですが、我が家の次女は猫のアルミボードで、足を冷やすのが好きです。

(ちなみに猫はアルミボードを使ってくれません)

シャワーで汗を流す

シャワーで汗を流すと、気持ちがいいですね。

natunokurasi 夏の食材・紫外線や暑さ対策・大掃除・虫対策・ペットのことなどをまとめています
>>夏のくらしの記事まとめ

まとめ

涼しく感じるには、五感に訴える方法もありますね。

ブルーやグリーンのファブリックを使ったり、風鈴の音色を楽しんだり、夏っぽい音楽を聞いたり工夫するのもいいですね。

冷たいお菓子や飲み物もいいですが、食べ過ぎ飲み過ぎにはご注意ください、

この後、食欲の秋が控えていますから(^^♪