お正月一覧

金柑の保存方法は?簡単な甘露煮の仕方は?食べ方はそのままでも大丈夫?

金柑の保存方法はどうすればいい?食べ方ってそのままでいいの?甘露煮にするのは難しそうなんだけど…。 金柑をそのまま食べる方法、簡単なレシピ、保存の仕方を紹介。 プチトマトくらいの大きさでオレンジ色。スーパーの果物売り場で見かける金柑。簡単に美味しく食べることができます

水引のデザインに意味はある?正月飾りやアレンジメントに使う時は?

水引って不思議ですよね。飾り結びにしてポチ袋に貼り付けるだけで、お年玉袋に見えるし、生け花やアレンジメントに添えると お正月な感じがします。 でも 水引を使う時って してはいけないことや どんな「きまり」があるのか気になりますよね。 今回はお正月のアレンジメントに使う水引についてまとめてみました。

寒中見舞いの自作はがきに使う花の種類は?喪中の場合はどうしたらいい?

寒中見舞いは、寒の入り(1月5日頃)から立春の前日(節分)くらいまでに出す季節の挨拶状です。 寒さのきびしい時期ですので、季節のお花の絵に健康を気遣う言葉を添えて届けると いただいた方も喜ばれると思います。 手書きやプリントで 自作の寒中見舞いを作る時におすすめの花を選んでみました。

厄年のお祓いは絶対にするべき?意味がない気がして家族と意見が合わない。厄年って誰が決めたの?

ご家族の誰かが厄年の時はどうしていますか。 厄年なんかには全く関心がないのに「お祓い」「厄除け」「厄払い」などの言葉が頭の上から降ってきて そんなの必要ないのにとうんざりしていませんか? 少しだけ厄年の人の気持ちを説明させてくださいね。

七草粥が苦手な人のための代用レシピ。春の七草の栄養素は?正月に食べ過ぎた胃もたれを解消するには?

お正月が終わり、一息ついた頃にスーパーに行くと、「七草粥セット」を目にするようになります。つい買って帰って「七草粥」作らねばという気持ちが盛り上がったりしませんか? でも、家族が七草粥が苦手だと、ちょっと困ってしまいますね。 七草粥の代わりになる代用レシピをご紹介します。

くわいをおせちに使う時の作り方。切り方やあく抜きの時間。芽は食べられるの?

くわいの芽は食べられるのか、くわいの切り方、皮のむき方、下処理、あく抜きの仕方、くわいの煮物の作り方、油で揚げる方法などをまとめました。他にはない独特の形なのでお正月の雰囲気もアップ。くわいをおせち料理に使うときの作り方をご紹介します。