お葬式一覧

葬儀後に自宅を弔問したときの会話。遺族へかける言葉。

家族葬をしたからとか、遠方にいてお通夜やお葬式に間に合わなかったなどで、後日故人の自宅に弔問に行くことがあります。 その場合 一般葬のときとは違い 少しゆっくり話すことができます。 でも 普段は社交的な人でも 遺族の人の気持ちを考えると 何を話したらいいのか迷いますよね。 今回は お葬式の後に自宅に弔問に行った時のお話の内容や使ってはいけない言葉についてまとめました。

家族葬の弔問のタイミング。葬儀後のお参りの服装と持ち物

ご近所の方が家族だけでお葬式をした場合 お葬式の後に ご自宅にお線香をあげに行くことがあります。 でも お伺いするのはいつがいいのでしょうか。また服装や持ち物はどうしたらいいのかしょうか。 家族葬の葬儀後の弔問のタイミングや服や持参するものについてまとめました。

葬儀後の自宅への弔問は行くべき?近所の人が家族葬をした場合

近くの家の方が 家族葬をされた場合には お葬式に参列しないのが一般的です。そして 後日 ご自宅にお悔みを、という流れになります。 でも ほとんど交流のないお宅の場合はちょっと微妙です。 弔問に行くケース、行かなくてもいいケース。 線引きは どのあたりになるのでしょうか。 家族葬の葬儀後のご自宅への訪問について考えてみました。

家族葬の参列 ご近所の人は遠慮したほうがいい?

以前は ご近所でご不幸があった場合は 隣近所の人が葬儀の受付などのお手伝いに行ったものです。でも 家族葬だと少し勝手も違ってきますし 迷うこともあると思います。 例えば 葬儀へは 本当に誰も出席しなくていいのか、何か一言 声をかけたほうがいいのか。 近くに住んでいる人が家族葬をされた場合 どうしたらいいのでしょうか。