チューリップの冬咲き。冷蔵庫に入れると冬に咲かせることができる?

チューリップの季節
冬に咲くチューリップの花。寒いのになんとなく春を感じてしまいますね。

テーマパークで見かける冬のチューリップは 年末年始の雪の中でもしっかりと花びらを広げています。お花屋さんでは まだ寒いころから色とりどりのチューリップの切り花を見かけます。チューリップは春にならないと咲かないはずなのに不思議ですよね。

でも テーマパークやお花やさんのようにクリスマスの頃にチューリップが咲いたらいいのに・・・なんて思ったことはないですか?

冬咲きのチューリップの入手方法、開花時期をまとめました。

広告

チューリップの冬咲き?

チューリップの球根をホームセンターなどで見かけるようになるのは秋。球根の植え付けも秋。10月~11月です。そしてチューリップの花が咲くのは普通4月から5月になります。>>チューリップの育て方

でも・・・

ハウステンボスのチューリップ祭りは 例年2月上旬から4月中旬。江の島ウィンターチューリップは1月。

おかしいですよね。

実は、テーマパークなどで使われているチューリップの球根は早く咲くように処理されているんです。

チューリップの球根は温度の変化で季節を感じで発芽します。

なので、

一度冷蔵庫に入れて(チューリップが冬だと勘違いする)
  ↓ ↓ ↓
土に植え付ける(春だと思って芽を出す)

みたいな感じで育てる(だます)と寒い季節でもお花を咲かせます。

もともとチューリップは寒さにとても強い花です。雪が積もっている場所でも大丈夫なので、花の少ない季節の花壇に色とりどりのチューリップが咲くとひときわ目を引きますね。

チューリップを冷蔵庫で保存する

家で冬咲きのチューリップに挑戦するなら1か月ほど冷蔵庫でチューリップの球根を冷やして、まだ暖かい時期に植え付けると成功する(チューリップがだまされる)かもしれません。

球根をだます目安は

冬の土の中くらいの温度と湿度

⇒鉢か花壇に植え付け
⇒4月くらいの温度と日差し
を用意してあげることです。

10月くらいに球根を買ったらすぐに冷蔵庫へ。1か月ほど冷蔵庫に入れて植え付けをする。

または、小さなポットに植えて冷凍室へ入れて(真冬くらいの温度)何週間か⇒冷蔵庫へ入れて(早春の温度)何週間か⇒花壇に植える(4月くらいの温度)

11月には植え付けないと、12月や1月になると「春」を感じでくれませんので発芽しないで終わってしまいます。反対に地温が高すぎても根が成長しませんので、植え付けが早すぎるのも絶対にNGです。

正直 結構タイミングが難しいです。この時間の調整が「冬咲きチューリップ」の開発のキモみたいです。

でもっ

でもっ

諦めきれないっ

という人は、ぜひチャレンジしてみてください。

もしタイミングが合ってチューリップが冬に咲いたら・・・きっとものすごく強運の持ち主です。お花の女神さまがついているんだと思います。人生強気でいっちゃってください(←なんか言ってるけど気にしないでください)

広告

チューリップを冬に咲かせるには?

冬咲き球根を育てる もうひとつの方法として「処理済の球根」または「処理済み苗」を購入するという方法があります。事前に冷蔵処理された球根が植え付け適期に配達されますので球根が到着したらすぐに植え付けてください。こちらのほうが成功率が高いようですのでいくつか紹介しておきますね。

※現時点(2017年8月1日)ではまだ販売開始されていないものもあります。今年どうなるかはわかりませんのでホームページなどで確認してください。

富山花卉球根農業協同組合
●春咲どりチューリップ 開花時期2月~3月。冷蔵処理済みの球根です。一番寒い時期に花が咲きますので、お花がとても長持ちします。注文は富山花卉球根農業協同組合のホームページから。

富山県はチューリップの球根の生産日本一。カタログを見たい場合は、会員登録して「チューリップの球根のカタログ」を注文するとチューリップだけのカタログが届きます。無料です。

冬咲きチューリップを楽天で
●冬咲きミラクルチューリップ
楽天の「楽しいガーデニング生活『なごみ』」というショップさんで買える冬咲きチューリップです。

冬咲きミラクルチューリップ(1980)1品種10球
開花時期は1月下旬以降(地域によって異なります)
2017年の販売期間 2017年10月01日08時00分~2017年11月14日23時59分です(2017年9月28日追記)

サカタ
●アーリースマイル チューリップ 花時期2月下旬から3月。冷蔵処理済みの球根です。豪華なアンジェリケやかわいらしいクリスマスドリームなどが早咲きで楽しめます。今年からサカタの人気品種「ぴったりちゅうりっぷ」がアーリースマイルに仲間入りしています。

●アイスチューリップ 花時期12~1月。球根をポットに植え付けて冷蔵したもの。とても育てやすい花苗だそうです。

カタログによると千葉県の「ふなばしアンデルセン公園」や神奈川県の「神奈川県立花と緑のふれあいセンター『花菜ガーデン』」など様々な公共施設でも使われているということです。

注文はサカタのホームページから。

タキイ
●アイスチューリップ 花時期12月下旬から。チューリップの球根を冷凍処理しています。

深い真紅のパラダ、鮮やかな黄色のストロングゴールド、純白のハクウン・・・ハクウンは「白雲」のことでしょうか?漢字で名前を付けたほうが良いのにって思ってしまいましたが。えー。カタログには「冷凍パラダ」「冷凍ストロングゴールド」「冷凍ハクウン」「冷凍オレンジプリンセス」とかなんとか、プリンセスまで冷凍しちゃってます。

注文はタキイのホームページから。

>>サカタとタキイの説明はこちらから

どの冬咲チューリップも売り切れるのが早いので まめにチェックしておいたほうが良いかと思います。

私は今年はサカタのアイスチューリップを注文しました。無事咲きましたらレポートをします。レポートがない場合は失敗したんだなと思ってください。

チューリップの花 冬の花屋さんで咲いているのは?

お花屋さんも切り花のチューリップが年末から出回るようになります。

もちろんこのお花屋さんの「冬咲きのチューリップ」も促成栽培されたものです。お花屋さんのチューリップは年末から3月くらいまでになります。気温が上がってくると花もちが悪くなるので、暖かい風が吹くころになると段々とチューリップのお花も見かけなくなってきます。

寄せ植え・庭・芝生・雑草などの記事をまとめています
→→庭仕事の記事一覧

まとめ

花や庭の記事を書いてはイケナイ・・・。

また お花が欲しくなるから・・・。

前回も書きましたが、今 私は雑草がマイブームなんです。なのでお花や野菜を買ってはいけないんですが、チューリップの記事を書いていたら我慢できなくなって注文ボタンをポチしてしまいました。

まだ 庭に雑草がない時期に咲いてくれるアイスチューリップ。しかも白い花だったらそんなにジャマにならないよね???よね???

うん。でも昨日も別件で花のカタログを注文した気が。(←買う気満々)

気のせいだよね、気のせい(*^_^*)
 

広告

コメント

  1. らむりん より:

    こんにちは。

    アイスチューリップを調べていてたどり着きました。
    ぜひお聞きしたい事がありコメントさせて頂きました。
    どうか教えて下さい。m(_ _)m よろしくお願いします。

    冷蔵庫で球根を冷やして、その後(11月頃)植え付け年明け早々に咲かせるのは
    成功したことがあるのですが、この記事にもありました様に、ポットに先に
    植え付け、冷凍ーーーという方法について知りたいのです。

    この記事より引用

    > または、小さなポットに植えて冷凍室へ入れて(真冬くらいの温度)何週間か⇒冷蔵庫 へ入れて(早春の温度)何週間か⇒花壇に植える(4月くらいの温度)

    11月には植え付けないと、12月や1月になると「春」を感じでくれませんので発芽しないで終わってしまいます。反対に地温が高すぎても根が成長しませんので、植え付けが早すぎるのも絶対にNGです。

    【疑問点】
    *冷凍庫に入れてる間、水遣りはどうしたら???
    *同様に冷蔵庫に移動後も水遣りはどうする???
    *冷凍庫に入れる際、ポット苗そのまま(土むき出し)でいいのか、それとも
    新聞紙等で包む?
    *冷凍庫の温度設定は何度?
    *冷凍庫→冷蔵庫→鉢植えにしたいのですが、「地温が高過ぎても根が成長しない」
    となると鉢は難しいでしょうか?

