球根の水栽培の季節はいつ?初心者でも簡単な花は?

球根を水栽培で育てると室内でも簡単にお花を育てて楽しむことができます。 小さな芽が出て、やがて葉っぱが伸び、つぼみがついて色づいていくお花の変化。少しずつ成長していく植物を毎日眺めるのってワクワクしますよね。 球根の水栽培の時期とおすすめのお花を紹介します。

置くだけで花が咲く球根 コルチカムとサフランの育て方

サフランとコルチカムの球根はテーブルの上に転がしておくだけで 花が咲きます。 土を使わないので衛生的。オシャレな容器に入れてテーブルに置くとインテリアみたいです。 サフランとコルチカムの転がし栽培の方法とそれぞれのお花の特徴・注意点をまとめました。

きゅうりメロンの食べ方と簡単レシピ

お隣さんから小さくて丸くてコロコロの「きゅうりメロン」をいただきました。 スイカのような模様で、大きさは親指の先くらい。 ミニトマトやブドウの実に近い感じですが 固くて緑色なので 「豆」っぽい雰囲気も醸しています。 生で食べられる野菜なので 早速料理をして食べてみました。

西洋朝顔と宿根朝顔 朝顔の違い。種や苗を買うには。

夏の日差しを遮り 見た目にも涼しげな色の花を咲かせる西洋朝顔や宿根朝顔。緑のカーテンとして使われることも多いですね。 西洋朝顔・宿根朝顔・朝顔の種類の違いや特徴をまとめました。 また 西洋朝顔と宿根朝顔を購入する方法も紹介しています。

フウセンカズラで緑のカーテン。作り方と成長記録

フウセンカズラで作る緑のカーテンは涼しげ。しかも虫や病気もほとんどないので、頻繁に開け閉めする窓辺には特におすすめです。秋にはフウセンカズラの種で工作もしてみようと思っています。 この夏の我が家のフウセンカズラの栽培記録をご紹介します。

フウセンカズラの種まきの方法。種の蒔き時 プランターや鉢の大きさ

小さなユラユラと風に揺れる白い花。ふんわりと丸っこい風船のような実。その中のお猿さんの顔のようなハートマークの種。細く切れ目が入った葉っぱ。 どこを見てもかわいいフウセンカズラ。 夏は緑のカーテンにもおすすめです。 フウセンカズラの種まきの方法をまとめました。

小さいひまわりの名前は?ミニひまわりの品種を紹介。

夏の空に大きく高く育つ太陽のような花 ひまわり。 でも 「ひまわりをベランダで育てたい」 「ひまわりをプランターで育てて玄関に飾りたい」 「ひまわりを寄せ植えのアクセントに使いたい」 「ひまわりをマグカップくらいの大きさの植木鉢で育ててテーブルに飾りたい」 って思うこともありますよね。 ひまわりを低く育てたい、という方のために矮性種のひまわりの種類の紹介をします。

ヒマワリの種の蒔き方 種を蒔く深さ。育て方

夏の花は?と聞かれて「ひまわり」をあげる人も多いのではないでしょうか。 一般的な大きく育つ黄色のヒマワリの他にも、小さく仕立ててお部屋で楽しめるものもありベランダやお部屋でも楽しめるのも魅力です。 そんなヒマワリの品種別の特徴や育て方のポイントをまとめました。

フウセントウワタの育て方。種まきの時期。

フウセントウワタは 成長すると1メートルを超えるような高さになります。 夏にうつむきがちに咲く白い花をつけます。実はフウセンカズラのような形でトゲがついています。 寒くなるころには実がはじけて、中から白い「綿」が出てきます。 観賞用に使う時は葉っぱを落として「実」を生け花にしたり、ドライフラワーにしたりします。 フウセントウワタの種の蒔き方、育て方についてまとめました。

コキアの育て方。種まき。移植。

コロンと丸いフォルム。夏は涼しげにサワサワと揺れる葉っぱ。そして秋には鮮やかな紅葉。 コキアって すごくかわいいしお庭のアクセントにもいいですよね。今年はコキアをたくさん育てて秋に色々と楽しんでみようと思っています。 コキアの育て方をまとめました。

トレニアの育て方 種まきと植え替え

夏から秋にかけて可愛い花をたくさん咲かせるトレニア。 トレニアはとても育てやすい花ですが、実は種から育てるのも割と簡単です。 今年は トレニア サイクロンを種から育てました。 トレニアの種まきから植え替えまでの手順を紹介します。

植えっぱなしOKの秋植え球根。簡単 育てやすいおすすめ10選。

球根のお花は植え付けも簡単でお花を咲かせるのも簡単なものが多いです。 そんな球根のお花 掘り上げたりしなくても翌年も咲いてくれたら もっと嬉しいですよね。 今回は夏から秋にかけて植える球根のうち植えっぱなしのままで毎年花を咲かせてくれる花を紹介したいと思います。

サンパチェンスの育て方5月~6月。鉢植えと庭植え

5月末。サンパチェンスが少し育ちましたので植え替えをします。 これからサンパチェンスがもっと大きくなって お花をたくさん咲かせてくれる季節です。元気に育つようにしっかりお世話をしたいと思います。 サンパチェンスの5月末から梅雨時期にかけての育て方をまとめました。