犬の散歩に夏のアスファルトは危険。おすすめの時間と暑さ対策

犬の夏の散歩の時間
犬は散歩が大好きですよね。運動不足の解消やストレス発散の為にも大切ですが、それよりも散歩の時の嬉しそうな表情を見ると、どうしても連れて行ってあげたくなりますね。

でも、犬は熱いのが大の苦手。夏のお散歩の時は、他の季節よりも気配りが必要になってきます。

スポンサーリンク


犬の散歩に夏のアスファルトは危険

日中、アスファルトを触ると、焼けるように熱くなっています。

真夏のアスファルトは50~60℃にもなります。

犬は地表から近い場所にいますので、私達人間よりも暑さをダイレクトに感じることになりますし、この熱いアスファルトの上を歩くと犬の肉球は火傷をしてしまいます。

最近は、気温の上昇も以前とは比較にならないので、夕方 陽が落ちてからもアスファルトの温度はなかなか下がりません。

散歩に出る前にぜひ アスファルトを手で触ってみてください
温度が下がったのを確認してから散歩に行ってください。
散歩の時間も他の季節よりも短めにしてくださいね。

とは言え、本当に猛暑の季節。
なかなかアスファルトの温度も低くなりません。

どうしてもお散歩したいワンちゃんのためにお散歩用のシューズはいかがでしょうか。ドッグシューズは慣れないうちは 違和感があってぴょこぴょこと歩きながら嫌がるワンちゃんも多いようです。でも寒い時期の冷たいアスファルトや災害時のガラスが散った道などを歩くときにも役に立つので、慣れさせたくて…と購入する方も多いようです。

こちらの商品は、ジッパーとマジックテープで固定するタイプのドッグシューズです。レビューでは
「マジックテープで固定できるのでちょうどよかった」
「軟らかく履かせやすいです」
「冬は冷たく、夏は熱いコンクリートから守ってあげたくて購入しました」
などの口コミがありました

その他のドッグシューズ・ドッグブーツはこちらから
>>【楽天市場】ドッグシューズ

犬の散歩をするなら夏はこの時間

もちろん、アスファルトだけではなく、気温そのものも問題です。犬は、ヒトと違い 汗をかいて体温を調節することが出来ません。犬の汗腺は肉球にしかないんです。

なので、犬は口から舌を出してハアハアと息をしながら体温を調節します。

多くの犬が暑さにとても弱いので、熱い時間帯や長時間の散歩は犬の体のためにはよくありません。特に子犬や老犬・寒い地方が原産の犬は要注意です。また、ブルドッグ、シーズー、パグなどの鼻の短い種類を短頭種といいますが、この種類の犬は呼吸がしづらく、体温調節が苦手です。病気の犬や気管支の弱い犬も同様です。熱中症などにもなりやすいので、暑い時間の散歩は絶対に避けてください。

散歩をするなら一番のおすすめは、朝早い時間帯です。夏なら5時くらいになると、外は明るいので、その時間から日の出まで。太陽が出てくると、気温がドンドン上昇して、地面の温度が上がってきます。

でも、朝早く起きるのも大変ですよね。

早朝が無理なら、日が沈んで少し時間が経ってから。気温が下がってからにしてください。

犬の夏の散歩と暑さ対策

ワンちゃんとお散歩に行く時は熱中症にも気を付けたいですよね。

水分補給は、何よりも大事です。いつでも水分補給できるように、飲み物を持参してあげてください。ペットボトルのお水は飲みにくいので、折り畳みができる携帯用のお皿などを用意しておくと便利です。

冷却効果のあるベストやスカーフなどもおすすめです。気化熱を利用して体温の上昇を防いでくれます。犬の体温を下げるためには、首やワキを冷やしてあげるのが特に効果的です。

熱中症対策に冷却お散歩ベスト
>>【楽天市場】犬用アイスベスト

また 夏の間は特に、ブラッシングを念入りにしてください。体毛が固まった状態では熱がこもってしまいますので、余計に暑さを感じることになってしまいます。

まとめ

散歩はワンちゃんにとって とても大事なことなのに、夏の猛暑のせいで お外に出られないと ワンちゃんもかわいそうですよね。でも 最近の超高温は 本当にものすごいので、無理をするとかえって体を壊してしまいます。

厳しい季節はお散歩には、日頃のコンディション管理も大事になります。できるだけ無理のない時間帯を選んで、時間や回数を減らしながらお散歩を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク