お雛祭りに関する記事まとめ

お雛祭りは春を運んでくれるお祭り。 桃の花の色、菜の花の香り。 ピンクや黄色に彩られた ほんのりと甘酸っぱい寿司ごはんと上品なお吸い物。 素朴なあられや餅菓子。 そして かわいいお雛様。 そんなひな祭りのことについての記事をまとめました。

七夕の短冊のサイズは?折り紙での切り方や作り方は?

七夕飾りを作るときに欠かせないのが短冊ですね。 今回は 短冊の大きさ、折り紙で短冊を作るときの色紙の切り方や作り方、ネットで買える短冊についてまとめました。また豆知識として短冊の色ごとの意味も添えました。 短冊を作って お願いをたくさん書いて 楽しい七夕をお過ごしくださいね。

雛人形の種類を紹介 御殿飾りや親王飾りなど色々な雛人形の画像

大分県日田市豆田町の天領日田おひなまつりに行ってきました。 今年(2018年)のおひなまつりは2月15日(木)~3月31日(土)までで 私が行ったのは初日の2月15日。あいにくの雨で人出はいまひとつのようでしたが、おかげでゆっくりと見学することができました。 今回は その時に撮った写真を紹介したいと思います。

兜のイラストの書き方

子供の日のアイテムと言えば、兜・鯉のぼり・金太郎! という事で(?)今回の「イラストの書き方」は、この三つの中でも特に簡単な「兜の書き方」を紹介します。 あまりに 簡単なので 兜に顔を書こうかと思って、目玉を付けてみたら、ハロウィンな感じになってしまって…。まあ ちょっと息抜きに笑ってくださればと思って 一緒に画像をアップしておきます(*^_^*)

お雛様の壁飾りを折り紙で手作り工作

ひな祭りが近づくと 玄関にも雛様を飾りたくなりますね。 そんな時に ササッと手作りで何かを作って飾ってみるのもいいのではないでしょうか。 今回は 厚紙と色紙、または包装紙などがあれば作れる簡単なお雛様の壁飾りの作り方を紹介します。

紙皿と折り紙で作るおひな様の壁飾り

お雛祭りの頃の工作用に折り紙と紙皿でおひなさまの壁飾りを作りました。 用意するものもあまりなくて短時間でパパッと作れます。 顔は手書きにしたり 着物の模様はシールを張ったりクレヨンで書いたりして幼いお子様と一緒に楽しみながら作ってみてください。

節分の豆まきの由来を保育園の子ども向けに説明。鬼は外 福は内の意味は?

節分には豆まきをします。でもその起源を小さな子どもに説明するのは難しいですね。 どうして豆まきをするのか。「鬼は外 福は内」ってどういう意味なのか。「鬼」を追い出すのはどうしてなのか。 節分の由来と豆まきの意味を保育園や幼稚園のこどもにもわかりやすいようにまとめてみました。

冬咲きミラクルチューリップの球根の購入レビュー

冬咲きミラクルチューリップの球根は楽天のショップ楽しいガーデニング『なごみ』さんで販売されています。寒い季節に咲くように処理された球根なので、庭やコンテナで手軽に「冬に咲くチューリップ」が楽しめます。ミラクルチューリップの栽培記録をまとめました。

おひな様の冠の形と持ち物。座る位置。

お雛様の頭飾りや手に持っている物、それぞれの名前や座る場所などをまとめました。手作りのひな人形や、保育園やサークルの工作で作る雛飾りは 思い出に残っていいものですよね。ひな祭りのイラストを描いたり 工作や手芸をしたりするときの参考にご利用ください。