紫外線を室内で防止するには?カーテンやフィルム選び方

カラリとした夏の日差しは、気持ちがいいものですが、紫外線が気になりますね。

特に、肌の弱い新生児や赤ちゃんがいる場合などは、室内でも日差しから守ってあげる工夫をしてください。カーテンやフィルムを使って、紫外線を防ぎましょう。


広告

紫外線の室内での防止方法

紫外線が室内に入り込むのは、ほとんどが窓からです。

明るい窓辺では、直射日光の80%もの紫外線が計測されますので室内の窓辺は戸外にいる時とあまり変わらないということになります。

また、紫外線は、空気中に反射する性質がありますので、窓辺から離れていても、量は少なくなりますが紫外線を浴びることになります。

室内の紫外線対策は窓の対策が大事だということになりますね。

紫外線予防の室内カーテン

窓の紫外線対策として手軽なのがカーテンの利用です。

何らかの機能を備えているカーテンは機能性カーテンと呼ばれます。たとえば防炎カーテンは火事の時の燃え広がり方をおさえる働きがあります。遮熱カーテンは窓から入ってくる熱を抑える効果があります。節電対策になりますね。遮光カーテンは光をさえぎりますので昼間でも暗く、遅くまで寝ていたい人には最適。また、夜は、部屋の明かりを外に漏らしませんのでプライベートが守られます。

紫外線を防ぎたいなら選ぶのは、光をさえぎる遮光カーテンになりますね。

遮光カーテンには、等級がありそれぞれ遮光率が
1級  99.99%以上
2級  99.80%~99.99%未満
3級  99.40%~99.80%未満

と 決められています。

1分でわかる!遮光カーテンの等級の違い
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

遮光率の高いカーテンは当然UV効果も高いということになりますが、ほとんど日差しが入りませんので、昼間でも照明が必要になります。さすがに昼間にカーテンを閉めたままというわけには・・・というご家庭がほとんどではないでしょうか。

そこで、おすすめなのが、遮光機能つきのレースのミラーレースカーテンです。

ミラーレースカーテンは、レースに特殊な加工をして、光を反射させます。紫外線をカットできますし、遮熱効果もあります。フローリングや家具の日焼けも防げます。

・昼間でも外の景色が見えないし、夜でも外から室内が見えにくいもの

・UV効果はあるけれど、外の景観は見れるもの

・消臭・抗菌効果のあるもの

・柄の入ったもの

など用途に応じて選べます。

紫外線カット率が表示されていますので、確認して購入してくださいね。

我が家のリビングもミラーレースカーテンです。

いいですよ~♪ミラーレースカーテン♪

何がいいって・・・普通のカーテンよりも景色が見えにくいので草むしりしていない我が家の庭をお客様に見られなくてすむ。これで家庭訪問の時にどれだけ助かったか(←目的を見失っている悪い例)

「外からは部屋の中が見えにくい」のが特徴のミラーカーテンですが、さすがに夜になって部屋の中の電気をつけると、外からは中のようすがわかりますので注意してくださいね。

紫外線を室内から防ぐフィルム

もっと簡単で効果的な方法として、UVカットシートを窓に張るという方法があります。

UVカットシートなら部屋の中が暗くなることもありませんし 一度 貼っておけば、紫外線のことを気にしなくてすみますね。

・すりガラスのようになって目隠し効果があるタイプ

・霧吹きで水を吹きかけて張るタイプ

・何度でも張ったりはがしたりができるタイプ

・凹凸のない平たいガラスにしか張れないタイプ

・複層ガラス、網入ガラスにも張れるタイプ

などがありますので、使いやすい物、ご自宅のガラスに合ったものを選んでくださいね。

中には99%の紫外線を防ぐ効果があるものもあります。商品によって遮光率が違いますが、どのくらいの遮光率かは記載さていますので確認して購入してくださいね。

ちなみに、複層ガラスや網入ガラスは熱割れの危険があるので専用のシートをご使用ください。

UVカットシートはホームセンターやネットなどで購入できます。


【関連記事 夏のマンションの暑さ対策。窓の日差し対策はすだれ?他のアイテムは? 】

夏の食材・紫外線や暑さ対策・大掃除・虫対策・ペットのことなどをまとめています
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夏のくらしの記事まとめ

まとめ

室内の紫外線対策に関しての紹介でした。

日差しを遮ると紫外線だけではなく、お部屋の温度も抑えることができますので、さらに快適なお部屋になりますよね。

心地よい空間で気持ちのいい夏が過ごせたらいいですね。

広告