ロベリアアズーロコンパクトのハンギング。簡単な作り方

アズーロコンパクトでハンギングバスケットを作りました。
使ったのは プラスチック製で緑色の「スリットバスケット」です。
アズーロの品種は「ピンク」と「ラベンダーシャワー」、それにグリーンも少し足してふんわりとした感じのハンギングになるようにしました。

スポンサーリンク

アズーロコンパクトのハンギング

サントリーフラワーズのロベリアアズーロコンパクトは、ピンクやブルーの優しい花色のロベリアです。普通のロベリアよりも大きな株に育ち お花もたくさん咲きます。

関連記事
ロベリアアズーロコンパクトのお花の色と特徴はこちら
アズーロコンパクトの品種と特徴

 

私も大好きな花で よくアズーロを植えた鉢を玄関に飾っていますが 今年はスリットバスケットを使ってハンギングを作ってみようと思っています。

寄せ植えハンギングに用意するもの

まず ハンギングに使う材料を紹介しますね。

・スリットバスケット
・スリットバスケット用スポンジ
・鉢底石
・培養土
・元肥(培養土に肥料が入っている場合は不要)
・水苔

スポンジは最初に買った時にセットになっています。
再度スリットバスケットを使う時はスポンジだけを買い替えるようにしてください。

培養土はハンギング用の軽いものが販売されています。
今 家にはハンギング用の培養土がありませんので 私は普通の培養土で植え付けることにします。

水苔は植え付けた後に 土の表面を覆うのに使います。
ハンギングは 普通の鉢植えよりも乾燥しやすいので水苔は用意しておいてくださいね。

関連記事
元肥・培養土など 寄せ植え資材の詳しい説明をしている記事
寄せ植えの鉢と土の選び方

 

次にお花を紹介しますね。

・ロベリアアズーロコンパクト 2株
・葉物 2~3株

ロベリアアズーロコンパクトは 30cmくらいのハンギングなら2~3株が適当な量です。今回は葉物と一緒に植えますので2株を用意しました。

グリーンは、良く伸びるものにしてください。アズーロコンパクトは20~25cmくらいの高さになるので 小さな葉物だとアズーロコンパクトの中に埋もれてしまいます。

・アイビーなどのツル性のもの、
・アレカヤシのように葉っぱが飛び出す感じのもの

がおすすめです。

スポンサーリンク

アズーロコンパクト 簡単ハンギングの作り方

では アズーロコンパクトのハンギングを作っていきますね。

スリットバスケットにスポンジを貼る

こちらがスリットバスケット。
園芸店などで販売しています。
スリットバスケット
 

こちらが植え込み補助用スポンジ。
植え込み補助用スポンジ
スポンジはスリットバスケットを買うとセットになっています。
スリットバスケット本体は 何度も使えますので植え替えをするときにはスポンジだけを買えばOKです。スポンジがないと スリットから土がこぼれてしまいますので必ず用意してくださいね。
 

スポンジの裏側はシールになっています。
スポンジの裏側のシール
このシールを剥がしてスリットバスケットに貼りつけます。
 

簡単に貼るには…
スポンジのシール
シールの細い方(底に近い部分に貼る方)の紙を少しだけ剥がして
 

紙を少しずつ剥がしながら スリットに押さえつけるようにして貼っていきます。
スポンジのシールをはがしながら貼る
 

5枚入っていますので 全部貼ってください。
スポジをスリットバスケットに貼る
 

スポンジは 花や葉で隠れる場所なので綺麗に貼れなくても大丈夫です。
スポンジを貼ったところ
 

スポンジに土をまぶします
スポンジにに土をまぶす
スポンジがべたついていると 植物を傷めてしまいますので土をまぶしておきます。

寄せ植えハンギングで使ったお花

お花の紹介をします。
アズーロコンパクトのピンクとラベンダーシャワー
アズーロコンパクト
どちらもふんわりと広がる品種です。

関連記事
ロベリアアズーロコンパクトのお花の色と特徴はこちら
アズーロコンパクトの品種と特徴

 

ツルニチニチソウとグレコマ
葉物
ツルニチニチソウのお花は4月~7月です。
斑入りの葉っぱなので花がない時期も葉っぱだけで楽しめます。

グレコマは匍匐性の植物で グランドカバーにも よく使われます。葉っぱの形がかわいいですよね。
 

ちょっと黒っぽいのを入れてみたくなったので 花壇からコクリュウを一株だけ引っこ抜いてきました。
コクリュウ

スリットバスケットに植え付ける

このくらいの大きさのハンギングポットの場合 普通 お花を6~9株くらい使います。

でもロベリアアズーロコンパクトは 大きく育つので

・アズーロ2株
・葉物2株
・コクリュウ

というラインアップで作っていきます。
 

最初に培養土に元肥を混ぜておいてください。
(肥料が含まれている培養土の場合は不要です)
 

スリットバスケットに軽石を入れます
軽石を入れる
スポンジを貼って、土をまぶした後、スリットバスケットの底に軽石を少しだけ入れます。(私は 発砲スチロールを適当に壊して使っています)
 

スリットバスケットに培養土を入れます
培養土を入れる
下から4分の1~3分の1ほど土を入れます。
 

スリットバスケットにお花を植えます
植え付け方
植え付け方2
使うスリットを縦に開きます
根鉢を少し崩します。
お花が傷まないように 上からそっとスリットに差し込みます。
 

培養土を入れます
土を入れる
根っこの上に土を掛けます。

さらに上の部分にもお花を植えます。
土を入れて隙間にもしっかりと土がはいるように 割り箸などでつつきます。
 

水苔を置いて出来上がりです。
水苔を入れる

水をたっぷりあげてください。

おわりに

写真を見るとわかりますが 私が買ったアズーロコンパクトは 最初からお店で摘心しています。

もし摘心していないアズーロだったら植え付けてから2週間くらいたってから ほんの少しだけ刈り込むとよく茂ります。(ただし植え付け時期が遅い場合は摘心をすると大きくなりませんので そのまま育ててください)。

あと これ大事なんですが、アズーロのようにお花がたくさん咲く植物は1週間に1度 水やりがわりに液肥を与えると元気にお花を咲かせてくれます。ハイポネックスなら1000倍に薄めたものを使ってください。

スポンサーリンク

コメント