秋の行事

秋の行事

神社とお寺の違いは?七五三はどっちに行く?

お寺・神社・お宮・寺院・神宮・天満宮・大社など、雰囲気ではわかるんだけど、はっきりと分類しにくい言葉ってありますよね。 七五三って神社でするんだよね? もしも七五三をお寺でしたら変なのかな? 神社とお寺の違い、歴史や特徴をまとめました。
秋の行事

七五三 仏滅にお参りしても問題ない?神社に行くのは大安の方がいい?

七五三のお参りに行く日が仏滅だった場合なんとなく不安になってしまうことがありますよね。。 旦那さんからそんなの関係ないって言われても 気になるし…。ホントにこのままで大丈夫なのかしらって思いませんか? 七五三と 仏滅や大安などの関係についてまとめました。
秋の行事

七五三 お参りだけの時の子どもの服装は?普段着でも大丈夫?

七五三には 近所のお宮へのお参りでシンプルに済ませるご家庭もあります。 なによりも大事なのは お子様の健やかな成長をみんなでお祝いするという「気持ち」なので、「形」にこだわる必要は全くないですよね。 でも お参りに行く時の服装のことがちょっと気になりますよね。 今回は 「お参りだけの七五三」の時の服装についてまとめてみました。
秋の行事

七五三の母親の服装は?親の服装のマナーは?普段着でもいい?

七五三の前撮りも終わって、子どもの衣装も美容室のチェックも万全。昼食会の予約も入れてるし、もちろん神社の御祈祷の受付時間も調べている。 ここまで来たら、残るはママの服装だけですね。どんな服装で行く人が多いのでしょうか。
秋の行事

七五三の年齢3歳のときは数え年それとも満?数え方は?1歳11ヶ月で祝うケースも

お子さんの七五三は、ご両親だけではなく、おじいちゃんやおばあちゃんもとても楽しみにしているのではないでしょうか。 でも、「満」でするつもりだったのに「数え」でするように言われて困っているママもいるようです。 こんな時、どうしたらいいのでしょうか?
秋の行事

七五三がめんどくさい。みんながどうしてるのかが知りたい。

11月15日は、七五三。でも こういう行事につきものの「地域性」や「その家独特のしきたり」「姑との考え方の違い」でうんざりしているママも多いのではないでしょうか。おじいちゃんやおばあちゃんも一緒にお祝いして、子どもも大喜びで。記念写真もたくさん撮って…なんて理想通りにいけばいいんですけど、いかない時も多いですよね。