スマホ 大雨の外出での雨対策。気になる操作性も。

大雨の日
長い梅雨や台風。集中豪雨、ゲリラ豪雨。
大雨が降ると服も荷物もびっしょりになってしまいます。

特にスマホは電子機器なので故障が心配ですね。

そんな時は家にあるものでスマホを水濡れから守ることができます。急な雨でも大丈夫なスマホの雨対策を紹介します。

スポンサーリンク

スマホの防水機能と大雨

最近のスマホは防水機能がついているものが多いです。

でも

私のスマホは防水機能つきだから大雨でも大丈夫

というものでもありません。

防水機能のあるスマホでも

・スマホの機種によって防水の性能は違います

・防水性能を維持するためには、定期的な部品の交換が必要です。

スマホが水浸しになると

・イヤホンマイクの差込口から水が入ることがあります

・内蓋のゴムパッキンに亀裂や変形があるとキャップをしていても水が入ることがあります

もしスマホの内部に水が入ると

・故障する場合があります

・最悪の場合、感電やショートする可能性もあります。

もちろん防水機能のないスマホに比べると水の被害には強いわけですが 防水機能があっても万が一ということがあります。

雨で荷物が濡れそうな時は 大切なスマホが水に浸かることがないように予防をしましょう。

スマホが濡れないための雨対策3つ

スマホを大雨から守る方法を3つ紹介します。

スマホ用防水ケースを使う

専用のスマホケースなら大きさもピッタリなので見た目もスッキリ。

開閉が楽なので スマホと一緒に通勤用のカードを入れたりもできます。

お料理の時にも スマホケースに入れておけば 指先の水滴や油はねの汚れが付かずに便利です。

海やプール、お風呂でも、夏フェスなど 雨対策意外のレジャー用途でも使えますので
もしもの場合のために 買って用意しておけば安心ですね。

>>【楽天市場】スマホ防水ケース

サランラップをまく

スマホをラップでくるりと一回包むだけ。家にあるラップで簡単にスマホを水から守れます。

警視庁の警視庁警備部災害対策課でも推奨されている方法です。

雨の時だけでなく魚釣りの時や作業時の防塵にも使えます。

スマホをジップロックに入れる

ジップロックなら水からの防御も完璧。出し入れも簡単です。

サランラップで巻かれたスマホって見た目がイマイチだなあ、と思う方にもおすすめです。

雨が多い季節はジップロックをバッグの中に入れておけば 外出先での急な大雨でも 雨でスマホが故障する心配もありません。

スポンサーリンク

スマホの雨対策で操作性はどうなる?

スマホをラップで包んだり ジップロックに入れたりしたときには操作のしやすさが気になります。

特に大雨の時は

・気象情報が知りたい
・交通情報が知りたい
・家族と連絡を取りたい

など 緊急性のあることが多いです。

操作ができないと スマホを持っている意味がありませんよね。

スマホをラップで包んだりジップロックに入れても タッチパネルの操作はできますし 電話での会話もできますので安心してください。

入浴時に防水ケースやジップロックにスマホを入れて音楽を聞いたり 読書をしたり ゲームをする人もいるくらいです。

ただし指紋認証は機能しなくなります。

それと スワイプの操作性は悪くなります。
フリック入力は かなり難しいと思いますので 他の入力方法に切り替えたほうがいいかもしれません。

傘を持って帰るのを忘れるので 置き忘れない方法を考えてみた。
私は うっかりといろんなものを忘れてくることが多いです。バスカードやポイントカード、携帯電話。それに傘。 年に何度かは どこかに忘れた傘を探して来た道を引き返します。 でも できたら置き忘れをしないように 何か工夫ができないかと 私なりにちょっと考えてみました。

終わりに

スマホはいざという時の緊急連絡や 情報収集にも必要なもの。水にぬれて故障しないように事前に準備しておきましょう。

今回は 雨の日でもスマホを濡らさないための対策についての記事でした。

スポンサーリンク

コメント