梅雨の布団の湿気には布団乾燥機?ダニ対策は?

梅雨は布団の湿気が気になります。小さい子供がいる家庭では、衛生面や健康面の意味でも普通の家庭よりさらに神経質になりがちなのではないでしょうか?梅雨の布団の湿気を減らすための布団乾燥機の利用やダニ対策のアイデアです。


スポンサーリンク

梅雨の布団の湿気が気になる

布団を干せない梅雨の季節、どうしても湿気がこもりがち。ジメジメしている布団は寝心地も良くないし、健康にも悪そうですね。

どうしたら湿気を取り除くことができるでしょうか?

基本は布団を敷きっぱなしにしないことです

・室内用の布団干しがあれば、日中はそこに布団をかけておいてください。ない場合は椅子を背中合わせに合わせて布団をかけてもいいです。

・フローリングや畳に直接布団を敷く場合は「すのこ」や「除湿用シート」を使ってください。新聞紙を敷いて毎日取り替えてもいいです。

・ベッド下には、物を置かないで風通しを良くしてください

・ベッドではベッドパッドやシーツを使い、こまめに洗濯してください

・枕にもカバーをかけて、こまめに洗濯してください

・押入れには乾燥剤を入れるといいです。「すのこ」の利用も効果的です

・天気のいい日には窓をあけて換気を。この時 押入れの空気も入れ替えてくださいね

意外と寝室は湿気がこもります。人間は寝ている間にたくさんの汗をかきますし、寝室は密室状態ですので、カビやダニが繁縟するにはとてもいい条件なんです。天気のいい日には毎朝換気する習慣をつけてください。

→→押入れの湿気対策について説明している記事はこちらです

梅雨の布団には布団乾燥機?

梅雨の布団の乾燥にはなんといっても布団乾燥機が強い味方。特に予定外に布団を濡らしてくれる小さな子供がいる場合は必須アイテムですね。

布団乾燥機は、最新のオプションが付いたものでも、価格は1万円代です。布団の種類(綿・羽毛・羊毛)に対応しているか、衣類の乾燥や靴の乾燥ができるかなどがチェックポイントですね。

布団乾燥機は従来型ですと出し入れが面倒で、「使わない家電」に常にランクインされていたものですが、マット・ホース不要タイプのものでしたら、セットも簡単ですのでおすすめです。


スポンサーリンク

梅雨の布団のダニ対策は?

湿度の多い布団は、ダニも心配。ダニはカビと同じで、暖かで湿度が高く、空気の流れの悪い場所が大好きです。ダニの影響としてアレルギー性の喘息やアレルギー性鼻炎、アトピーや喘息発作の症状が出る場合もあります。

ダニの被害を減らすためには、まず ダニを増やさないことです。そのためには、布団を乾燥させることと、マメに洗濯をして、ダニの餌になる髪の毛やフケを減らすことが大事です。

それ以外のダニ対策としては

・ダニ取りシートを使う・・・ダニ誘引剤のシートを置いて、使用期間が過ぎたらそのままゴミ箱へ捨てます。

・ダニよけシート・スプレー・・・ダニの嫌がる成分のスプレーやシートを使ってダニを寄せ付けないようにします。天然成分で作られているものを選べば、安心して使えますね。

・布団乾燥機・・・ダニは50度で死にます。布団乾燥機を使うのも効果的。ただし、この時卵は死にませんので、定期的に布団乾燥機でダニ退治をしてください。

【関連記事】
赤ちゃんのダニ刺されについて書いている記事です
赤ちゃんがダニに刺されたら病院に行く?症状の特徴子どもの場合は?

布団を干す場所がない時の対処方法
布団を干す場所がない!ダニは乾燥機でも効果あり?

気になる押入れの湿気についてはこちらから
布団が心配 押入れの湿気対策どうすればいい?すのこは必要?上下は?

布団の収納場所についての記事はこちらです
押入れがないマンションの布団の収納方法とクローゼットの活用術

まとめ

ふかふかの乾いた布団は本当に気持ちがいいのですね。いい眠りのためにも、気持ちのいいお布団でおやすみください。

なにかと忙しい子育て中のママ。便利なグッズはどんどん使って、少しでも時間を作ってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA