ブタクサ オオブタクサ セイタカアワダチソウの違いを画像で説明

ブタクサの画像
雑草の中でもブタクサはアレルギーの原因として広く知られています。

ブタクサと一口に言いますがブタクサとオオブタクサがあって ちょっと雰囲気が違います。また ブタクサはセイタカアワダチソウに似ていて 同じ扱いをされることもあります。

そこで 秋の花粉症の原因のブタクサとオオブタクサの見分け方を花や葉の画像で紹介したいと思います。見た目が似ているセイタカアワダチソウやヨモギとの違いも写真でシンプルにわかりやすく説明しています。

どの草が花粉症の原因になるのか草の違いを知って花粉症の予防に役立ててくださいね。

ブタクサとセイタカアワダチソウの花の違い

秋の花粉症の原因として最近話題になっているブタクサですが

実は 同じ季節に生える秋の雑草セイタカアワダチソウに似ていることから セイタカアワダチソウを花粉症の原因だと勘違いしている人もいるようです。

セイタカアワダチソウとブタクサの違いってどこでしょうか。

まず ブタクサとセイタカアワダチソウの花を見ていきますね。

こちらがセイタカアワダチソウです。

セイタカアワダチソウ
セイタカアワダチソウの黄色い花
花は鮮やかな黄色の小花で、空き地などで よく見かけます。

セイタカアワダチソウは 外来種で、とても繁殖力が強いです。多年草なので、種でも地下茎でも繁殖します。侵略的外来種ワースト100に選ばれているほどです。

ただし、セイタカアワダチソウは、「虫媒花」(蜂などが花から花へと移動することで受粉する花)です。花粉を飛ばす種類の植物ではありませんので、花粉症とは関係はありません。

そして、こちらがブタクサの花です。セイタカアワダチソウとは花の付き方と色が違いますね。
ブタクサの花

ブタクサには、ブタクサオオブタクサがあって、ともに花粉症の原因になっていますが、オオブタクサのほうが勢いがあり花粉の量も多いです。アメリカでは、10人に1人がブタクサアレルギーだということです。

ブタクサオオブタクサも、やはり外来種です。「風媒花」と言って、花粉を風にのせて雌しべ(めしべ)まで飛ばすことで繁殖していきます。風で目的地まで飛ばさないといけませんので、とにかく大量の花粉を飛ばします。

ものすごく効率が悪すぎな感じもしますが。。。

とにかく、そういう「風媒花」の植物が花粉症の原因になります。春のスギやヒノキも 、もちろん「風媒花」です。

◆ブタクサ花粉の飛散シーズンと花粉の飛び方はこちらから
→→ブタクサの花粉の時期は?飛散距離や大きさは?

でも セイタカアワダチソウの花が満開の時期を外すと見分けがつきにくいかもしれません。

そんな時は 葉っぱを確認してみてください。簡単に見分けが付きます。

ブタクサとオオブタクサとセイタカアワダチソウ葉の違い

ブタクサとセイタカアワダチソウを見分けるのには「葉」を見るのが一番確実です。

なのでセイタカアワダチソウブタクサオオブタクサの違いをもう少し詳しく説明していきますね。

セイタカアワダチソウの葉っぱの形は、笹の葉っぱのようなスッとした細長い流線型です。全く切れ目がはいっていません。
セイタカアワダチソウの葉

ブタクサの方は、ギザギザで、よもぎの葉っぱのような形です。(よもぎの葉の画像は下にあります)
ブタクサの葉っぱの形

オオブタクサの葉っぱは、さらに大きめの葉っぱに大きく切れ込みが入っています。3枚~5枚に分かれていて、ちょうど広げた手のひらのような形です。
オオブタクサの葉

葉っぱが、笹のようなキレイな流線型ならセイタカアワダチソウ。それ以外はブタクサだと思ってください。

また、セイタカアワダチソウは ほとんど枝分かれしません。真っ直ぐに伸びていきます。何か所も枝分かれして大きく広がっているものも、セイタカアワダチソウとは違うという事になります。

