ストレスでつむじが薄い10代の女性。抜け毛を回復させる3つのポイント

10dainousuge
10代~20代の若い女性でもストレスが原因の薄毛で悩むことがあります。周囲の視線が気になる年代なので悩みの深さも深刻ですよね。元に戻るかどうかも気になるところではないでしょうか。 

私の友人の娘さんもストレスのために円形脱毛症ができていました。

でも環境が変わったことで髪の毛も徐々に回復してきました。

今回は薄毛や抜け毛の回復に特に大事なポイントを紹介します。少しでも髪の悩みが軽くなるきっかけになればいいな、と思います。

スポンサーリンク

つむじが薄いことで悩む10代20代の女性が増えています

薄毛と言えば、年齢を重ねた人のものと思いがちですね。でも最近は中学生や高校生・大学生、それに、社会に出て間もない若い20代の女性でも抜け毛が多くて地肌が目立ってきたということがあるようです。

若い女性の薄毛の原因としては下のようなことがあげられます

  • ストレス
  • ストレスがたまると自律神経が乱れてきます。自律神経とは呼吸・消化・血液の循環などをコントロールする神経です。なので自律神経が乱れると体のアチコチがおかしくなってきます。例えば血液は体中に栄養を送っています。でも血液の循環が悪くなると体の隅々まで栄養が届かなくなります。頭皮にも栄養が届きませんので髪が成長しにくくなります。


  • 睡眠不足
  • 受験勉強・仕事・バイト・ゲーム。ネットもコンビニも24時間営業。ついつい夜更かししていませんか?睡眠不足は自律神経の乱れの原因にもなります。


  • 運動不足
  • 体を動かさない毎日が続くと血の循環が悪くなってしまいます。


  • 過度のダイエット
  • 栄養が足りないと髪は成長できません。特にタンパク質やビタミン・ミネラルは大事です。これらの量が足りないと髪はどんどん細く少なくなっていきます


  • カラーリングやパーマ
  • カラーリングやパーマを頻繁にしていると髪や地肌がダメージを受けます。必要最低限に。

特に髪が抜けやすい季節もあります。

例えば秋は、夏の日差し汗・皮脂などで髪や頭皮がダメージを受けていますので髪が抜けやすいといわれます。

冬の空気の乾燥も髪や地肌を傷める原因です。また冬は体がこわばって血行不良になりやすい季節でもあります。

女性の薄毛は何科?
抜け毛の原因がわからない場合は何かの病気かもしれません。若い女性の場合でしたら貧血や膠原病などが考えられます。また甲状腺の病気の可能性もあります。

心当たりがないのに髪がドンドン抜ける・急に地肌が見えるようになった・白髪が生えてきた・円形脱毛症になったなどの場合は一度病院を受診してみてください。

主治医がいない場合は まず家族に頭皮を見てもらってください。かぶれや皮膚のはがれなどがあるようでしたら皮膚科の受診になります。

強いストレスを感じている場合は心療内科へ。

月経の異常がある場合は婦人科へ。

それ以外でしたら内科へ行って相談するといいと思います。

びまん性脱毛症についてはこちらの記事から

※ストレスを受けた時期と薄毛が始まる時期には時間差があります。大きなストレスを受けてから何か月後かに薄毛に気が付くことが多いようです。

【関連記事】
◆甲状腺疾患と秋の抜け毛の違い
秋は抜け毛が多い?女性の髪が抜ける原因は?病気の時との違いは?

ストレスが原因で円形脱毛症になった女性の話

「つむじの髪が薄くて地肌が見えるほどになってしまって、元に戻るかどうかと不安になる」という人がいると思います。

本人もですが、親御さんも心配でたまらないだろうと思います。娘さんが悲しい思いをしているのは親にとってはとてもツラいものですから…。

ここから先は2年ほど前の実話になります。

実は私の友人の娘さんは中学3年生の時にストレスで、薄毛をとおりこして、頭のてっぺんに大きな「はげ」ができてしまいました

その子のクラスでは日ごろから仲の悪いグループ同士がもめていたようです。そして何かがあったのか、何もないけどだんだんとエスカレートしていったのかはわかりませんが、とにかくそいういう険悪な雰囲気の中、不登校の子どもも出たようです。

彼女はクラスをまとめる立場でした

担任の先生は、自分では動かずにひたすら友人の娘さんの責任にしていたようです。

彼女は一時は 食欲もなくて、食べても もどして、髪の毛も抜けて。でも、彼女は卒業するまで自分にできることを彼女なりに頑張っていたようです。凄く強い子だと思います。

そして彼女は昨年の4月に高校生になり、好きな部活に入ったり、新しく友達ができたりして、しばらくすると髪も元に戻りました

友人に聞いたところ、別に特別な治療はしていなくて、気が付いたら髪が増えていたそうです。さすがに、何か月くらいで生えてきたの?とは聞けませんが、若い人の回復力ってすごいって思いました。 

このように髪の薄くなってきた原因がはっきりとわかる場合は

環境を変えるだけで髪の状態がよくなったりすることもあると思います。


スポンサーリンク

ストレスによる女性の抜け毛を少しでも早く回復させる3つのポイント

最後にどのようにしたら少しでも早く髪がもとに戻るかの三つのポイントです。できることからでいいのでやってみてください。

寝る

成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。つまり皮膚や髪は夜 寝ている間に修復再生されるということですね。ストレスがたまっているとイライラして眠れないということもあるかもしれませんが、眠らない→ストレスが増える⇒眠れない⇒ストレスがさらに増えるという悪循環になっているケースもあります。寝る前のコーヒーやスマホは目が冴えてしまって寝つきが悪くなりますのでNGです。夜更かしせずに睡眠時間はきちんととるようにしてくださいね。

食べる

髪を作るのはタンパク質です。そしてタンパク質で髪を形成するときにはビタミンやアミノ酸が必要です。また極端なダイエットをすると髪が成長できなくなります。3食きちんと食べるようにしてくださいね。

ストレスがたまっているとやけ食いをしたくなりますが、甘い物の過剰摂取やアルコール、タバコも髪のためにはよくありません

髪のボリュームが気になる人の栄養についての記事はコチラから

動く

運動不足だと、血行が悪くなってしまいます。せっかくきちんと食事をしても血行が悪いと栄養が髪にいきわたりません

体を動かすことでストレスも軽くなりますので、意識して体を動かすようにしてくださいね。

※最近は育毛剤の販売も多数ありますが、男性の薄毛と女性の薄毛は性質が違いますので男性用育毛剤は使わないようにしてください。

関連記事
髪のボリュームを出すヘアスタイルを紹介しています
髪のボリュームがない 女性の場合の栄養は?おすすめの髪型は?

女性の薄毛に多い「びまん性脱毛症」の症状と対策
女性のびまん性脱毛症の原因と症状。AGAとの違い

私が甲状腺の病気で髪の毛が抜けた時の記事です
秋は抜け毛が多い!女性の髪が抜ける原因は病気の可能性も

 

薄毛を気にしすぎるとさらにストレスに

ストレスで薄毛になって、その薄毛が気になって夜も眠れない…ではいつまでたっても髪は増えてくれませんね。

病気ではなく、ストレスだけが原因なら栄養を取って運動をしてたっぷり寝ることが一番の薬です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA