足のかかとのひび割れが痛い!男性のかかとのカサカサが治らない!

足かかとひび割れ
毎年 冬になると、かかとがカサカサしてくる、ひび割れて痛くなる、歩くのも痛いという男性がいます。 ひどくなるとパックリと溝のように割れて出血したり、靴下の繊維が入り込んで取れなかったりもしますね。

でも日ごろのケアで症状は軽くなります。今回は 家庭でできる男性のフットケアの方法を紹介します。

スポンサーリンク

足のかかとがひび割れて痛い

かかとがカサカサとしてくると女性ならフットサロンに行ったり、女性用のケア商品を試したりとするところですが、男性はそうもいきませんね。

でも、かかとのケアは、簡単に自宅でできるので、ぜひ挑戦してみてください。

荒れたかかとのお手入れ方法は?

お手入れするためには、角質が柔らかい入浴後がおすすめです。

①角質をこすり落とす ・・・軽石などで表面だけ優しくそっと落としてください。力を入れすぎないようにしてください。必要以上にこすると、炎症をおこしてしまう場合があります。症状が重い場合はココは飛ばしてください。無理はしないでくださいね。

②保湿クリームを塗る ・・・ハンドクリームやワセリンなどでもいいです。

③ラップでぐるぐる巻きにする ・・・乾燥しないように足全体を隙間なくラップでぐるぐるしてください。

④10分ほどしたらラップを取る ・・・気になるようでしたら軽く拭き取ってください。気にならないようでしたら、そのまま靴下を履いて寝てください。

かかとにヒビが入っている、割れている 歩くだけで痛い場合は?

「とにかく かかとが荒れている。歩くだけで痛い。何か方法はない?」という人のためにグッズを紹介しておきますね。

キズパワーパッド
傷から出る体液(浸出液)で傷を治すキズパワーパッド。痛みを和らげて傷を早く治す効果があります。全面がパッドなのでかかとの大きめな割れにも張りやすいです。

ちょっと単価が高くなるのが欠点ですが、今すぐ傷みを少しでも和らげたいという時には おすすめです。

豆知識ですが もともとキズパワーパッドは戦時中の戦士の足のトラブル(マメ・ウオノメ・かかとのヒビ割れ)のために1985年に開発されたものだという事です。その後スポーツ関連の商品として販売され 最近は一般的な傷のケア用品として普及しています。
【楽天市場】キズパワーパッド

はくだけ簡単 男のかかとケア
メンズ用かかとケア用品「はくだけ簡単 男のかかとケア」。
実は私の旦那も毎年冬になると両足のかかとが出血するくらいパックリと割れてしまうんですが、ワセリンを塗って こちらの商品を履いて寝たらパックリだけはすぐに治ります。「かかとが割れていると歩くだけで痛い」ので「割れてるのがなくなるだけで楽になる」と言っています。ものすごく暑がりなのでつま先が出ているという事も気に入っているようです。それでも「これを履いていると足が熱い」と文句は言います。さすがにかかとのがさがさが完治してツルツルに…となるには いうわけにはいきません。というか ものすごく暑がりなので ある程度治ったら使うのをやめてしまいます。なのでツルツルになるまで使用したことがありません。
【ポイント10倍】はくだけ簡単 男のかかとケア ショートBK 【玉川衛材】[はく…

傷の治りかけは かゆくなりますが、いつも以上に皮膚が弱くなっていますのでかきむしらないようにしてくださいね。

男性のかかとのひび割れの原因と対策

かかとの荒れを気にする女性は多いですが、かかとのトラブルで困っている男性もたくさんいます。その原因と対策についてまとめました。
男性のかかとが荒れる原因は下のようなものになります。
・足の裏に負荷ががかかっている ・・・ずっと立っている、ずっと歩いている、ずっと革靴を履いている、健康サンダルを愛用している。これらのことは、かかとのストレスや負荷になります。負荷がかかると角質が硬くなってしまいます。

・はだしで過ごす ・・・裸足でフローリングを歩いたり、草履をはいたりは、足の裏の水分がとられてしまいます。自宅でくつろぐ時は、靴下を履く習慣をつけたほうが、足の保湿ができます。

・皮膚の乾燥 ・・・冬は空気が乾燥しますので、体の他の部分と同じように、かかとも乾燥します。また皮膚にうるおいを与える栄養が不足していると皮膚が乾燥気味になります。健康的な皮膚を保つには、各種ビタミン類や脂質、タンパク質をきちんと摂ることが必要です。

・加齢、血流不足、睡眠不足 ・・・足の裏でも特にかかとには、体の体重のほとんどがかかりますので、角質化したりひび割れたりしやすい状態になっています。肌の新陳代謝がおちてくると、一度荒れた肌が元に戻るよりも早く、さらに肌が荒れるという悪循環になってしまいます。

スポンサーリンク

肌にいい靴下の素材は?