    知恵袋の回答で、球根を9月に植え付けて根を出させた後、冷凍庫へ …というのも
    見かけましたが、やはり水遣りについて何も書かれていなかったのです。
    そこでは温度はー2度厳守 ー5度は絶対ダメ とありました。

    アイスチューリップを成功させたいのです。
    どうぞご教示お願い致します。m(_ _)m

    • yayoi より:

      らむりん様 こんにちは。コメントありがとうございます。

      >>冷蔵庫で球根を冷やして、その後(11月頃)植え付け年明け早々に咲かせるのは成功したことがあるのですが

      おー すごいですね。

      >>ポットに先に植え付け、冷凍ーーーという方法について知りたいのです。

      すいません。私もしたことがないのでお答えのしようがないんです。
      アイスチューリップを買うのも今年初めてなんです。
      (まだ届いてないですが・・・)

      ●ただ 今年 それと並行して色々実験的にやってみようとは思っていて準備をしています。
      質問に間に合わなくてごめんなさい

      色々な条件でやってみて
      成功するかもだし、
      全部失敗してしまうかもだし

      かなりグダグダなレポートになると思うので、
      結果はこちらのブログではなく
      別ブログ(庭の草)で来年になってからのアップになります。

      失敗しそうな気がするので かなり弱気です

      ●水遣りについてですが
      チューリップと言えば富山や新潟。雪の多い地域ですね。寒い時期でも雪の下なら土も凍らず、乾燥しすぎることもありません。
      つまり 土が凍らない程度で適度な水分がある状態がベストかと・・・。

      なので新聞紙にくるんでチルドかな?とは思ってるんですが
      これも やってみないとわかりません。

      ●アイスチューリップを販売しているのは サカタとタキイなので
      ご参考までにそれぞれの会社のカタログの商品説明を載せておきます。

      サカタ:アイスチューリップ(花時期12~1月)
      「アイスチューリップは一度球根をポットの土に植え付けて根を成長させた後、そのポットごと大きな冷蔵施設に長期間入れて出芽を抑え・・(中略)・・その後、冷蔵施設から取り出し自然の温度環境にすることでチューリップは春が来たと勘違いをし・・・」

      タキイ:アイスチューリップ(花時期12月下旬~1月)
      「球根を冷凍処理したチューリップです。」

  2. らむりん より:

    yayoiさま。

    丁寧な返信、ありがとうございました。m(_ _)m

    なるほど、今年色々チャレンジなのですね。
    結果が今から楽しみです。必ず拝見させて頂きます❗️

    お返事待っている間も色々調べてみましたが、結局これ!という情報は
    入手出来ませんでした。

    確かに雪の下の土は湿り気もあり意外と温かいですよね。
    タッパーに入れて冷凍庫といのも見かけましたので、それにチャレンジしてみます。
    土の上に藁を敷き、フタをして周りは断熱材で包んでみようかと思っています。

    なんとか擬似越冬期間を短くする方法を探していたのですが、冷蔵の場合
    どうしても2ヵ月は入れておかないといけないようですね。
    球根が夏の初めに購入出来れば、いくらでも冷凍庫に入れておけるのに
    いかんせん今位でないと入手不可能なので、気が焦るというか…(^◇^;)

    1月に咲かせたチューリップはひと月はキレイに咲いてました。
    その時に思ったのが、真冬のチューリップはベタな赤、黄色、がキレイだなと
    いう事です。気持ちが弾むというか…。(ビタミンカラー効果?)
    淡い色合いはなんだか寂しそうな印象になりました。

    今回、成功しましたらコメントさせて頂きますね。
    yayoiさまも頑張って下さい〜〜。
    ありがとうございました。

    • yayoi より:

      らむりん様。再度のコメントありがとうございます!

      らむりん様の成功のコメントを楽しみにお待ちしています!