ブタクサとセイタカアワダチソウの見分け方チェックポイント

 ●セイタカアワダチソウは 葉っぱが流線型
 ●セイタカアワダチソウは枝分かれしない

高さは、セイタカアワダチソウブタクサで1メートルほど(条件が良ければもっと大きくなります)。オオブタクサは1メートル~3メートルほどにもなります。よく河原などで、大量に繁殖しているのを見かけます。

ブタクサオオブタクサも一年草です。つまり、春に芽吹いて秋には見上げるような高さになります。

反対にセイタカアワダチソウは、宿根草です。セイタカアワダチソウの根っこを引っこ抜いてみると地下茎や新しい芽(夏ごろには次の年のための芽ができています)が広がっているのを確認できると思います。

引っこ抜いて地下茎があるのがセイタカアワダチソウ、という風に見分けることもできるという事ですね。

ブタクサとヨモギの違いは?

ブタクサと同じく、秋の花粉症に原因になっているのがヨモギです。実はヨモギとブタクサもとてもよく似ています。ヨモギとブタクサの見分け方を紹介しますね。

こちらがヨモギです。
yomogi
日本中のいたるところで普通に見かける雑草です。独特のいい香りがして、ヨモギ茶やヨモギもち、ヨモギ団子などにも使われます。
yomoginogunsei
花は、やや地味なベージュ色~茶色。

ブタクサやオオブタクサの花は、とうもろこしの実のように整然とまっすぐに並びます。その花の塊(花序)は細長い円錐状です。

それに対してヨモギの花の付き方はランダムです。

yomoginohana
葉をもむと、独特の「ヨモギ」の臭いがします。また、葉の表と裏の色が違い、裏側が白っぽいです。

yomoginoha

とても繁殖力が強く、どんなに除草しても根っこが残るのでかなり嫌われている雑草です。

草丈も1メートルほどになりますし、そのころには茎も固く太くなりますので除草…というかノコギリが欲しいくらいになっていて大変です。

花は、梅雨から夏にかけて。花粉は9月~10月がピークです。

ブタクサが原因の花粉症の時期はいつまで?

秋のブタクサ花粉症で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

一般には「ブタクサ」と呼ばれていれていますが、花粉症の原因になっているのは 先ほど紹介したブタクサオオブタクサをさします。

ブタクサの花は夏から秋にかけて咲きます。関東圏では7月から10月くらいです。

オオブタクサは、それよりやや遅れて8月くらいに開花します。

花粉が飛び始めるのもその時期からで、日本中に分布していますが、関東圏が一番多く、北海道ではわずか。沖縄ではほとんど見られないということです。花粉飛散のピークは、夏の終わりから10月で、11月になると段々と減少していきます。

地域ごとの花粉飛散の時期や飛散の時間帯はこちらから
→→ブタクサの花粉の時期は?飛散距離や大きさは?
【関連記事】
ブタクサの花粉の飛散時期、飛散距離、飛散する時間、花粉の大きさについて
ブタクサの花粉の時期は?飛散距離や大きさは?

ブタクサの花粉症の症状について
ブタクサ花粉症の症状は?秋は喉に注意。風邪との違いは?

花粉症で喉が痛い時の対処法について
花粉症で咳が止まらない!喉の痛みで眠れない!止める方法は?

まとめ

キク科のブタクサやヨモギ、イネ科のカモガヤと、秋はあくまで雑草がメインですので、春に比べると そんなに遠くまで花粉は飛びません。対策のひとつとして、空き地など雑草の多い場所に近づかないようにすることで、症状を軽減できます。

また、庭に雑草がある場合は、花粉が飛ぶ季節になる前に除草しておくといいですね。
     (2018年4月13日加筆修正)

スポンサーリンク