昼間仕事で履く靴下を選ぶ条件は「酷使に耐えられるもの」や「何回洗濯しても品質が劣化しにくい物」ではないでしょうか?

でも自宅でくつろぐ時や、寝るときに履く靴下は、昼間履く靴下とは違う素材のものにすることをおすすめします。

靴下の素材は、靴下が入っている袋やタグに表示されています。かかとの荒れが気になるようでしたら、靴下の素材にも気をつけてみてください。

衣料品の素材:化学繊維と天然繊維の違い
素材の種類は、大きく2つに分けられます。

・化学繊維(化繊とも言います。人工的に作られたもの)・・・ アクリル・ポリエステル・ナイロンなど。吸湿性が悪いので、汗を吸いません。夜寝るときに履く靴下には不向きです。

・天然繊維 ・・・綿・絹・麻・毛など天然の繊維。綿と麻は植物繊維。絹や羊毛などは動物繊維です。綿は縮みやすい、絹は摩擦に弱いなどの欠点がありますので、化繊との混紡として使われることが多いです。

靴下には、丈夫さや、洗濯しても品質が変わらないなどの条件が必要ですので何種類かの繊維を混ぜる(混紡と言います)ことでお互いの短所を補うようにしたものが、良く使われます。混紡されたものでも、素材の比率によって、肌触りなどに差があります。

例えば綿だけでは、洗濯するとゴワゴワとしてしまいますので、アクリルを混ぜることで、それを解消します。

また、麻の靴下は、夏にはサラッとして涼しいものですが、麻には伸縮性がありませんので、他の素材との混紡にします。

でも、夜の保湿用の靴下は、酷使することはありませんので綿100%や絹100%などの汗をよく吸い取る肌にやさしい素材の物を選んでください。

男性は、女性よりも暑がりな人が多く、冬でも自宅では靴下をはいていないケースが多いようですが、お肌のためにも、自宅では良い素材の靴下を履くことをおすすめします。

かかとのカサカサが治らないときは

もしも以下のような症状があるようなら、他の皮膚病かもしれません。

・一年中かかとがカサカサしている。梅雨時期になると水虫の症状が出る ・・・かかと水虫の可能性があります。かかとにできる水虫は、あまりかゆみがありませんので、水虫とは思わずに過ごすことが多いです。でも、毎年梅雨の時期に水虫の症状が出る人や身近に水虫の人がいる場合は、かかとのカサカサの原因は水虫かもしれません。

一年中かかとのひび割れが治らないなら皮膚科を受診することをおすすめします。水虫に関する記事はこちらから

・水疱がある。かゆみがひどい ・・・湿疹の可能性があります。水ぶくれが次々に出来てとてもカユイことが多いです。湿疹の原因は、はっきりとわかっていません。感染の可能性はありません。

【足のかゆみ・トラブルについての関連記事】

足の指の間がかゆくて眠れない
 >>夏に足の指や指の間のかゆみが強く皮がむける。水虫以外の場合は?

水虫の種類について
 >>水虫は市販薬では治らない?皮膚科の薬の方がいい?水虫の種類は?

気になる足の臭いの原因は?
 >>足の臭いの対策 納豆みたいな臭いを消す方法。足の臭いは水虫のせい?

足の指がかゆい。ひょっとしてしもやけ?画像で紹介しています
 >>足の指のかゆみはしもやけが原因?腫れや痛みがひどいしもやけの対処法は?

まとめ

かかとのひび割れをほっておくと悪化して、さらにひびが深くなることがあります。痛みで仕事に集中できなくなったりすると、大変ですね。

早期なら治りも早いので、ちょっと荒れてきたなと思ったらぜひ、早めにケアをしてくださいね。

スポンサーリンク